オーガニックの歯磨き粉の特徴とは?一般的な歯磨き粉との違いやおすすめの理由

健康意識の高い人たちの間で注目を集めているオーガニック商品。なかでも、直接口に入れるものとしてオーガニックの歯磨き粉が注目されています。しかし、オーガニックの歯磨き粉は身体に良さそうだけど、一般的な歯磨き粉との違いがわからないという人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、オーガニック歯磨き粉の特徴と一般的な歯磨き粉との違い、商品の選び方などを紹介します。

オーガニックの歯磨き粉の特徴と一般的な歯磨き粉との違い

オーガニック歯磨き粉は化学的に合成した物質を使用せず、オーガニックで育てられた天然由来成分を使って作られた歯磨き粉です。オーガニックとは、有機栽培で作った農作物のことで、農薬や化学肥料を使わずに育てられたこだわりの作物は、体に余計なものを取り入れたくないというナチュラル志向の人の支持を集めています。一般的な歯磨き粉には、研磨剤や防腐剤、酸化防止剤や発泡剤などが含まれていますが、オーガニック製品は極力使用しないか、全く使わない方針を取っています。


一般的な歯磨き粉に配合されている合成界面活性剤は、歯をすっきりきれいに磨くことができますが、作用が強いため味覚をつかさどる味蕾が傷つくおそれもあります。しかし、オーガニック歯磨き粉では、これらの成分を使っていないため、口内環境を乱すことなく天然由来成分の力で正常化に導くことができるのが魅力です。天然成分やハーブの力を利用した虫歯予防や歯垢除去に加え、ホワイトニング作用や研磨作用などがある成分も取り入れた製品もあり、幅広い要望に応えることができます。もともと食品としても害にならない天然由来成分を使用しているため、誤飲しても害になりにくいのもポイントです。


また、発泡剤が入っていないため泡に邪魔されずに、じっくり磨けるというメリットもあります。しっかり泡立つとそれだけで磨いている気になり、短時間で歯磨きを終えてしまう人も少なくありません。清涼感の強い香料を使った製品で磨く場合も、そうした傾向になることがあります。オーガニックの歯磨き粉は、時間をかけてしっかり歯磨きしたい人向きの製品と言えるでしょう。


オーガニック歯磨き粉を使うのに向いている人

オーガニック歯磨き粉は天然由来のナチュラルな味のため、人工的な味が苦手という人にとても人気があります。もちろん、日頃からオーガニック製品を使っており、自然由来の材料を使ったものを使いたいというナチュラル志向の人にも向いています。また、うっかり飲み込んでしまっても害になることが少ないため、誤飲が心配な人にもおすすめできる製品です。しっかりブラッシングができるため、歯茎のマッサージをしたい人やていねいに磨きたい人にもおすすめです。年齢や性別を選ばず、家族みんなで使えるアイテムです。

オーガニックの歯磨き粉を選ぶときのコツ

オーガニックの歯磨き粉を選ぶときに、どのような基準で選んだら良いのか迷う人もいるかもしれません。こうした場合、まずは表示成分をしっかり確認することからはじめましょう。オーガニックという表示があると、すべての製品が無添加で化学薬品が使われていないと思うかもしれませんが、実は製品ごとに配合成分などは異なります。日本では食品以外のオーガニック製品に対する明確な基準がないため、配合成分の一部にオーガニックで育てられた植物が含まれているだけでも、オーガニックと表示していることがあります。避けたい成分がある場合は、しっかりと確認しておきましょう。


また、歯磨き粉としての性能を確認することも大切です。オーガニック成分のなかでも、ホワイトニングに向いている成分や天然成分の研磨剤が配合されているものなどもあり、悩みに応じたケアが可能です。また、毎日使うものなので、使い心地もチェックしておきましょう。香りが苦手なものや味の悪いものは使うのが嫌になってしまうこともあります。自分の好きな香りやテクスチャのものを選ぶようにしましょう。


アレルギー物質が入っていないかどうかもしっかり確認しておきましょう。オーガニックというだけで体に良さそうと思ってしまいがちですが、天然の植物を使用しているため、その植物に対するアレルギーがある人は使うことができません。購入前に確認しておくことを習慣づけましょう。


オーガニック歯磨き粉の成分にこだわる人は認証つきのものがオススメ

オーガニック先進国であるヨーロッパでは、オーガニックは身近な存在として定着しています。そのため、食品以外のコスメや日用品においても、オーガニック認証を受けたものが流通しており、権威のある認証機関によって認定を受けています。しかし、日本においては食品のオーガニック基準は設けられているものの、コスメや日用品に対して認証を行う機関がないため、こうした製品に対してはオーガニックの認識があやふやな状態です。オーガニックの認定を受けるためには何年も農薬を使わない有機栽培を行う必要があり、そうしたものを生産できる生産者の数が少ないことと、流通量が限られることなどの問題もあるようです。


このため、日本でコスメや日用品のオーガニック製品を探すとなると、海外の製品が多いという現状があります。オーガニック成分にこだわる人は、外国の認証機関で認められた製品を選ぶようにしましょう。化学的に合成された成分が含まれていない歯磨き粉を探している場合も、海外の認証マークがついた製品を選ぶようにすると見つけやすくなります。


オーガニック認定機関として有名なのは、フランスのコスメビオとECOCERT、イタリアのICEA、ドイツのBDIH、イギリスの英国土壌協会などです。各国において厳しい基準が定められており、これらの機関が新しいオーガニックコスメの基準として作り出したCOSMOS(コスモス)という統一基準もあります。オーガニックコスメといっても、その中身は製品ごとに異なるため、認証機関とそれぞれの認証基準を知ることは商品の品質を見分ける参考になるでしょう。


オーガニックの歯磨き粉は天然成分できれいな歯を目指したい人にオススメ

オーガニックの歯磨き粉は、一般的な歯磨き粉に比べると効果が薄いと思うかもしれません。しかし、天然由来の成分を使ってそれぞれの歯の悩みにアプローチできる製品が数多く登場しています。

化学的に合成された成分を口の中に入れるのは不安があるという人や、自然に優しいオーガニック製品を使いたいという人にはピッタリの製品です。天然成分の力で口内の環境を整え、白く輝くきれいな歯を手に入れましょう。

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る