顔が乾燥しているときの5つの保湿ステップ!アイテム別テクニックをチェック

肌の乾燥が気になるときには、スキンケアアイテムをプラスすることを検討する人は多いでしょう。しかし、どんなアイテムが有効なのか、どんなお手入れが有効となるのかについては良くわからないものではないでしょうか。
また、肌の乾燥対策としては保湿をすることが大切ですが、むやみに保湿をすることが必ずしも効果的とは限りません。そこで、肌の乾燥に有効な保湿のステップについて紹介します。

顔が乾燥しているときの5つの保湿ステップとは?

肌の乾燥は、ターンオーバーの乱れによるバリア機能の低下によって起こります。そのため、肌の乾燥を改善するにはバリア機能を正常に戻すことが大切です。バリア機能を正常な状態に導くためには、肌の奥まで水分を補って油分で蓋をして十分な保湿をする必要があります。十分な保湿をするのは、外的な刺激から肌を守るのに役立ちます。

バリア機能の低下に有効となる保湿は、スキンケアでサポートすることができます。適切なスキンケアをすることで、十分な保湿ケアをしてバリア機能を高めることができるのです。


スキンケアでは基本の4つのステップを踏むことが欠かせません。クレンジングを含む洗顔化粧水美容液クリームオイルで構成される4つのステップにはそれぞれに役割があり、どれを欠かしても乾燥の改善は見込めません。

そして洗顔後にブースターを挟むことで、スキンケアの効果をさらに高めることができます。そこで、これからステップごとの役割は使い方のポイントを紹介します。乾燥肌を改善するために、計5つのステップを理解して実践していきましょう。

顔が乾燥しているときの保湿ステップ1:クレンジング・洗顔

クレンジングでは、ポイントメイクを先に落としてから全体的なメイクを落とします。肌への負担をなるべく軽減するためには、メイクの量に合わせて必要なだけクレンジングを行いましょう。クレンジング製品には油分が含まれていることが多いため、温めてから使うと効率的です。

メイクの拭き取りシートは、肌をこすって摩擦を起こしやすいので、肌が乾燥しているときには使用を控えましょう。クレンジングが終わって顔を洗う際は、冷水や熱いお湯ではなくぬるま湯を使います。肌への刺激を極力抑えるためには、水の温度も重要なポイントです。


洗顔では、洗顔料をしっかり泡立てて、肌をこすらないように洗うことがポイントです。これはクレンジングでも顔を拭くときやスキンケアアイテムをつけるときにも共通して言えることなので、頭に入れておきましょう。顔を洗う際は、Tゾーン、頬、目元や口元の順番で洗います。皮脂などの汚れが溜まりやすい部分から洗うことで、効率的な洗顔が可能になります。

クレンジングと洗顔は長い時間をかけず、短時間で済ませることもポイントです。また、顔を洗っても汚れや皮脂が残っている感じがすることがありますが、何度もクレンジングや洗顔をするのは良くありません。1度のクレンジングと洗顔で、汚れや皮脂をしっかりと落とせるようにしましょう。


顔が乾燥しているときの保湿ステップ2:ブースターオイル

洗顔が終わったら、化粧水をつける前にブースターオイルを使用します。化粧水の前のタイミングで肌につけることで、角質がやわらかくなり、化粧水の浸透力をアップさせてくれます。これによって、化粧水の水分は効率的に肌の奥へ届くことになります。また、先にブースターオイルをつけることで化粧水が蒸発しにくくなるというメリットもあります。乾燥が気になる場合には、保湿をしっかりサポートしてくれるブースターオイルの存在が欠かせません。


ブースターオイルの使い方は、3~5滴を手にとって広げてから顔全体になじませるだけです。高い効果を得ようと考えてたくさん塗ってもあまり意味がないため、3~5滴の適量を守って使いましょう。ブースターオイルにはさまざまなものがありますが、保湿性の高いアルガンオイルがおすすめです。保湿力を上げるための大切なステップなので、ぜひ取り入れていきましょう。


顔が乾燥しているときの保湿ステップ3:化粧水

ブースターオイルの次のステップは、化粧水です。化粧水は肌に水分を補うためのケアとなりますが、ブースターオイルをなじませたあとに使うことで肌に浸透しやすくなります。オイルがなじんで落ち着いたら、適量を2~3回にわけてやさしく肌になじませていきましょう。肌に押し込めるイメージで使っていくと効果的です。


化粧水は自分の肌質に合ったものを選びますが、さっぱりタイプやニキビ肌タイプなどの化粧水は肌が乾燥しやすいので注意が必要です。乾燥しているときには保湿効果の高い化粧水が有効となるため、高保湿成分などが配合されているものを選ぶと効果的です。また、肌に刺激となりやすい成分は控えるように心がけます。たとえば、アルコールやビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノン、香料などに注意して成分表示をチェックしましょう。ただし、成分をチェックしてもそれだけでは自分の肌に合うかどうかはわかりません。特に、肌が乾燥していて敏感な状態となっているときに新しい化粧水を使う場合はパッチテストを行うと安心です。


顔が乾燥しているときの保湿ステップ4:美容液

美容液は、保湿成分や美容成分などの有用成分を濃縮して配合している化粧品です。そのため、肌の悩みに合わせてピンポイントで効果的なアプローチを見込めます。乾燥やアンチエイジング、シミやそばかすなどの悩みに有効な成分が肌の角質層まで届くことで、効率的にケアができるのです。また、化粧水の場合は肌に水分を補うことが目的ですが、美容液は肌の水分を保持するという役割も担っています。化粧水のあとに美容液を使って水分保持し、その後に使うクリームによって水分の蒸発を防ぎます。


美容液選びでは、自分の悩みや目的に合わせることが一般的なため、顔が乾燥している場合は保湿のための美容液を選びましょう。保湿に向いている有効成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどが挙げられます。こうした成分を多く含む市販の美容液を選べば、それだけ肌が水分を保持しやすくなることが期待できます。有効成分が多いとそれだけ美容液は高価になりがちですが、だからといって毎回少量ずつしか使わないと美容液本来の効果は得られません。美容液は使用量を守って使うことで、初めて肌にとって良い働きをしてくれます。コスパの面もしっかり考慮して長く続けられるものを選ぶようにしましょう。


顔が乾燥しているときの保湿ステップ5:オイル・クリーム

最後のステップは、オイルクリームです。これらのアイテムは、化粧水や美容液によって肌に保持した水分や有効成分を蒸発させないために使います。オイルクリームに含まれる油分によって、肌に蓋をして水分をキープしやすくなります。また、油分を補給することで外的刺激から肌を保護することにもつながります。市販品のなかには、水分の蒸発を防ぐだけでなく有効成分を肌に届けてくれるオイルクリームもあります。この役割も果たしてくれるのならば、オイルクリームはスキンケアで有効な働きをすると言えるでしょう。オイルクリームは、目もとや口もとなどの乾燥しやすい部分には重ね付けすると効果的です。

顔が乾燥しているときは5つの保湿ステップを意識してみて

顔が乾燥しているときは、5つのステップで対策しましょう。それぞれのステップに注意を払い、ポイントをおさえてケアすることで、乾燥を予防したりやわらげたりすることができます。

5つのステップにおいて細かいポイントをたくさん挙げましたが、簡単に実践できるものばかりではないでしょうか。一つひとつのステップをていねいに積み重ねることで、効率的な乾燥対策ができるはずです。

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

約30年、アルガンを研究し続けたメルヴィータ。アルガンの力を凝縮にしたパワフルなフェイスクリームでメリハリある理想的な「立体素肌」へ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

続きを見る

間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

続きを見る

乾燥が気になる目元!陥りがちなトラブルとスキンケア方法

20代まではどんなケアをしていてもそれほどトラブルを感じなかったのに、30代に差し掛かると「小ジワ」「たるみ」「くすみ」などの悩みを持つ人が増えてきます。特に皮膚の薄い目元は乾燥しやすいため、トラブルが気になるパーツです。 目元のトラブルが起きてしまう原因と対策、そして普段のスキンケアの方法を見ていきましょう。

続きを見る