乾燥肌なのにどうして毛穴が目立つ?タイプ別の原因と対処法

毛穴が目立つケースとしては、過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まっていると考えるのが一般的です。しかし、乾燥肌であっても毛穴が目立つことがあります。この場合、一体どんなお手入れが効果的なのか判断しにくいものではないでしょうか。
そこで、乾燥肌なのに毛穴が目立ってしまう原因を紹介します。乾燥肌に有効な毛穴対策も紹介するので、ぜひ実践して毛穴が目立たない肌を作りましょう。

乾燥肌でも毛穴が目立つ2つの原因

乾燥肌で毛穴が目立つ場合には、2つの原因が考えられます。1つ目は、毛穴のたるみです。肌の水分保持力が低下すると、肌はハリを失ってたるんでしまいます。また、筋肉が衰えてしまうことで肌を支えきれなくなり、肌がたるんでしまうこともあります。加齢に伴いこれらの症状は起こりやすくなるため、肌も乾燥しやすくなると言えるでしょう。そして、肌がたるむと同時に毛穴が広がってしまい目立ってしまうのです。


2つ目の原因は、毛穴の詰まりです。肌が乾燥しているということは、肌の水分量が少ないほかに肌のバリア機能が低下していることが考えられます。こうした状況になると、肌は自己防衛機能が働くことになります。皮脂を多く分泌させ、水分を保持しつつバリア機能を高めようとするのです。しかし、皮脂が多く分泌されると毛穴が詰まりやすくなってしまいます。そして、過剰分泌となった皮脂が毛穴に詰まると毛穴が目立つ結果となってしまうのです。


毛穴に悩む乾燥肌のための洗顔・クレンジング方法

乾燥肌で毛穴にも悩んでいる場合には、洗顔やクレンジングの方法から見直してみましょう。洗顔とクレンジングはお手入れの基本となるので、きちんと効果的に行う必要があるのです。洗顔料やクレンジングは、メイク汚れや角栓がしっかりと落とせるものを選んで使います。汚れが落としきれずに残ってしまうと、乾燥は進んでしまううえに毛穴がどんどん目立ってしまうためです。クレンジングは、汚れが落ちやすいオイルタイプを選ぶと有効です。


オイルでゆっくりていねいにクレンジングをすると、毛穴がゆるんで角栓がスルッと取れやすくなります。メイク汚れもしっかり落とせるので、肌に合うオイルを選びましょう。クレンジングが完了したら、洗顔料をよく泡立てて使っていきます。クレンジングでも洗顔でも、肌をなるべくこすらないようにすることが大切なポイントです。肌をこすって刺激を与えてしまうと乾燥しやすくなってしまうため、なるべく肌の負担にならないように配慮しましょう。


毛穴に悩む乾燥肌のためのスキンケア方法

クレンジングと洗顔ができたら、スキンケアを行います。ここでは、乾燥して硬くなってしまった角質をしっかり潤すことが大切なポイントです。そのために、洗顔後には時間を空けずに、すぐにスキンケアを行っていきましょう。洗顔後の肌はとても乾燥しているため、なるべく早いタイミングで保湿ケアをする必要があるのです。


化粧水で肌に十分な水分を補います。洗顔後、化粧水の前にアルガンオイルシェイクオイルなどブースターオイルとして使い、それから次に化粧水を使うと肌がやわらかくなり、化粧水の浸透が高まります。そして、保湿効果のあるアイテムとして美容液クリームオイルを使用します。化粧水だけのスキンケアでは、せっかく水分を補ってもすぐに水分が蒸発してしまうためです。保湿効果のあるアイテムをしっかり使用することで、水分を肌の中に留めておくことができるのです。これらのスキンケアアイテムを、ていねいにやさしく肌につけていきましょう。このとき、サッとつけるだけではなく顔の細かい部分まで入念にケアすることが大切です。乾燥肌である場合には、特にこの手厚い保湿ケアが重要となります。


毛穴に悩む乾燥肌のためのメイク方法

乾燥肌でありながら毛穴にも悩んでいる人は、メイクでの悩みもあることでしょう。メイクでは、基礎となる下地をつけることが大きなポイントといえます。ファンデーションをつける前にしっかりと下地をつけることで、メイクの土台を整えることができるのです。下地によって肌の凹凸が少なくなるため、毛穴が目立ちにくいメイクに仕上げることが可能です。皮脂が多く出やすい小鼻には、部分用下地を使うと効果的です。下地の上にのせるファンデーションは、リキッドタイプが良いでしょう。リキッドファンデーションならば、毛穴をカバーしつつ薄付きに仕上げることができます。また、リキッドファンデーションは油分を含むため、乾燥肌の対策としても有効です。


日中毛穴のベタつきやテカリが気になってきた場合には、ティッシュを使いましょう。この場合、あぶら取り紙を使いたくなるものですが、乾燥肌の人があぶら取り紙を使うと皮脂を取りすぎてしまう可能性があるので避けたほうが安心です。ティッシュを気になる部分にのせて、軽くおさえて不要な皮脂だけを取り除くようにします。これによってメイクが崩れてしまった場合には、ミスト化粧水などで保湿をしてからパウダーファンデーションを使ってメイク直しをするときれいに仕上がります。


乾燥肌の人の毛穴に関する注意点

一番の注意点は、クレンジングや洗顔、スキンケア、メイクのすべてにおいて肌をゴシゴシとこすらないことです。ゴシゴシとこすってしまうと、それだけで肌に負担をかけてしまい乾燥が助長されてしまうのです。なるべく肌に触れないように、やさしくていねいなケアを心がけましょう。そして、肌がなるべく乾燥しないような環境づくりも欠かせません。どんなに念入りにケアをしていても、乾燥しやすい環境に身を置いていては、乾燥肌は改善しないのです。エアコンや紫外線による乾燥をできる限り軽減するような工夫をして、肌を乾燥から守るように努めましょう。


また、毛穴は通常黒っぽくなり目立ってしまうものですが、赤く目立ってしまう場合には炎症が疑われます。炎症が起こっている場合のセルフケアは危険なので、この場合は皮膚科を受診することがおすすめです。勝手な自己判断をするとさらなる肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあるため、なるべく早めに専門家の意見を聞くようにしましょう。


乾燥肌でも毛穴対策は必要!毛穴を意識したケアをしよう

乾燥肌で毛穴が目立ってしまうのは、たるみが原因である場合と毛穴の詰まりが原因である場合の2つが考えられます。この2つに共通することは、肌の乾燥がそもそもの原因であるということです。そのため、毛穴が目立ってしまうのは乾燥肌であることも大きく影響していると言えるのです。

クレンジングや洗顔で汚れをしっかりと落とし、スキンケアで十分に保湿をする乾燥対策は毛穴対策にもつながります。適切なスキンケアやメイクで、乾燥肌と毛穴の悩みを改善していきましょう。

おすすめコンテンツ

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら
白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら
白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

続きを見る

間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

続きを見る

乾燥が気になる目元!陥りがちなトラブルとスキンケア方法

20代まではどんなケアをしていてもそれほどトラブルを感じなかったのに、30代に差し掛かると「小ジワ」「たるみ」「くすみ」などの悩みを持つ人が増えてきます。特に皮膚の薄い目元は乾燥しやすいため、トラブルが気になるパーツです。 目元のトラブルが起きてしまう原因と対策、そして普段のスキンケアの方法を見ていきましょう。

続きを見る