フェイスオイルの使い方!使う順序や注意点をチェックしよう

フェイスオイルにはさまざまな製品があり、いざ使ってみたいと思っても選び方に困ってしまいがちです。また、どうやってスキンケアに組み込めば良いのかについても悩むものです。
この記事では、フェイスオイルを選ぶためのポイントと使い方を紹介します。フェイスオイルについての知識を深めて、自分に合った使い方をしていきましょう。

フェイスオイルの種類と役割

オイルにはさまざまな種類がありますが、大きく3つに分類することができます。顔専用として作られているオイル、顔やボディの両方に使えるオイル、そして特に使用用途の表示がないオイルです。フェイスオイルとして使うのならば、顔専用のオイルか顔やボディの両方に使えるオイルを選ぶと良いでしょう。


フェイスオイルの役割は、化粧水だけではできない部分をカバーすることにあります。化粧水の役割は、主に肌に水分を補うことです。しかし、いくら水分を補ったとしても肌がその水分を保持できる状態でなければ保湿したことにはなりません。フェイスオイルの役割には、この保湿のためのものが多くあるのです。まずは、水分が蒸発するのを防ぐことが挙げられます。フェイスオイルは油分で、水分を補った肌に蓋をすることができるのです。


また、外的刺激から肌を守るという役割も担っています。フェイスオイルによって肌表面には薄い油分の膜ができるため、何もない状態に比べると外的刺激と受けにくくなるのです。

さらに、水分が肌に浸透しやすいように角質層へ働きかけるという役割もあります。フェイスオイルを顔につけることで、肌をやわらかくして水分が浸透しやすい状態を作ってくれます。このように、フェイスオイルは保湿において重要な役割をいくつも果たしているのです。


フェイスオイルの使い方!顔のスキンケアアイテムとしておすすめ

スキンケアにフェイスオイルを取り入れる場合、主に4つの使い方が挙げられます。どの使い方でもスキンケアの効果を上げやすくなるので、自分に合った方法を選んで採用していきましょう。


まず紹介するのは、フェイスオイルをブースターとして使用する方法です。ブースターとは、その後に使用するスキンケアアイテムを浸透しやすくするためのものです。導入美容液とも呼ばれ、主に化粧水をつける前に使用します。洗顔後の肌に直接つけることで、肌をやわらかくしてブースター効果を得ることができるのです。

フェイスオイルは油分であるため、ブースターとして使うとその後に使う化粧水の水分を弾いてしまうと考える人も多いですが、実際にはそんなことはありません。肌がやわらかくなるので、水分はより浸透しやすくなるのです。いつものスキンケアアイテムを変えずにフェイスオイルを足すだけで良いので、手軽で有効な使い方と言えるでしょう。


次に紹介するのは、保湿アイテムとして使う方法です。フェイスオイルには、保湿のための役割もたくさん含まれているため、水分保持のためのアイテムとしても有効です。保湿アイテムとして使うのならば、化粧水の後のタイミングで使用しましょう。そして、フェイスオイルをつけたあとに美容液をつけると効果的です。

フェイスオイルは単体で使う以外にも、化粧水や美容液に混ぜて使う方法があります。適量の化粧水や美容液を手のひらにとり、そこに数滴のフェイスオイルを加えます。軽く混ぜ合わせたら、オリジナルのスキンケアアイテムが完成します。フェイスオイルが苦手という人でも、この使い方ならばハードルも低いのではないでしょうか。


さらに、マッサージアイテムとして使う方法もあります。フェイスオイルを顔に塗ってマッサージをすることで、肌への摩擦を軽減しつつ保湿ケアをすることが可能となります。お風呂の中でもマッサージができるので、時間があるときに取り入れていくのも良さそうです。


フェイスオイルの使い方!ヘア・ハンドケアに使うのもおすすめ

フェイスオイルとして使えるオイルは顔以外の部位に使用しても効果的です。ヘアケアとして使用する場合には、主に頭皮のケアアイテムとして役立ちます。頭皮は顔と同様に、水分と油分のバランスがとても大切です。頭皮がしっかり保湿されていて健康な状態であれば、健康な髪が生えやすいとも言えるのです。そこで、頭皮を中心にフェイスオイルを塗っていくと良いでしょう。


また、ハンドケアとしてもフェイスオイルが活用できます。意外と相手から見られている部位となるため、顔と並行してしっかりとスキンケアをしていきたいものです。さまざまなものに触れて乾燥しがちな手でも、フェイスオイルならばしっかり保湿してきれいな手を目指すことが可能です。数滴を手にまんべんなく塗り、肌になじませるだけなのでケアが簡単なこともメリットと言えます。

さらに、ネイルオイルの代わりに塗ればネイルケアをすることも可能です。こちらも爪に塗るだけと至ってシンプルな使い方なので、フェイスオイルは1本あればあらゆる部位のケアができると言えるのです。


フェイスオイルの使い方!注意することとは?

とても便利なフェイスオイルですが、いくつか注意したいことがあります。保管上の注意点としては、寒い場所に置かないことです。フェイスオイルは温度が低くなると固まってしまうことがあるため、なるべく温かい場所で保管しておきましょう。万が一固まってしまった場合には、温めることで元の状態に戻すことができます。

また、フェイスオイルにはそれぞれ使用量の目安が記載されています。多く使えばそれだけ良い効果が得られるというものではないため、使用量はしっかり守って使うことも大切です。


フェイスオイルの種類によっては、日中に使用するとくすみやシミの原因となってしまうものがあります。グレープシードオイルやローズウッドオイル、馬油、亜麻仁油などがこれに該当しますが、これらを選ぶ場合には夜のみの使用にするように心がけましょう。

また、肌質は人それぞれで違うため、なかには肌に合わないフェイスオイルがあるかもしれません。肌トラブルを避けるためにも、事前にパッチテストを行ってから使ったほうが安心です。それでも肌に異常が出てしまった場合には、すぐに使用を中止することも忘れないでおきましょう。肌の状態が改善しない場合には、医療機関で診察を受けることも大切です。フェイスオイルを安全に使うために、注意点を念頭において正しく活用していきましょう。


フェイスオイルは使い方がたくさん!フル活用してうるおい肌になろう

顔に使うためのオイルならば、顔用のオイルか顔やボディ兼用で使えるものを選ぶのがおすすめです。特に、フェイスオイルならば顔はもちろん、ヘアケアやハンドケアとしても広く活用できます。部位に合わせてケアアイテムを買い揃える必要がないため、とてもありがたいアイテムです。

ただし、フェイスオイルは注意点をしっかりと守って安全に使うことも大切です。自分の悩みに合わせて、より効果的にフェイスオイルを活用していきましょう。

関連製品

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む

オイルでメイク落とし!肌に負担をかけない乳化を覚えよう

メイク落としにはさまざまなタイプがあり、それぞれ使い心地などで好みがあるものです。なかでも根強い人気を誇るのが、オイルのメイク落としです。しかし、オイルでなぜメイクを落とせるのか疑問に思ったことは多いのではないでしょうか。
この記事では、オイルでメイク落としができる仕組みや、肌に負担をかけすぎずに効率良くメイク落としができる方法を紹介します。

続きを読む

乾燥肌なのにどうして毛穴が目立つ?タイプ別の原因と対処法

毛穴が目立つケースとしては、過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まっていると考えるのが一般的です。しかし、乾燥肌であっても毛穴が目立つことがあります。この場合、一体どんなお手入れが効果的なのか判断しにくいものではないでしょうか。
そこで、乾燥肌なのに毛穴が目立ってしまう原因を紹介します。乾燥肌に有効な毛穴対策も紹介するので、ぜひ実践して毛穴が目立たない肌を作りましょう。

続きを読む