オーガニックのクレンジング製品のメリットとは?汚れは落ちるの?

クレンジングはメイク落ちの良さだけでなく、質を重視して選ぶ人もいるでしょう。良質のクレンジングについては人それぞれ捉え方が異なりますが、オーガニック原料を使っているという点を条件に挙げる人も少なくありません。
オーガニックのクレンジングがなぜ肌に良いといわれているのかご存知でしょうか。何となく良さそうだからという理由で、オーガニックのクレンジングを選ぶ人もいるでしょう。
オーガニックのクレンジングが肌に良い理由と、その特徴やほかのクレンジングとの違いなどについて詳しく解説していきます。

オーガニックとはそもそもどのような意味?

食品だけでなくスキンケアボディケア製品などで目にするようになった「オーガニック」とは、有機栽培という意味を持ちます。そして、その有機栽培された植物を原料として作られているのがオーガニックコスメです。食品や植物を栽培するときには、さまざまな事情で化学肥料や化学農薬を使うことがあります。一方で、有機栽培では基本的に化学薬品や農薬は使用しません。堆肥など自然の素材からつくられた有機肥料や、太陽や水といった自然の恵みを生かす農法や加工法のことを指します。


日本には食品についてのオーガニック認証はあるものの、化粧品については認証機関が存在していません。そのため、オーガニックコスメと謳って販売していても、たったの1%だけしかオーガニック成分が使われていない製品もあるのです。

海外には「ECOCERT(エコサート)」のようないくつかの認証機関が存在します。オーガニック認証機関は複数ありますが、それぞれで厳しい基準が設けられているため質の高さが期待できるでしょう。オーガニックコスメの安全性や質を重視するなら、オーガニック認証機関より認定を受けたものを選ぶのがよいでしょう。


また自然を生かした製法であることから、オーガニックと聞くだけで「無添加」というイメージを抱く人も多いかもしれません。残念ながら、添加物が使われていない化粧品は存在しないといっても過言ではありません。

そもそも、添加とは「何かを加えること」を意味します。無添加といった場合、主原料以外何も加えていないことを厳密には意味しますが、一般的にコスメの場合は肌や環境に負担となる危険性がある合成化学成分が入っていない・排除しているという点を強調するために使われています。

無添加といっても、自然由来の成分などが添加物として使われていたりします。添加物は、目的を持って加えられるものですので、一概に「添加物=悪いもの」、「無添加=肌によい」というのはイメージが先行しすぎているのかもしれません。気になる成分がある場合は、オーガニックであっても成分表などを確認しましょう。


オーガニックのクレンジングの特徴

「肌への負担が少ないクレンジング=メイク落ちが悪い」と考える人が少なくありません。それは、一般的にメイク落ちが良い製品は、メイクとともに肌のうるおいまで洗い流してしまうからです。メイクの成分は油性ですので、オイルを使用することでメイクとのなじみが良くなります。一般的なクレンジングに使われているオイルは石油由来のオイルが使われもあり、肌への負担が大きい場合があります。オーガニックのクレンジングには、植物オイルなど天然成分を使用している製品が多いです。天然由来のオイルを使ったクレンジングは、洗浄力と肌への優しさを両立できます。


オーガニック原料を使って作られているクレンジングは品数が豊富で、それぞれのクレンジングごとに使用している原料や配合量なども異なります。オーガニックのクレンジングについて、より詳しい製品情報を知りたいときはオーガニック認証機関のマークをチェックしてみましょう。たとえば、フランスのオーガニック認証機関であるエコサートでは次のような基準を設けています。製品の95%が天然原料であること、そのうち植物原料は95%がオーガニック原料であることなどです。この基準をクリアした商品のみエコサート認証を与えていますので、質の高いクレンジングを選ぶ判断材料となるでしょう。

オーガニックのクレンジングも種類が豊富

一般的なクレンジング製品と比べてみると、オーガニックのクレンジングは種類が少ないように感じられます。しかし、調べてみるとたくさんの種類があることがわかるでしょう。オーガニック製品のクレンジングにも、一般のクレジング同様にオイル、ミルク、ジェル、ポイントメイク用といったように、用途やテクスチャに合わせて製品が選べるようになっています。メイクと同じ油性でメイク汚れを落とすオイルクレンジングは、しっかりとメイクを落とせるのが特徴です。クレンジングミルクは、水分の量が多めで肌への負担が少なめ、クレンジングジェルはメイク落ちと肌への負担軽減を両立しているなど、それぞれに特徴があります。


オーガニックのクレンジングを選ぶときも、メイクの濃さや好みの使用感などで製品を選ぶこともできるでしょう。また、天然の原料をたっぷりと使用しているオーガニックのクレンジングのなかには、植物の持つ香りを感じられる製品もあります。好きな香りでクレンジングを選ぶというやり方もあります。オーガニック製品のクレンジングも選択肢が豊富ですので、自分に合ったクレンジングを見つけることができるでしょう。


オーガニックのクレンジングを選ぶときの注意点

オーガニックのクレンジングはたくさんの種類があるからこそ、どれを選ぶかで迷ってしまいます。自分に合ったクレンジングを選ぶためにも、いくつかの注意点を知っておくことが大切です。まずは、成分表示について調べることです。「オーガニック=無添加」ではありません。なかには、肌に負担となり得る成分や、人によっては肌トラブルを引き起こす成分が含まれていることがあります。クレンジングのパッケージに配合成分についての記載がありますので、購入前によく見ておきましょう。


また、天然の植物を原料としているからといって、100%安全だとは限りません。アレルギーを引き起こす可能性のある成分が含まれていないかを、事前に調べておくと安心です。購入前に成分を調べても肌トラブルが起こることがあります。もしも、クレンジングを使ってから肌に炎症やかゆみ、湿疹などがみられたらすぐに使用を中止しましょう。


オーガニッククレンジングで化粧落としが楽しくなる!

クレンジング製品は、メイク落としの楽しさにも大きく影響してきます。クレンジングはメイク落ちの良さだけでなく、肌への優しさも考慮して選びたいところです。オーガニック原料を使っているクレンジングは、低刺激で肌への負担が少ないといわれています。オーガニックのクレンジングについていろいろ誤解している人もいますが、メイク落ちも良く選択肢も豊富です。また、自然の香りを満喫できる製品も選べます。選び方のポイントを理解し、自分に合ったオーガニッククレンジング選びに役立ててみましょう。

関連コンテンツ

 白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む