オイルでメイク落とし!肌に負担をかけない乳化を覚えよう

メイク落としにはさまざまなタイプがあり、それぞれ使い心地などで好みがあるものです。なかでも根強い人気を誇るのが、オイルのメイク落としです。しかし、オイルでなぜメイクを落とせるのか疑問に思ったことは多いのではないでしょうか。
この記事では、オイルでメイク落としができる仕組みや、肌に負担をかけすぎずに効率良くメイク落としができる方法を紹介します。

オイルでメイク落としができる仕組み

オイルでメイクを落とせるのは、メイクそのものが油性だからです。顔は汗や涙などによって水分の影響を受けやすい部位であるため、水を主成分とした化粧品でメイクをしてもすぐに落ちてしまう可能性があります。そのため、化粧品は水を弾く性質のある油分を主成分としているのです。しかし、油性の汚れを水分で落とすのは困難です。油汚れを落とすためには洗剤が必要であるように、メイクも水だけでは落としにくいため同じ油性のアイテムを使う必要があります。


ここで活躍するのが、クレンジングオイルです。オイルは油性であるため、メイクの汚れを浮かすことができるのです。また、オイルのクレンジングはメイクをより落としやすくするために、化粧品より多くの油分を含んでいます。これによって、ウォータープルーフ化粧品のように油分が多めのメイクでも落とすことができるのです。ただし、オイルでできるのはメイクを浮かせるということだけです。

浮いたメイク汚れを落とすためには、オイルでのクレンジング後の洗顔が欠かせません。このときも、水だけで行うのではなく洗顔料を使うことが大切です。浮かせたとはいえ、オイルもメイク汚れも油性なので水だけでは十分に落としきれないのです。オイルでのクレンジングはメイクを落としやすいですが、クレンジング後にしっかり洗顔することも大切なポイントと言えます。


クレンジングオイルを使ったメイク落としの方法と順番

オイルを使ったメイク落としは、適切な方法で行うことが大切です。使い方のなかでも特に重要なのが、メイク落としの順番です。

毎日何気なく行っているメイク落としですが、今日からはクレンジングオイルの使い方を意識して進めましょう。オイルでのメイク落としでは、最初に手をきれいに洗います。手はさまざまな汚れを溜め込みやすい部位なので、きれいな状態にしてオイルを効果的に使える状態にしておく必要があるのです。

また、洗ったあとは手を拭くなどして乾いた状態にしておきます。手を洗ってメイクを落とす準備ができたら、ポイントメイクを先に落としましょう。アイメイクや口紅などを専用のアイテムで落として、全体的なメイク落としがしやすい状態を作ります。ポイントメイクを落としたら、再度手を洗って乾かしておくこともポイントです。


次に、オイルを適量乾いた手の平にとります。手にとったオイルはすぐに顔につけ、肌の上に伸ばします。このとき、最初にTゾーンにオイルをのせて徐々に全体になじませていくと効果的です。Tゾーンは特に皮脂が多く分泌されがちなので、オイルをしっかりとなじませましょう。全体的にオイルがなじんだら、オイルを乳化させてメイクを浮かせます。これをぬるま湯で洗い流して、洗顔料で洗顔すればメイク落としは完了です。


オイルを使ったメイク落としは乳化が決め手

オイルを使ってメイクを落とす場合、乳化というプロセスがとても重要となります。乳化とは、水分と油分が混ざり合い白く濁る現象のことです。乳化が起こるとメイク汚れが肌から離れやすくなり、メイク汚れは少ない力で浮きやすくなるのです。ゴシゴシとこすらなくても、乳化を利用すればメイクを簡単に落とすことができるのです。こうして肌をこすらないでメイクが落とせれば、肌への負担を減らすことにもつながります。

さらに、乳化することですすぎの回数を減らすことができるので、早くメイクが落とせるというメリットもあります。すすぎでも肌には負担がかかるので、乳化することは肌に負担をかけにくいメイク落としのポイントと言えるのです。


乳化を効果的に利用するためには、肌につけたオイルを濡れた手でなじませていくと良いでしょう。顔に直接水をかけてしまうと乳化を起こすまでもなくオイルが落ちてしまうため、濡れた手で少しずつ乳化させると効果的なのです。何度か手を濡らして乳化させることで、より早くしっかりとメイクを落とすことができます。

オイルをメイク落としに使うときの注意点

メイク落としの方法でも紹介しましたが、オイルでメイクを落とす際にはまずは乾いた手で行うことが重要なポイントです。手が濡れていると顔にオイルをつける前に乳化が始まってしまうため、必ず手を乾かしてからメイク落としをしましょう。また、顔についても同様です。顔が濡れていると乳化がうまく行われなくなるため、オイルの効果が薄れてしまいます。ポイントメイクを落としたあとは、一度顔を拭くことを忘れないでおきましょう。また、メイクを一気に全て洗おうとすると時間がかかってしまううえに、肌に負担をかけてしまいます。必ずポイントメイクを先に落とし、それからオイルを使うことも大切です。


オイルをつけたら、肌をごしごしとこすらないようにしてメイクを落とします。たとえ自分の手だったとしても、肌をこすることは刺激となるからです。そこで、やさしくなでるイメージで行うことを心がけると効果的となります。やさしくなでるだけでも、乳化は効果的に進みます。オイルだけの力でメイクを落とそうとせず、乳化を上手に使っていくことも頭に入れておきましょう。

肌への負担を軽くするため、ぬるま湯で洗い流すことも忘れてはいけません。熱いお湯ならば一気にオイルを落とせるような気がしますが、熱いお湯は肌に大きな刺激となります。肌への負担が大きければ、それだけ肌に負担をかけてしまうので注意が必要です。このようにオイルを使えば、肌に負担をかけにくいメイク落としができるのです。


メイク落としにはオイルがおすすめ!肌に負担をかけない方法ですっきり落とそう

油性であるメイク汚れには、同じく油性であるオイルの使用が効果的です。しかし、オイルはメイクを浮かせることが主な役割なので、しっかり洗顔することも大切となります。

また、オイルでのメイク落としでは乳化させることが重要なポイントです。肌への負担を減らすためにも、しっかりとオイルを乳化させてやさしくメイクを落としましょう。

おすすめコンテンツ

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら
白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら

おすすめ記事

脂性肌は洗いすぎると悪化する!適切な洗顔で皮脂の過剰分泌を抑えよう

脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多く肌のベタつきやテカリが気になるでしょう。そこで、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、一日に何度も洗顔したりするなどして皮脂を抑えようとするのです。
ところが、皮脂を取りすぎるケアを続けてしまうと、逆に皮脂の過剰分泌を促してしまいます。適切な洗顔を学ぶことが、脂性肌を改善する第一歩です。
ここでは、脂性肌向けの適切な洗顔方法について詳しく解説していきます。

続きを見る

顔のかさつきが気になる!乾燥肌の適切な対策を知っておこう

乾燥肌は深刻な肌トラブルのサインです。乾燥の気になる季節に、化粧のノリが悪くなったりハリがなくなったりと、肌の調子に不安を感じている人は多いのではないでしょうか。若いころは季節ごとの肌の悩みとして片づけられがちですが、乾燥肌を放っておくと慢性化してしまいます。手遅れになる前に早めの対処をしておきましょう。
そこで今回は、乾燥肌になってしまう原因や適切なケア方法のポイントについて紹介します。

続きを見る

粉吹き肌の原因や対策は?日ごろのケアでカサカサ防止!

肌は水分量が多ければ健康的に見えますが、水分量が減って乾燥すればするほど肌トラブルが起きやすくなってしまいます。特に肌の乾燥がひどくなると、粉吹き肌になってしまうことがあるのです。粉吹き肌は見栄えがよくなく、何かと悩みの種となるトラブルです。ここでは、そんな粉吹き肌の原因や対策について説明していきます。

続きを見る