オーガニックのボディオイルでうるおい肌へ!ミネラルオイルとの違いや特徴とは?

きれいな人は顔だけではなく、ボディのケアも抜かりなくやっているものです。セレブや芸能人が取り入れていることで知られるオイル美容。オイル美容が注目されるなかで、ボディオイルに興味を持っている人もいるのではないでしょうか。
特にオーガニックのボディオイルは肌に良さそうなイメージがあります。しかし、どんなものを選べばよいかわからないという声も少なくありません。
そこで、オーガニックのボディオイルの特徴や、ほかのボディオイルとの違いを解説していきます。ボディオイルの良さを知り、使いこなしていきましょう。

オーガニックオイルの特徴とミネラルオイルの違い

オーガニックオイルとは化学肥料や農薬を使わず、有機栽培された植物を原料としたオイルのことです。オーガニックと聞くと体によさそうなイメージがありますが、オーガニックは無添加とはイコールではありません。

無添加とは本来、主原料以外のものを一切使用していないという意味になりますが、一般的には化学的な合成成分が無添加であることを意味するケースが多いようです。必ずしもすべての添加物が入っていないという意味ではありませんので注意しましょう。また、オーガニックだからといってシリコンなどの石油系の原材料がまったくの不使用ではないことも同時に押さえておきたいところです。


日本にはオーガニックコスメの認証機関がないため、わずか数%でもオーガニック成分が入っていればオーガニック製品と謳っても法律的には問題ないことになっています。環境にやさしいオーガニック成分が高いオイルを選ぶなら、ECOCERT(エコサート)などのオーガニックの認証機関の認定を受けたアイテムだと品質の高いものを手に入れられるでしょう。オーガニック製品を購入する前には、何がオーガニックなのかを確認するようしましょう。またオーガニックオイルは植物由来のオイルになり、天然の美容成分などを含んでいるものが多く存在します。また古来から使われているものが多いのも良い点です。

一方、ミネラルオイルは鉱物油、石油系オイルといわれています。代表的な製品にはワセリンやベビーオイルがあります。ミネラルオイルは安価に安定した品質のものを作れるのがメリットです。

オーガニックのボディオイルは目的で選ぼう

ボディオイルはボディクリームと比べて保湿性が高く、伸びが良いのが特徴です。全身にオイルを伸ばしながらマッサージすることで、ボディオイルの有効成分や美容成分が肌に浸透しやすくなります。肌を保湿して乾燥を防いでくれるほか、肌を柔らかくしてくれるはたらきが期待できます。ボディオイルは正しく使えば滑りがよく摩擦が少ないので、敏感肌の人にもおすすめできます。


ボディオイルの種類は用途によってさまざまあります。マッサージ用のボディオイルは、収斂作用のある原料や成分などを含み、エステサロンなどで引き締めやむくみのケアによく使われています。また、肌の乾燥を防いでうるおいを与えてくれる保湿用のボディオイルもあります。そして、香りを楽しむためのものやリラックス効果を期待できるオイルなどもあります。用途によって、ボトルタイプ、スプレータイプ、ロールオンタイプなどさまざまな容器がありますので、それぞれを比べてみるのもおもしろいでしょう。


ボディオイルとしておすすめの種類

ボディオイルに使われる代表的な植物オイルの種類とその特徴を見ていきましょう。

アルガンオイルは、モロッコの過酷な環境下に生えているアルガンから絞ったオイルです。オリーブオイルの4倍~10倍ほどのビタミンEが含まれているため、アンチエイジング効果を期待できるといわれています。高い保湿効果や肌を柔らかくするはたらきがあり、ターンオーバーを正常化やシワの予防を期待する人にも向いています。

ホホバオイルも半砂漠地帯で育つホホバから抽出したオイルです。南カルフォルニアやアリゾナ、メキシコなどの砂漠地帯に多く生えています。そうした性質から、ホホバはとても熱に強いのが特徴です。成分が肌の成分と似ているため浸透力にすぐれており、すべての肌質の人に合います。保湿能力が高く肌を柔らかくするはたらきがあるので、シミやシワの予防、妊娠線対策に向いているでしょう。かぶれやひび割れにも使える万能のオイルです。ヘアケアにも使えます。

ローズヒップオイルは、ローズヒップの木になる果実からとったオイルです。ローズヒップオイルは肌のハリや弾力をアップしシワを予防、肌の再生、保湿、栄養補給などが期待できますが、酸化しやすいという特徴があります。

カレンデュラオイルは、カレンデュラの花をオイルに漬け込んだオイルです。花のオレンジ色はオイルにも溶け出すため、カレンデュラオイルはオレンジ色をしているのが特徴です。オレンジ色の成分はβカロテンで、高い抗酸化作用を期待できます。マイルドで刺激が少なく、傷や炎症の修復、肌トラブルの対応に向いています。

スイートアーモンドオイルは、マッサージで利用される一般的なキャリアオイルのひとつとして知られています。高い保湿作用があり、日焼け肌を鎮めてくれたり、炎症を抑えてくれたりするはたらきがあります。

アボカドオイルはアボカドからとれるオイルです。ネイティブアメリカンはアボカドを食べるだけでなく、スキンケアやボディケアに使っていたといわれています。保湿力が高く、豊富に含まれているビタミンEがシワなどの防止になるほか、細胞の再生を促進してくれる作用が期待できます。肉割れや妊娠線を予防するポイント保湿にも有効です。

オーガニックのボディオイルを選ぶときのコツ

オーガニックのボディオイルを選ぶときのポイントを確認しておきましょう。

指定成分や旧指定成分が少なく純度の高い製品なら、植物の持つ成分の効能を期待できるでしょう。品質に関しては、オーガニック認証をついている製品を選ぶと信頼できます。

成分と同時に大切なのは、目的に応じたものであるかどうかです。自分がどんな目的で使いたいかによって、選ぶべきオイルは変わります。オーガニックのオイルは比較的精製の度合いを抑えてあることが多いので、香りが気になる方は香りもチェックしましょう。また、蓋の形状など目的に応じて使いやすい容器に入っているかどうかもポイントです。

オーガニックのボディオイルで理想の肌を目指そう

これまでオーガニックの植物オイルの特徴やミネラルオイルとの違い、おすすめのオイルの特徴を見てきました。自分の好みや目的に応じてオーガニックのボディオイルを選んでみてください。スキンケアにボディオイルを上手に取り入れられると理想の肌に一歩近づけるでしょう。

関連製品

関連コンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る