顔のスキンケアの基本!順番やお手入れのコツとは?

スキンケアは乾燥が気になる時期だけでなく、一年中欠かせないといわれています。しかし、どのような順番でケアをするのがよいか自信がないという人は多いのではないでしょうか。
また、スキンケアアイテムは非常に数が多いので何をどんな基準で選べばよいか困っているという声も聞かれます。この記事で顔のスキンケアに必要なアイテムと、それらの適切な使い方をおさえていきましょう。

顔のスキンケアに必要なものと役割

スキンケアとは、健康でキレイな肌を保つために肌の手入れをすることです。健康的な肌を作るには肌を清潔にして、乾燥を防ぐことが欠かせません。乾燥を放っておくと、シワ、シミ、そばかす、肌荒れの原因になることがあります。乾燥肌は肌のバリア機能が弱っている状態なので、さまざまなトラブルを引き起こしてしまうからです。


肌トラブルを防ぐために必要なスキンケアアイテムは、クレンジング、洗顔料化粧水美容液クリームが一般的なものとなります。ここで、これらのアイテムの役割を確認してしましょう。クレンジングと洗顔料は洗浄、化粧水はうるおいを与える保湿、美容液は新陳代謝を促し、クリームには保護の役割があります。その他にも、導入美容液など各役割をサポートしてくれるアイテムなどもあります。次に、スキンケアの順番を見ていきましょう。

顔のスキンケアの順番

スキンケアアイテムを使う順番は、おおよそのケースでは先にアイテムを紹介したとおり、朝は洗顔料、化粧水、美容液、クリームとなります。一日メイクをした夜はクレンジング、洗顔、化粧水、美容液、クリームの順番です。アイテムの使用順序にはそれぞれの意味がありますので、詳しく見ていきましょう。


1つ目の工程である洗顔では、メイク汚れやほこりなどの顔についた汚れを落とします。油性の汚れを落とすクレンジングはメイク汚れや日焼け止めを落とし、洗顔料は皮脂やほこりなどを落とします。クレンジングと洗顔料とでは、それぞれの性質や役割が異なるため、上手に使い分けをすることが大切です。一般的に販売されている製品には、メイク落としと洗顔料が一緒になっているタイプもありますが、ダブル洗顔をすることで肌についた汚れをしっかり落とすことができると考えておくとよいでしょう。


2番目の工程にある化粧水には、肌に水分を与える保湿の目的があります。いきなり化粧水を使ってもかまいませんが、ブースターオイルなどを使って化粧水をなじませたほうが、化粧水の肌への浸透がよくなります。化粧水は肌がしっとりするまでたっぷりと染み込ませましょう。化粧水を塗ったばかりのときは肌がうっているように見えるものです。ところが、水分は蒸発するときに周囲の熱を奪う性質を持っています。そのため、化粧水だけを塗って放置していると化粧水を塗る前よりも肌が乾燥してしまう可能性もあります。脂性肌の人は化粧水だけでスキンケアを終わらせてしまう傾向がありますが、しっかりと保湿をしてあげることでふっくら透明感のある肌になることを覚えておくとよいでしょう。


工程の3つ目にある美容液は肌の新陳代謝を促すのが目的です。健康な肌なら保湿と保護がしっかりできていればほぼ問題はありませんが、年齢を重ねた肌や疲れ気味の肌には栄養を与えることも大切です。ときどき栄養を与えることで細胞の働きが活性化して、肌が元気になります。美容液は普段から使っているとそうでない人がいますが、ぜひとも取り入れたいアイテムのひとつです。


4つ目の工程のクリームには肌を保護する役割があります。肌の汚れを落とし、保湿して栄養を与えたら最後に肌の表面に蓋をしてあげなくてはなりません。蓋をしなければ、せっかくのスキンケアの水分がすべて蒸発してしまうからです。保湿と保護は必ずセットで行うようにしましょう。


顔のスキンケア商品の選び方のポイント

続いて、スキンケア製品の選び方のポイントを見ていきましょう。クレンジングには、クリームタイプ、乳液タイプ、ジェルタイプ、オイルタイプ、シートタイプの5つのタイプがあります。肌への刺激はクリームタイプが最も低く、シートタイプが最も強くなります。クリームタイプは刺激が弱いのでやさしくメイクオフしたい人に向いています。一方で、メイクが落ちにくいという難点があるためナチュラルメイクの人に向いているでしょう。他方、オイルタイプやシートタイプは洗浄力が強く、肌に負担になりやすいことがデメリットですが、濃いメイクも楽に落ちるというメリットもあります。クレンジングはメイクの濃さに応じて選ぶようにするのがおすすめです。


洗顔料は、肌への刺激が弱いのは石けんタイプ、フォームタイプです。刺激が強いのはリキッドタイプ、ムースタイプ、粉末タイプとなります。乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌など肌の状態に合わせて選ぶようにするとよいでしょう。肌タイプによって選ぶのは、化粧水や美容液も同じです。保湿の役割を果たす化粧水にはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの肌の水分を保持してくれる成分が入っているもの選びましょう。特に、乾燥肌に悩む人は、ブースターや美容液はオイルタイプのものを選ぶのがおすすめです。水よりも油のほうが肌へのなじみがいいので、化粧水の前にオイルタイプのブースターをつけるとよいでしょう。アルガンオイルなら、1本でブースターとしても美容液としても使えるので重宝します。敏感肌の人はクレンジングやブースターには拭き取りタイプのものは使わないようにしましょう。拭き取りタイプのものは肌をこすってしまい、それが刺激になるからです。


自分に合ったスキンケアアイテムを探すには、まず自分の肌の状態をよく知ることが欠かせません。朝洗顔をする前に、頬の部分に触れたときにどんな状態かで自分の肌状態を知ることができます。カサカサしていたり突っ張っていたりするような感覚があれば、乾燥肌と言えます。全体的にベタベタした感じがあれば脂性肌、カサカサとしているところとベタベタとした部分があれば混合肌、特に何も感じない場合は普通肌です。このように、自分の肌の傾向を知り、悩みに応じたアイテムを探すのがポイントとなります。


顔のスキンケアを行うときの注意点

スキンケアを行うときにはいくつかの注意点があります。まず、新しい製品を試すときは必ず成分表示を確認するクセをつけましょう。アレルギーやかぶれを起こす成分が分かっている人はそうしたものが入っていないかをチェックします。成分が特に問題がなければ、続いてひじの内側など皮膚の柔らかい部分でパッチテストをしてみましょう。また高価なアイテムだと少量だけしか使わない人がいますが、指定の使用量よりも少ないと効果を実感するのは難しくなります。

そして、スキンケアの前には必ず手を洗う習慣をつけましょう。顔を洗うときやアイテムをつけるときはやさしく顔を覆うようにします。こすったり叩いたりするとトラブルの原因になりますので気をつけてください。アイテムを使い終えたら、蓋の周りについた汚れを拭き取って清潔に保ちます。


自分の顔に合ったスキンケア商品を選んで使おう

スキンケアアイテムそれぞれには、異なる役割があります。肌に合ったアイテムを選ぶには、まず自分の肌の状態を知ることが大切です。また、アイテムを使い始めたらメーカーが推奨する順番や使い方、量を守ってお手入れしましょう。最後は清潔にして保管します。美しい肌作りにはついついアイテムの機能に目がいってしまいますが、同じくらい使い方もポイントとなることをおさえておきましょう。

関連コンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら
つき抜けるハリ。パルプデローズ コンセントレイト セラム

つき抜けるハリ。パルプデローズ コンセントレイト セラム

瞬間!つき抜けるハリ。肌にのせた瞬間に溶けだす、従来の2倍ローズヒップ成分の配合の肌溶け美容液。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

自然の力を肌に届ける!オーガニック美容オイルの魅力

オイルを使ったスキンケアやヘアケアは人気が高まっています。興味はあるものの、どんなオイルを使ったらよいのか、使い方が分からずに手が出ないという人も多いかもしれません。オイルケアを始めるなら高品質のオーガニックオイルがおすすめです。その理由をみていきましょう。

続きを見る

スキンケアの格上げに!オイル美容液の使い方

オイル美容が注目されるにつれて、オイル関連の美容製品をスキンケアに取り入れてみたいと考えている人が増えています。中でもオイル美容液は、美容成分を配合し、普段のスキンケアを格上げしてくれるアイテムです。ここではオイル美容液の使い方や期待できる効能など紹介していきます。オイル美容液の役割や使い方を知って、いつものスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

続きを見る

乾燥肌改善には保湿が重要!保湿ケアを覚えよう

乾燥肌を改善するためには、肌の水分量を増やすことが大切です。肌の水分量を増やすためには、保湿ケアが重要となってきます。しかし、やみくもに化粧水などを使って保湿すればいいというものではありません。うるおいを肌にとどめなければ保湿効果を得ることはできないのです。そこで、乾燥肌を改善するための保湿ケアを紹介します。

続きを見る