ホホバオイルの効果的な使い方!全身使えるテクニックを一挙紹介

スキンケアやボディケア、ヘアケアにオイルを使っている人も多いでしょう。オイルにもいろいろな種類がありますが、ホホバオイルも高い効果が期待できるオイルとして注目されています。
その一方で、ホホバオイルにはどのような特徴や効果があるのか、実はよく知らない人も少なくありません。ホホバオイルは砂漠の過酷な環境下で育つホホバの実から抽出されたオイルであり、乾燥対策などに効果的です。
ここでは、ホホバオイルの特徴や肌をすこやかに保つための使い方について解説していきます。

ホホバオイルの特徴と役割

ホホバはアメリカ南部からメキシコにかけて広がる砂漠で生息する植物であり、高温少雨といった過酷な環境下でも育つ強い生命力を持っています。そのホホバの実から抽出されたのがホホバオイルです。高温の環境下でも育つことからホホバは熱にも強く、酸化しにくいともいわれていますので長期保存が可能でしょう。


一般的なホホバオイルの最大の特徴といえば、植物のなかでもトップクラスの「ワックスエステル」含有量を持つことです。ワックスエステルとは人間の皮膚にも20%~30%含まれているオイルであり、肌に弾力やうるおいを与える効果が期待できます。そのため、肌なじみが抜群によく浸透しやすいため優れた保湿力があるといわれています。しかも、保湿したうるおいを肌に留めるように働いてくれますので、肌乾燥の改善と予防に効果的です。また、皮脂バランスを整える作用を持ち低刺激であることから、使う人の肌質を選びません。そのため、あらゆる肌タイプに使用できる万能オイルだといわれています。


肌の持つバリア機能は、肌の乾燥によって機能低下が起こりやすくなります。ホホバオイルの持つ高い保湿力で、バリア機能の改善や維持も期待できるようになるでしょう。ホホバオイルには、ビタミンEなどの抗酸化作用の高いビタミン類も豊富に含まれています。シワやたるみを防ぐ、肌のターンオーバーを整える、皮膚を健やかに保つ効果も期待できます。さらには、肌の乾燥が原因で起こるたるみや肌荒れなど、さまざまなトラブルの改善にも一役買ってくれるでしょう。


ホホバオイルの種類と選び方

ホホバオイルは、一般的にクリアホホバオイルとゴールデンホホバオイルの2つの種類に分けられます。

クリアホホバオイルとは、精製の度合いが高く、色は無色透明、香りもほとんどないホホバオイルです。また、べたつきも少なくさらりとしたテクスチャが特徴です。価格もお手頃で手軽に使用できるのがメリットですが、精製時に美容成分が取り除かれてしまっています。そのため、クリアホホバオイルを使っても期待するほどの美肌効果が得られないことがあるでしょう。

ゴールデンホホバオイルは精製度を抑えたオイルで、黄金色で植物の香りが残っています。クリアホホバオイルよりも粘性が高く、ホホバの持つ栄養が豊富なのが特徴です。


販売されているホホバオイルにもたくさんの種類があり、どれを選ぶかで迷うでしょう。ホホバオイル初心者の場合、刺激の少ないクリアタイプのほうが使いやすいことがあります。ゴールデンホホバオイルは美容成分をたっぷりと含んでいますが、精製度の低い分不純物も含まれていることもあり、それが肌に刺激を与える場合もあり得ますが、一般的に全くの未精製もの製品ではほとんどないため、ゴールデンホホバオイルを試してみるのがおすすめです。テスターを使用してみたり、パッチテストなどをするとより安心して使えるかと思います。



ホホバオイルのスキンケアにおける効果的な使い方

ホホバオイルは、保湿目的だけでなく幅広くスキンケアに活用できるオイルです。ホホバオイルをクレンジングとして使用することで、メイク落としと保湿を両立できるようになります。ホホバオイルは肌へのなじみがよく浸透力も高いため軽い力でメイクを落とせるだけでなく、毛穴の汚れや黒ずみ対策にも働いてくれます。ホホバオイルの持つ高い保湿力で、乾燥からも肌を守ってくれるでしょう。


化粧下地として使用することもできます。メイクをする前にスキンケアで肌を整えますが、仕上げにホホバオイルを肌になじませておきましょう。下地として使用すると、日焼け止めやメイク用品などによる肌へのダメージを軽減してくれます。また、化粧水後の保湿ケアとして使うこともできます。ホホバオイルをつけるときは、化粧水をつけた肌全体にやさしくなじませるのがコツです。一度にたくさんつけすぎると肌がべたついてしまいますので、少量ずつ重ねづけしましょう。しかし、肌が乾燥する時期や乾燥肌の人は、ホホバオイルだけの保湿では物足りないと感じることがあります。保湿を強化したいときは、クリームやオイルと併せて使うことでさらに保湿効果を高められます。


日焼けのアフターケアとして使用することもできます。日焼けした肌は軽いやけど状態にあり、肌も乾燥して大変デリケートです。比較的刺激の少ないオイルでうるおいをキープしましょう。


ホホバオイルを活用させるテクニック

ホホバオイルはスキンケアだけでなく、ボディやヘアケアにも活用できます。湯船につかった後体が温まった状態で、ホホバオイルを塗ってマッサージしてみましょう。マッサージの効果で血行がよくなり代謝も促進され、ダイエットやコリの解消にも働いてくれます。また、適度に肌をうるおしてくれますので乾燥対策にも効果的です。


ほかにも、頭皮マッサージや髪の保湿ケアにも活用できます。ツヤのある美しい髪の毛を作るためには、その土台となる頭皮をすこやかに保つことがポイントです。ホホバオイルは頭皮にもなじみやすく、毛穴に詰まった汚れを浮かせて落としやすくしてくれます。さらには、マッサージで血流を改善することで育毛促進や頭皮のコリを改善する効果も期待できるでしょう。保湿効果の高いホホバオイルは、洗い流さないトリートメントの代わりとしても使うことができます。傷んだ髪を補修し、ドライヤーの熱からも髪を保護してくれるでしょう。


肌が乾燥していると肌のバリア機能が弱り、外部刺激に対しても過敏に反応するようになります。その影響で赤みや炎症、かゆみといったトラブルが起こるのです。ホホバオイルは弱ったバリア機能の回復を助けてくれるだけでなく、雑菌の繁殖を抑える効果も期待できます。かゆみの改善や予防にも働いてくれるでしょう。このように、ホホバオイルにはさまざまな活用法があります。


効果的な使い方ができるホホバオイルは1本あると便利

ホホバオイルはヘアケアからボディケアまで全身のケアに使え、しかも使う人の肌質を選ばない万能オイルです。1本持っていると全身のケアに使えるだけでなく、家族全員で共有できるのも助かります。プレゼントとして贈っても喜ばれるかもしれません。肌にも優しくさまざまなトラブル対策に活用できますので、ケアに取り入れてみましょう。

関連コンテンツ

ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルとはどんなオイルなのか、ゴールデンホホバオイルとクリアホホバオイルの違い、アルガンオイルとホホバオイルの特長比較など、ホホバオイルの使い方などを紹介します。

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る