お風呂のスキンケア!中と外でできるお手入れのコツ

美しい人はお風呂の時間を有効に活用していたりします。お風呂の中やお風呂から出たあとの時間にもきちんとスキンケアをしているのです。とはいえ、どのようなケアをしたらよいかわからないという人は多いのではないでしょうか。
この記事では、お風呂の中やお風呂上がりのタイミングでできるスキンケアの方法を紹介していきます。お風呂のタイミングできる簡単なスキンケアを今日から取り入れてみましょう。

お風呂の中でスキンケアをするメリット

お風呂の中で行うスキンケアにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、お風呂の中は暖かいということがスキンケアには好条件です。暖かい場所では毛穴が開きます。そのため、強い力でこすらなくても汚れが落ちてくれるのです。

そして、暖かい場所では血行が良くなります。血行がいいうちにスキンケアをすると、スキンケアアイテムの成分が肌に浸透しやすくなるので美肌効果を得やすいでしょう。また、温かいお湯の中は自律神経が整いやすい状態になります。体を温めると肌の荒れやくすみが改善しやすいので、バスタブへの入浴は毎日取り入れたい習慣です。


ケアの面では、温度や湿度が高い浴室では、オイルを伸ばしやすいということが挙げられます。さらに、湿度が高い浴室で香りの良いスキンケア商品を使うと、アロマのリラックス効果も得やすくなると考えられています。

背中は手が届きにくく自分ではチェックしにくい部位ですが、裸になることで普段は見えにくい場所もケアしやすくなるのも、お風呂の中でスキンケアするメリットと言えるでしょう。

お風呂の中でできるスキンケア方法と注意点

お風呂の中でできるスキンケアにはどのようなものがあるのでしょうか。まず考えられるのは入浴剤を使うことでしょう。

温かいお湯は汚れと一緒に古い角質層も落としてくれます。古い角質や皮脂が取れると一時的に角質層に水が入ります。すると、お肌には肌本来の潤いが戻ります。このタイミングでスキンケアをすると、いつも以上にスキンケアの効果が得やすくなるのです。


特に、肌が弱い人は入浴剤を入れて入浴するようにすることが大切です。沸かしたてのお湯は気持ちがいいものですが、水道水に含まれている塩素は肌を刺激してしまうこともあります。入浴剤には塩素を除去できる成分が含まれているものが多いので、肌が敏感な人ほど入浴剤を入れて入るようにしましょう。

肌の刺激となるのは塩素だけではありません。浸透圧も肌の刺激の原因となります。傷があるときに濡れるとしみるのは、真水が人の体よりも浸透圧が低いからです。ところが、人の体と同じ濃度の生理食塩水なら刺激とはなりにくいことが知られています。このとき、保湿成分が入っている入浴剤を選ぶとスキンケア効果も得られやすいでしょう。


お風呂の中ではボディマッサージも有効です。いつも酷使している肩や足などのコリをマッサージでやさしくほぐしてあげましょう。入浴中は体が温まって血行が良くなっているのでボディマッサージの効果も得られやすいのです。

せっかくなら、フェイスパックもしてしまいましょう。 毛穴もしっかりと開いている入浴中は、肌に美容成分が浸透しやすい状態になっています。お風呂中でパックをすれば、しっとりとうるおう、もち肌に近づくことができます。


入浴中は美容効果を得られやすいタイミングではありますが、お湯の温度が高すぎると肌に負担をかけてしまい、かえって乾燥肌を招いてしまうリスクもあります。お湯は38~40℃ぐらいの温めに設定しましょう。

また、お湯に浸かる時間は長いほどいいと思っている人も要注意です。長くお風呂に浸かると肌がふやけてシワシワになってきます。肌がふやけるとバリア機能が低下して、セラミドなどの細胞間脂質が必要以上に流れ出てしまうのです。その結果、乾燥肌につながってしまいます。お風呂に浸かる時間は長くても15分程度にとどめておきましょう。


生活必需品となったスマホですが、お風呂場にも持ち込んでいる人はいないでしょうか。入浴中にスマホを見る習慣がある人は、バスタイムを有効に使えていない可能性があります。

入浴は本来、リラックスするための時間。心が入浴タイムにスマホを見ると交感神経が活発に働いて自律神経が乱れやすくなってしまいます。リラックスすることでスキンケア効果も高まることを考えれば、入浴中のスマホは控えるのが賢明です。


お風呂上がりのスキンケアが重要な理由

水分が肌に残っているお風呂上がりも、マッサージに適したタイミングです。汗をかいたあとは、水分やスキンケア成分の吸収がいい状態になっています。また、お風呂上がりのケアにオイルを使うと水とオイルが混ざって、保水と保湿の効果が高まることもメリットです。


ボディオイルボディクリームを混ぜてつけると、さらに保湿力が高まります。寒い時期は手で少し温めてから塗り広げると、伸びがよくなり肌にもなじむでしょう。乾いた肌にオイルをつけても伸びが悪いので伸びがよいお風呂上がりは、スキンケアにベストなタイミングと言えるかもしれません。

お風呂上がりのスキンケア方法と注意点 

お風呂上がりのスキンケアは重要だからと、脱衣所で長い時間マッサージをしている人もいるかもしれません。しかし、お風呂から上がったら、手早く水分を拭き取ってしまうのが正解です。お風呂上がりは体が濡れているので、しっとりしている気がするでしょう。ところが、体や髪を乾かすのに時間をかけてしまうと乾燥が進んでしまうのです。


ケアをしないで放置していると入浴後20~30分で、肌は入浴前よりも乾燥してしまうといわれています。目安は10分以内と考えておきましょう。

おすすめは、湯気がある浴室にいるあいだに、手早く保湿効果のあるスキンケアアイテムを使うことです。お湯から上がったらすぐに簡単にタオルで水分を拭き取って、ボディオイルなどの保湿アイテムで潤いを閉じ込めてしまいましょう。

そのあとに温かい部屋に移動して、肌に負担をかけないようにやさしくゆっくりとマッサージをします。マッサージの際は、再度、美容液、乳液、クリームなどを使ってケアをすると万全です。


お風呂はスキンケアに欠かせない絶好のタイミング

お風呂の中やお風呂上がりはスキンケアに絶好のタイミングと言えます。普段は忙しくてリラックスできる時間のない人こそ、バスタイムの時間を活かすことが美しくなるための近道です。この記事で紹介した入浴剤やボディオイルなどのスキンケアのアイテムを使って、今日からぜひうるおいのある肌を目指しましょう。

おすすめコンテンツ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

詳しくはこちら
私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む

オイルでメイク落とし!肌に負担をかけない乳化を覚えよう

メイク落としにはさまざまなタイプがあり、それぞれ使い心地などで好みがあるものです。なかでも根強い人気を誇るのが、オイルのメイク落としです。しかし、オイルでなぜメイクを落とせるのか疑問に思ったことは多いのではないでしょうか。
この記事では、オイルでメイク落としができる仕組みや、肌に負担をかけすぎずに効率良くメイク落としができる方法を紹介します。

続きを読む

乾燥肌なのにどうして毛穴が目立つ?タイプ別の原因と対処法

毛穴が目立つケースとしては、過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まっていると考えるのが一般的です。しかし、乾燥肌であっても毛穴が目立つことがあります。この場合、一体どんなお手入れが効果的なのか判断しにくいものではないでしょうか。
そこで、乾燥肌なのに毛穴が目立ってしまう原因を紹介します。乾燥肌に有効な毛穴対策も紹介するので、ぜひ実践して毛穴が目立たない肌を作りましょう。

続きを読む