化粧水の役割とは?スキンケアに欠かせない重要アイテムを徹底解析

化粧水はスキンケアで使用するアイテムのひとつですが、配合されている有効成分や効果などの違いでその種類は多様にあります。そのため、自分に合った化粧水を選ぶのも簡単ではないでしょう。
化粧水を使用する主な目的は肌に適度なうるおいを与えること、肌を柔らかくして化粧水後に使用する美容液や乳液の浸透を助けることなどです。
しかし、化粧水によって含まれる成分や配合量なども異なるため、一概にどの化粧水を使っても同じ効果が得られるわけではありません。肌をすこやかに保つためには、自分に合った化粧水を選んで使用することが大切です。
ここでは、化粧水の役割や自分に合った化粧水の選び方について解説していきます。

化粧水の成分や種類

化粧水にはさまざまな成分が含まれていますが、その70〜80%は水(精製水)です。残りは保湿成分などが10〜15%、化粧水の機能や安定性を維持するための成分が占めています。化粧水といえば、主に保湿目的で使用することがほとんどでしょう。

しかし、なかには抗酸化成分を含むエイジングケア化粧水、そのあとに使用する美容液や乳液の浸透力をアップさせる導入化粧水など、保湿以外の効果を期待できる化粧水もあります。さらには、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった肌の汚れや皮脂をふき取るために使用するふきとり化粧水、過剰な皮脂を取り除いて毛穴を引き締める収れん化粧水などもあります。


化粧水の種類によって配合成分や使用目的も変わってきますので、基本的に化粧水を肌質で選ぶことが多いです。普通肌、敏感肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌といった分類から自分の肌質を特定し、それに合った化粧水を選びます。化粧水のパッケージに使用に適した肌タイプが書かれていることがありますので、化粧水を選ぶときの目安にしてみましょう。

また、水分とそのほかの配合成分のバランスによって、化粧水の使用感やテクスチャが変わってきます。化粧水のテクスチャを表現するときに、さっぱり、しっとり、すっきり、もっちりといった言葉がよく使われますので使用感も併せてチェックしてみましょう。


化粧水の役割とは?

化粧水の役割は主に「肌の保湿」「美容成分を届ける」「肌を整える」「美容液やクリームの浸透を助ける」ことです。化粧水を使用するのはクレンジングや洗顔後になりますが、それはクレジングや洗顔によって失われた水分を素早く補うためです。クレンジングや洗顔時に肌のうるおいも流れ出るだけでなく、洗顔後の肌は急速に乾燥が進んでいます。そこで、化粧水で肌の水分を補給して肌を乾燥から防ぐのです。また、化粧水には水溶性の美容成分が含まれていますが、水分とともにその有効成分を肌に届ける働きも持ち合わせています。


洗顔後の肌はphバランスが弱アルカリ性に傾いていますので、理想的なphバランスである弱酸性に整えるのも化粧水の働きのひとつです。スキンケア効果を高める効果も期待できます。最初に化粧水をつけて、そのあとに美容液や乳液、クリームなどを使うのが一般的なスキンケアのステップでしょう。ところが、肌が乾燥していると角質が硬くなってしまい、美容液クリームの浸透を妨げてしまいます。そこで、化粧水で角質層をうるおわせることで肌が柔らかくなり、美容液クリームが肌になじみやすくなります。

化粧水でできない役割は?

肌を保湿するなどいくつかの役割を持つ化粧水ですが、化粧水だけでは果たせない役割もあります。それは、水分の蒸発を防ぐことです。肌の乾燥はさまざまな肌トラブルを引き起こす原因となってしまうため、スキンケアでしっかりと保湿することが大切です。

肌の保湿には「水分を与える」「水分を保持する」「水分の蒸発を防ぐ」ケアが欠かせません。化粧水で肌にうるおいを与えて、その水分をキープすることはできるでしょう。しかし、その保持した水分を蒸発させないようにすることは難しいのです。それは、時間の経過とともに肌にキープした水分が蒸発してしまうからです。さらには、水分とともに肌の持つうるおいまでも一緒に奪ってしまうため、乾燥を進める原因にもなります。

そこで、与えた水分を肌に留めるケアが必須です。化粧水の主な成分は水であり、基本的に油とはあまり相性がよくありません。オイルなどがメインの美容液クリーム、乳液、オイルなどで肌に油性の膜をつくり水分の蒸発を防ぐのです。化粧水だけでは十分な保湿効果が期待できませんので、ほかのアイテムとの相乗効果で保湿力をアップさせましょう。


化粧水を選ぶときのポイント

化粧水にはさまざまな種類があるため、使う化粧水によって肌との相性や効果にも違いが出てきます。自分の肌に合う化粧水を選ぶためには、選び方のポイントを理解することが大切です。


まずは、化粧水の使用目的や肌質に合った商品を選ぶことです。自分の肌タイプをチェックしてみると、普通肌や乾燥肌、ニキビ肌などに分類できるでしょう。それぞれの肌タイプに合わせたスキンケアアイテムを使うことで、肌をすこやかに保てるようになります。

化粧水は主に水分で構成されていますが、それ以外の配合成分は化粧水によって異なります。保湿効果の高い成分、ニキビの炎症を抑え殺菌する働きを持つ成分など、化粧水によって含まれている成分と効果も変わってきます。人それぞれ肌質や肌の悩みも違いますので、求める効果に合わせて化粧水を選びましょう。


化粧水を好みの使用感で選ぶこともできます。化粧水によって水分とそのほかの配合成分バランスが異なり、それが使用感やテクスチャにも影響してくるからです。スキンケアは朝晩1日2回行うのが一般的ですが、朝と夜で化粧水を使い分けるというやり方もあります。

朝と夜とでは化粧水に求める効果や目的などが異なる場合、それぞれ別の化粧水を使うことで肌をより良い状態に保てるようになるでしょう。化粧水を使うときに、そのほかのアイテムをライン使いすることも効果的な使い方のひとつです。それぞれ別のブランドアイテムを使うよりも、ライン使いによる相乗効果を期待できるからです。


化粧水を効果的に使うためのコツ

自分の肌質や目的に合う化粧水を選んでも、使い方によってはその効果を半減させてしまいます。そこで、化粧水をより効果的に使うためのコツについて理解しておきましょう。


まずは、クレンジングや洗顔で肌をきれいにすることです。メイク汚れや余分な皮脂が残っていると、それらが化粧水の浸透をブロックしてしまうからです。

そして、洗顔後なるべく時間をおかずに化粧水で保湿ケアをしましょう。それは、洗顔後の肌は想像以上に速く水分の蒸発が進んでおり、早急に水分を補う必要があるからです。しかし、肌が乾燥している場合、角質が硬くなり化粧水のなじみが悪くなります。たっぷり化粧水をつけても、肌をうるおす働きが期待できなくなるのです。そこで、ブースターオイルを最初につけて角質を柔らかくし、化粧水の浸透を助けましょう。


化粧水の使用量は適量を使うことも大切です。1回当たりの使用量ですが、基本的にはそれぞれのパッケージに書かれた商品説明に従います。目安は500円玉大だといわれていますので、使用量で迷ったときは参考にしてみましょう。

また、化粧水をつけるときも一度にたくさんつけるのではなく、少量をこまめにつけた方がより肌になじみやすいです。化粧水のつけ方についても、基本的には商品説明に従うのが化粧水の効果を高めることにつながります。


関連コンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る