オーガニックシャンプーのメリットとは?一般的なシャンプーと何が違う?

オーガニック製品は、体に良さそうというイメージを持っている人が多いでしょう。
オーガニックとは有機栽培という意味であり、化学肥料を使わずに栽培された植物のことです。そして、オーガニックの植物を原料として作られている製品には、スキンケアやボディ、シャンプーなどさまざまな種類があります。
しかし実際の効果や特徴についてよく知らない人も少なくありません。ここでは、オーガニック製品のなかでも、シャンプーに注目し、その特徴やほかのシャンプーとの違いについて紹介していきます。
また、オーガニックシャンプーが髪に良いと言われている理由についても詳しく解説していきます。

オーガニックとは無添加・ノンシリコンとイコールではない

髪や頭皮に優しいシャンプーが注目されています。オーガニックシャンプーは、頭皮と髪に良さそうだからという理由で興味を持った人も多いでしょう。また、なかには無添加を一切の化学物質がないことやノンシリコンシャンプーと混同している人も少なくありません。オーガニックシャンプーを使う前に、オーガニックシャンプーについて理解を深めることが大切です。


まず、オーガニックシャンプーとは化学肥料に頼ることなく、有機肥料や自然の恵みを利用して栽培された植物を原料としています。そして、オーガニックシャンプーと一口に言っても、すべてが無添加やノンシリコンの製品であるとは限りません。オーガニック製品は一般的に合成化学物質を用いていないものが多いですが、植物などから化学的に抽出した成分を用いていたりします。添加とは、何かを加えるという意味ですので、そういう意味では無添加とは言えません。

また、ノンシリコンシャンプーは、髪をコーティングして手触りを滑らかにしてくれるシリコーンと呼ばれる成分が含まれていないシャンプーのことを指します。シリコーンは、頭皮への負担になることからノンシリコンシャンプーが主流になりつつあります。


スキンケアやシャンプーだけでなく、食品でもオーガニック栽培されたものを見かけることがあるでしょう。食品の場合、オーガニック栽培された食品に対しては農林水産省より有機JASマークが付けられるため消費者が製品を選ぶときの目安にできます。ところが、シャンプーやスキンケア製品については農林水産省の管轄ではなくなるため、有機JASマークを付けることができません。また、日本にはオーガニックを認証する機関がないため、オーガニックに関する基準が曖昧です。中には、たった1%のオーガニック成分が使われているだけでも「オーガニック」と謳っている製品もあります。しかも、髪や頭皮に負担となる添加物やシリコンが含まれていることもあるのです。


そこで、オーガニックシャンプーを選ぶときは認証があるかを注意してみてましょう。たとえば、オーガニック認証機関、オーガニック成分の含有量などの基準を設けています。また、使われているオーガニック原料の種類や配合量などについても、購入前に確認しておくと安心です。


シャンプーの成分に注目

シャンプーは、製品ごとに原料やその配合量も異なります。より髪や頭皮に優しいシャンプーを選びたいときは、シャンプーの成分に注目して選ぶことが重要なポイントです。まず、注目したいのが洗浄成分です。たとえば、ラウリル硫酸Naやオレフィン(C14-C16)といった石油系の界面活性剤が使われていると、強い洗浄力で頭皮と髪に必要な潤いまで洗い流してしまいます。これらと比較して頭皮と髪に優しいとされるのはアミノ酸系の洗浄成分で、一般的にココイル○○、○○ベタイン、ラウロイル○○といった表記が書かれているものを選ぶといいでしょう。


パンテノールやカミレツエキス、アルガンオイルやヤシ油などは髪のダメージを補修・保湿してくれると言われています。特に髪や頭皮がダメージを受けている人は、髪と頭皮に負担となりやすい成分が含まれていないかをチェックしておきます。たとえば、パラペンやBHTといった成分は、シャンプーの劣化を防ぐ成分ですが、頭皮や髪への刺激も強めです。ほかにも、配合成分によってはアレルギーを引き起こすことがあります。


オーガニックシャンプーを選ぶときのコツ

オーガニックシャンプーについて調べてみると、かなりの商品数があります。自分に合ったオーガニックシャンプーを選ぶためにも、選び方のポイントについて理解しておきましょう。


まずは、オーガニック成分の配合量が多いものを選ぶことです。製品によってオーガニック原料の配合割合が異なり、なかにはわずか1%だけしかオーガニック原料が使われていないものもあるからです。

オーガニック原料の配合割合は、シャンプーのパッケージや商品説明に書かれていることもありますが、成分表示を見るとよくわかります。成分表示は、配合量の多い順番に記載することが法律で義務付けられています。そこで、成分表示から何が原料として使われているのか、それぞれの配合量についてもある程度把握できるでしょう。

また、指定成分や旧表示成分は髪や頭皮に大きな負担となることがありますので、極力配合量が少ないものを選びたいところです。ほかにも、製品によって仕上りや効果が異なりますので、自分がシャンプーに何を求めるのかを明確にすることも大切です。


日本にはオーガニックシャンプーを認証する機関がありません。より安全性の高いオーガニックシャンプーを選ぶためにも、オーガニック認証を受けた製品を選ぶようにしましょう。

アメリカやヨーロッパではいくつかのオーガニック認証機関があり、それぞれが厳しい基準を設けていますので、高品質のオーガニックシャンプーを選ぶときの目安になります。また、頻繁に使用するものだからこそ香りも重要です。バスタイムは疲れをとるだけでなくリラックスタイムでもあるため、香りによる癒し効果を高めるためです。


オーガニックシャンプーを選ぶときの注意点

オーガニックシャンプーだからといって、すべてが髪や頭皮に優しいとは限りません。髪や頭皮への負担を減らし、美髪効果を高めるためにも必ず成分を確認してから購入するようにしましょう。

オーガニックシャンプーに使われている原料によっては、アレルギーを引き起こすことがあります。有機栽培された植物だからといってリスクが全くないわけではありません。人によってはアレルギー症状が出ることもあります。もしも、ご自身にアレルギーがある場合はアレルゲンが含まれていないかをチェックしておきましょう。また、アレルゲンが含まれていなくても使用後にかゆみやかぶれが現れたら、すぐに使用を中止するようにします。

オーガニックシャンプーで健やかな頭皮と髪を目指そう

オーガニックシャンプーは頭皮と髪へのダメージが少なく、髪の補修・保湿効果や天然由来成分による香りのリラックス効果も期待できます。また、環境にも優しい点もメリットのひとつです。しかし、オーガニックシャンプーにもたくさんの種類があり、それぞれ製品ごとに使われている原料や配合割合、洗浄成分なども異なります。

オーガニックシャンプーの持つ自然のパワーを最大限引出し、すこやかな頭皮と髪を目指すためにはシャンプー選びがとても大切です。オーガニックシャンプーの選び方のコツを知り、自分に合ったオーガニックシャンプーを選んでみましょう。それが、美しい髪と頭皮を作ることにつながっていきます。

関連コンテンツ

髪に、赤のオイル。インディゴオイルヘアケア

髪に、赤のオイル。インディゴオイルヘアケア

古くから民間療法にも使われてきた"インディゴ"。メルヴィータ独自のインディゴオイルで、クレンズ&チャージ!髪の質感を改善し透明感のあるツヤ髪へ!

おすすめコンテンツ

クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

続きを見る

間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

続きを見る

乾燥が気になる目元!陥りがちなトラブルとスキンケア方法

20代まではどんなケアをしていてもそれほどトラブルを感じなかったのに、30代に差し掛かると「小ジワ」「たるみ」「くすみ」などの悩みを持つ人が増えてきます。特に皮膚の薄い目元は乾燥しやすいため、トラブルが気になるパーツです。 目元のトラブルが起きてしまう原因と対策、そして普段のスキンケアの方法を見ていきましょう。

続きを見る