化粧水とオイルは相性抜群!使い方をチェックして美肌を目指そう

主に天然の植物を原料として作られている美容オイルには、たくさんの種類があります。美容オイルはスキンケアだけでなく、ボディやヘアケアなど、1本で体全体のケアに使える便利なアイテムです。実際に、美容オイルをさまざまなケアに活用している人もいるでしょう。
しかし、美容オイルの使い方についてよく知らない人も多いのではないでしょうか。美容オイルを活用することで、うるおいのある美しい肌に近づくことも夢ではありません。
ここでは、肌を保湿するアイテムである化粧水と美容オイルの上手な組み合わせ方について解説していきます。

化粧水とオイルを組み合わせるメリット

一般的にスキンケアでは、化粧水で肌に水分を与えてからオイルや美容液などの製品を使ってうるおいを閉じ込めます。化粧水はその大半が水分で占められており、クレンジングや洗顔でうるおいが失われた肌に素早く水分を与えるだけではありません。肌を整えて水溶性の美容成分を肌に届ける、化粧水のあとにつける美容液や乳液の浸透を助けることも化粧水の役割です。

しかし、化粧水だけでは肌の水分をキープすることは難しく、時間の経過とともに肌の水分が失われていきます。そこで、オイルやクリームで膜を作り水分の蒸発を防ぐのです。美容オイルは化粧水で補給した水分を肌に留め、バリア機能を改善し維持するのにも効果的だといわれています。肌表面にある角質細胞の隙間を細胞間脂質が埋めることで、肌のうるおいを守りバリア機能が維持できています。美容オイルは一般的に細胞間脂質の相性がよく、バリア機能を高め肌のうるおいを保つのに一役買ってくれるでしょう。


また、美容オイルと一口に言っても、オイルの種類によって特徴や含まれる栄養分なども異なります。そのため、オイルの種類によって得られる効果も違いが出てくるのです。

オイルは一般的に水をはじくイメージがありますが、なかには水となじみやすい親水性が高いものもあります。洗顔後すぐの肌につけると、肌が柔らかくなり水分やそのほかの成分を浸透しやすい状態に整えてくれるのです。その種のオイルは、スキンケアの効果を高めてくれることからブースターオイルとも呼ばれています。ブースターオイルは、親水性が高く栄養も豊富なアルガンオイルが有名です。

美容オイルを使うときは、それぞれのオイルの特徴を理解することが大切です。そして、違う役割のものを合わせて使用することで、よりスキンケア効果を高めることができるでしょう。

化粧水と相性の良いスキンケア向きのオイル

美容オイルの種類は豊富すぎて、どれを選んで使っていいのか迷ってしまうほどです。代表的な美容オイルの種類や特徴について理解しておくと、オイルを選びときに役立つでしょう。

アルガンオイルは、モロッコが原産のアルガンツリーより取れる大変希少性の高いオイルです。モロッコは砂漠地帯であり雨が少なく乾燥しています。しかし、アルガンツリーは数年も雨が降らなくても枯れることがないと言われているほど、大変強い生命力を持っています。そのアルガンツリーを原料として作られるアルガンオイルは、ビタミンEを豊富に含み高い抗酸化作用を持つと言われています。そのため、ターンオーバーを整える、シワやたるみなどへのエイジングケア、ヘアケアなど幅広い用途や目的に使えるでしょう。

主にアメリカ南部からメキシコにかけての砂漠地帯が原産のホホバの実より採れたオイルが、ホホバオイルです。人間の皮脂と非常に近い構造を持つ「ワックスエステル」を豊富に含んでいるのは、自然界で唯一ホホバオイルだけです。肌へのなじみが抜群で保湿ケアやシミやシワの予防、ヘアケアにも使えます。

野ばらの種から抽出されたオイルがローズヒップオイルであり、大変希少性の高いオイルとして有名です。ビタミンCを豊富に含んでおりターンオーバーを整える、美白、肌にハリを与えるといった効能をもつと言われています。

キンセンカ(トウキンセンカ)を使ったオイルがカレンデュラオイルです。キンセンカの花をオイルに浸す浸出法で作られるオイルです。皮膚への刺激が少なく、肌がデリケートな妊婦にも使えるのが魅力です。ニキビやニキビ跡といった肌トラブルや傷からのダメージ回復を助けるだけでなく、シワやくすみなどのエイジング対策に向いています。

アーモンドオイルも多く使われています。保湿や肌の鎮静、アンチエイジングの効果が期待でき、ボディやフェイスマッサージにも向いています。

化粧水の前にオイルをブースターとして使う方法

保湿などスキンケア効果をパワーアップさせたいときは、オイルをブースターとして使用してみましょう。

一般的にスキンケアでは洗顔後すぐに化粧水をつけて水分を補給しますが、ブースターはオイルをスキンケアの最初に使います。それは、その後使用するスキンケア製品を浸透しやすくするためです。肌の乾燥が進んでいると角質が硬くなってしまって、水分を与えてもなじみにくくなっています。そこで、ブースターオイルをつけて肌を柔らかくすることで、スキンケア製品の成分を吸収しやすい状態に整えるのです。


オイルには水とのなじみがよい親水性が高いタイプと、水をはじくタイプがあります。ブースターオイルには親水性の高いアルガンオイルや、水溶性の成分とオイルの2層式であるシェイクオイルなどが最適です。ブースターオイルは、オイルを3〜5滴手にとって洗顔後すぐの肌になじませていきます。オイルが肌にしっかりとなじんでから、いつも通り化粧水をつけていきましょう。化粧水のあとは普段のスキンケアと同じように美容液、クリームの順番でなじませていきます。


化粧水の後にオイルを使う方法

美容オイルは化粧水のあとに使用することもできます。化粧水で肌に水分を与えることができるのですが、その水分を肌に長く留める効果は期待できません。それは、化粧水は大半が水分であり、肌から蒸発してしまうからです。肌から蒸発するときに肌の持つうるおいまでも奪ってしまうため、適切にケアしないと乾燥を加速させてしまうのです。そこで、化粧水のあとは、オイルに含まれる油分でフタをして水分の蒸発を防ぎましょう。

また、肌表面には皮脂と汗が混じりあって作られた天然の油膜が、肌から水分が逃げるのを防いでくれています。オイルは天然の油膜との相性も抜群でなじみやすく、乾燥やバリア機能サポートにも働いてくれるでしょう。


オイルを使う順番は、化粧水のすぐあとにオイル(おおよそ5滴程度)、美容液、乳液の順番で仕上げにオイルを少量つけるのが美肌作りに効果的です。スキンケアで使用するオイルですが、好みや効果で選ぶこともできるでしょう。先ほど、ブースターオイルとして紹介したアルガンオイルは、ブースターとしても化粧水のあとに付けるオイルとしても優秀です。栄養豊富で水分を留める働きも期待できますので、1本で複数の役割を果たしてくれる万能オイルだと言えるでしょう。


化粧水とオイルを組み合わせてうるおいあるふっくら肌に!

オイルをスキンケアボディケアに使っているのに、思ったほど効果を実感できないのはオイルが少なすぎる、肌に刺激をあたえすぎているなどの可能性や誤った使い方などが考えられます。化粧水とオイルはそれぞれ役割が異なりますので、まずはその役割を理解することが大切です。

また、オイルは化粧水と組み合わせて使うことで保湿や美肌効果をパワーアップすることができます。オイル化粧水を上手く組み合わせてうるおいのある肌を目指しましょう。

関連コンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルとはどんなオイルなのか、ゴールデンホホバオイルとクリアホホバオイルの違い、アルガンオイルとホホバオイルの特長比較など、ホホバオイルの使い方などを紹介します。

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む