乾燥肌の粉吹きとは?原因を知って悩みを解消しよう

寒くなってくると空気の乾燥が気になるようになります。乾燥肌で悩んでいる人のなかには、粉が吹き始めるのを見て、空気の乾燥を知るという人も少なくないのではないでしょうか。
粉吹きはフケのように見えるので見た目がよいだけでなく、かゆみや痛みを感じることもあるつらいものです。この記事では乾燥肌をうるおす方法を紹介していきます。
自分で粉吹き対策ができるようになると乾燥する時期も心穏やかに過ごせるでしょう。

乾燥肌の粉の正体と粉吹きのメカニズム

まず、粉吹きの粉の正体とそのメカニズムを正しく知っておきましょう。粉吹き肌の粉の正体は、乾燥ではがれてしまった肌の角質です。顔、方、手など全身に現れますが、特に頬や目の周りなどの皮膚が薄いところは他の部分よりも粉吹きが出てしまいやすいでしょう。進行するとひび割れやニキビなどの肌トラブルになることもあります。

肌が乾燥しているのは、肌が水分コントロールする表面の膜、保湿因子、または細胞間脂質のどこかで水分量が低下しているからです。乾燥肌は角質層がはがれた状態であると言い換えることもできます。その状態のあいだは、メイクをしても粉吹きはおさまりません。肌の水分補給をしっかりして油分でフタをするという保湿の基本に立ち戻ることが大切です。

粉吹きは乾燥のほか、肌の表面に古い角質層が残ったままでも起こりやすくなります。肌がゴワゴワしていると感じる人は、古い角質を落として肌を柔らかくしてあげることが粉吹きの解消につながるでしょう。古い角質を落としたあとの肌はデリケートな状態になっていますので、しっかりと保湿ケアをするのを忘れてはいけません。


乾燥肌の粉吹き原因は身体の中と外に

粉吹きをなくすには、肌の表面と肌の角質層の両方をうるおすケアをすることが必要です。内的な原因としては加齢や血行不良、外的な要因としては間違ったスキンケアや乾燥があります。内側のケアの効果が現れるまでには時間はかかりますが、放置していると乾燥する季節だけでなく1年中粉吹きに悩まされることになります。

保湿対策をきちんとしているのに粉吹きが起こっている人は、体の内側の環境を整えてあげたほうがいいケースがあります。睡眠不足やストレスをかかえている、普段はあまり水を飲まない、食生活が偏っている、運動不足などの生活習慣上の問題はないでしょうか。

乾燥肌の身体の表面の膜をうるおす粉吹き対策

スキンケアは洗浄が最も基本かつ大切にするべきところといわれています。土台が汚れていては、そのあとのスキンケアも十分に効果を発揮できないからです。肌を乾燥させる原因は、洗顔フォームやクレンジング、ボディソープなどの界面活性剤の成分といわれています。強い洗浄成分だと肌に必要なうるおいまで取ってしまうので、マイルドな洗い上がりになるものを探してみましょう。

また夜のクレンジングが合成界面活性剤を使用しているものであれば、植物オイルに代えてみるのも一つの方法です。オイルを使うときは、手の平に500円玉大くらいのオイルをとって両手で温めてから顔全体に伸ばしてください。こすらず、メイクとなじませるようにやさしく伸ばしていきます。メイクとなじんだら、一度ティッシュでおさえてオイルを吸い取らせましょう。そのあとにぬるま湯ですすぐと、比較的すぐにオイルを落とすことができます。


意外に思われるかもしれませんが、肌が乾燥している人は皮脂が過剰に分泌されてしまっています。朝起きてベタベタつきが気になるときは、朝も洗顔をしてみましょう。洗顔の前に拭き取り化粧水や乳液を含ませたコットンで軽く拭き取っておきます。それから洗顔です。洗顔の際はやさしく、なでるように洗いましょう。余分な皮脂は取り除けていますので、そのあとは洗顔料を使わずにぬるま湯で洗います。拭き取る際は、タオルに水分を吸い取らせるように押し当ててやさしく拭いてください。この洗顔方法なら、皮脂を取りすぎることがないので顔の乾燥を防ぐことができます。

「ぬるま湯」の温度がどれくらいかわかりにくいと感じている人も多いのではないでしょうか。お風呂の温度は38~40℃程度が一般的ですが、その温度は顔には刺激が強すぎてしまいます。顔を洗うときは30℃くらいの少し冷たく感じるくらいのお湯に設定しましょう。温水プールくらいの感覚が顔にはよいとされています。このくらいのぬるま湯なら皮脂をとりすぎることがないので、肌のしっとり感を残すことができます。


洗顔後はすぐに保湿します。保湿の際は、化粧水の前にブースターとしてアルガンオイルなどの親水性のよい植物オイルを使うのがおすすめです。植物オイルは種類によっては、メイク落としにもブースターにも、そしてクリーム代わりにもなる有用なアイテムです。ブースターとしてオイルを使うときは、洗顔後すぐにほんの1~2滴を顔になじませます。その際は、クレンジングのときと同じように手のひらで温めてから顔を両手で包むようにするとオイルがよく浸透します。

その他、乾燥対策には、紫外線対策も有効です。冬でも紫外線対策をして肌の乾燥を防ぎましょう。


乾燥肌の身体の内面をうるおす粉吹き対策

乾燥肌に悩む人は、いくらスキンケアをがんばっても睡眠が不足していると肌のターンオーバーができていません。粉吹きがひどい人は睡眠をしっかり取るだけでも、かなり回復することがあります。ターンオーバーはストレスでも乱れてしまうので、リラックスや運動の時間をとるなど意識的にストレスケアもしてあげましょう。


インスタント食品ばかり食べている人や外食が多い人は、肌に必要な栄養素が足りていない可能性があります。食生活が偏っていると、ビタミンやミネラル、タンパク質が不足しがちです。食事を変えると肌が変わります。これらに心当たりがある人は、習慣を変えて内側のケアを心がけるようにするとかなり状況が改善するでしょう。食事や睡眠の改善とともに、湿度コントロール、摩擦の少ない衣類を選ぶ、汗のコントロールなどの生活全般を改善して肌に負担がかからない環境を整えることも大切です。


粉吹きを解消したい!乾燥肌の人は身体の中と外から保湿を心がけよう

乾燥肌の粉吹きの正体は水分量の低下による角質のはがれです。粉吹きは、身体の中と外の両方に原因があります。普段から行っているスキンケアの見直しと生活習慣の改善で、乾燥する季節にもうるおった肌を手に入れましょう。

関連コンテンツ

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

自然の力を肌に届ける!オーガニック美容オイルの魅力

オイルを使ったスキンケアやヘアケアは人気が高まっています。興味はあるものの、どんなオイルを使ったらよいのか、使い方が分からずに手が出ないという人も多いかもしれません。オイルケアを始めるなら高品質のオーガニックオイルがおすすめです。その理由をみていきましょう。

続きを見る

スキンケアの格上げに!オイル美容液の使い方

オイル美容が注目されるにつれて、オイル関連の美容製品をスキンケアに取り入れてみたいと考えている人が増えています。中でもオイル美容液は、美容成分を配合し、普段のスキンケアを格上げしてくれるアイテムです。ここではオイル美容液の使い方や期待できる効能など紹介していきます。オイル美容液の役割や使い方を知って、いつものスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

続きを見る

乾燥肌改善には保湿が重要!保湿ケアを覚えよう

乾燥肌を改善するためには、肌の水分量を増やすことが大切です。肌の水分量を増やすためには、保湿ケアが重要となってきます。しかし、やみくもに化粧水などを使って保湿すればいいというものではありません。うるおいを肌にとどめなければ保湿効果を得ることはできないのです。そこで、乾燥肌を改善するための保湿ケアを紹介します。

続きを見る