コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

コンディショナーで得られる3つの効果

コンディショナーは、シャンプー後のケアとしては基本的なアイテムです。そんなコンディショナーを使うことには、3つの効果が期待できます。


1つ目は、シャンプーによって失われた油分を補うということです。髪の健康を維持するためには、水分と油分がバランスよく含まれている必要があります。しかし、シャンプーをすることで頭皮の汚れや皮脂とともに髪に必要な油分も落ちてしまうためコンディショナーで油分を補うのです。こうして、髪は水分と油分のバランスを維持することができます。


2つ目は、コンディショナーに含まれている有効成分によって髪の表面をコーディングするということです。髪の表面はキューティクルで包まれていますが、これは外的な刺激などですぐに壊れてしまいます。これを放っておくと髪が傷む原因となるため、表面をコーティングしてキューティクルを守る必要があるのです。


3つ目は、髪のコンディションを整える効果です。髪も、肌などと同様に日々コンディションが変わります。美しい髪を保つには、コンディショナーの保湿効果が欠かせません。これら3つの効果によって、コンディショナーは髪の健康を守ります。


コンディショナーとリンスの違い

リンスは、まだ技術が発達していない時代のシャンプーに合わせて作られました。当時のシャンプーは洗浄力に優れているとは言えず、髪の健康に効果的な成分もそれほど多くは含んでいませんでした。そんなシャンプーに合わせるリンスの特徴は、すすぎやすいという点にあります。

しかし、現代ではどんどんとシャンプーの品質が改良され、リンスの役割とされていた「すすぎやすさ」はあまり求められなくなりました。そのうえ、保湿成分はリンスよりもコンディショナーのほうが多い傾向にあります。保湿成分が多いぶん、コンディショナーは髪のコンディションを整えられるといわれています。こうした理由から、リンスよりもコンディショナーを選ぶ人が多くなっているのです。

コンディショナーとトリートメントの違い

トリートメントは、髪内部の補修を目的としたヘアケア製品です。コンディショナーは髪表面の補修とコーティングが目的なので、両者は使用用途が全く異なります。

トリートメントの特徴は、コンディショナーの役割である髪表面のコーディングには特化していないということです。あくまでも髪内部の補修が目的のため、髪表面を守る働きはあまり期待できないのです。とはいっても、表面がコーティングされていなければ髪は傷みやすい状態です。そこで、トリートメントは内部補修、コンディショナーは表面のコーティングのためと使い分けると効果的です。

内部補修を目的とするトリートメントは、週に1回程度の使用がいいでしょう。こうして、定期的に髪内部のケアも行っていくと髪を美しく保ちやすくなります。

コンディショナーを効果的に使う方法

シャンプー後のケアでは、コンディショナーを使うことが基本です。しかし、いくらコンディショナーを使用していても洗い方が適切でないと、髪にとってよくない影響を及ぼしてしまうおそれがあります。そこで、コンディショナーを効果的に使う方法をチェックしておきましょう。


コンディショナーを効果的に使うためには、まずシャンプーをきちんと使うことが大切なポイントになります。シャンプーを付ける前には、シャワーの水のみでしっかりと頭皮を余洗いしておきましょう。これによって頭皮の汚れがある程度落ちるため、シャンプーが頭皮へ効果的に働きかけることができます。シャンプーを付けたら爪を立てないように気をつけながら、指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。洗い終えたら、流し残しがないようにシャワーでしっかりすすぎましょう。


シャンプーが済んだら、軽くタオルドライをします。タオルドライは、タオルを髪に押し当てるようにして使い、ゴシゴシとこすらないように行うのが基本です。軽く水気が取れたら、コンディショナーの出番です。コンディショナーは頭皮に付着させず、髪の毛のみに付けることがポイントです。髪の長さに合わせて、適量を2~3回に分けて付けていきましょう。髪全体に付けたら、シャワーで流します。このとき、流し残しがないように十分な水でしっかりとすすぐことが大切です。コンディショナーを効果的に使うためには、この手順を守りましょう。


シャンプーコンディショナーは、基本的に毎日行うといいでしょう。しかし、週に1回は髪の内部補修のためにトリートメントも使用したいものです。ただし、トリートメントはコンディショナーの代わりになるものではないのでコンディショナーと併用するようにします。併用する場合は、シャンプーのあとにトリートメントを使用し、最後にコンディショナーを使います。コンディショナーは髪の表面をコーティングするため、ケアの最後に使うことが基本となるのです。こうして髪の内部補修と表面コーディングを効果的に行い、髪の健康を維持していきましょう。

コンディショナーを効果的に使って毎日髪をケアしよう

髪の毛や頭皮には、日々皮脂や汚れが溜まってしまいます。シャンプーはこうした汚れを落とすために必要ですが、同時に油分を必要以上に取り除いてしまうという難点があります。髪を清潔に保つために欠かせないシャンプーですが、髪の健康のためには油分を補給することも欠かせないのです。そこで、コンディショナーを毎日使って髪のコンディションを整えると効果的です。


コンディショナーにはシャンプーによって不足した油分を補給してくれるので、髪をいい状態へと導いてくれる効果を期待できます。また、髪の表面をコーティングする役割があるため髪を保護することにもつながります。シャンプーのあとに適切に使うことで、頭皮の負担を軽減して髪の傷みを防ぐことができるのです。コンディショナーの特性を理解し、トリートメントも適度に取り入れて健康な髪をキープしましょう。

おすすめコンテンツ

髪に、赤のオイル。インディゴオイルヘアケア

髪に、赤のオイル。インディゴオイルヘアケア

古くから民間療法にも使われてきた"インディゴ"。メルヴィータ独自のインディゴオイルで、クレンズ&チャージ!髪の質感を改善し透明感のあるツヤ髪へ!

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

大人の女性が毎日のスキンケアで欠かしたくないこと5つ

すこやかで美しい肌は毎日のスキンケアで作られていきます。「もっとスキンケアに時間をかけることができたら」と考えるものの、忙しくて十分な時間が取れないのが現状ではないでしょうか。
30代前後はシミやくすみといった肌悩みが起こりやすい時期ですが、適切なスキンケアができれば肌トラブルを和らげることができます。ここでは、大人女性が忙しくても毎日欠かさないようにしたい基本のスキンケアについて紹介します。

続きを見る

若い頃と同じお手入れ?大人の女性が心がけたいスキンケアの注意点

しっかりスキンケアをしているのに肌の乾燥が気になるのは、ケアのやり方が誤っているのかもしれません。特に30代前後は肌の変化を感じやすい時期です。年齢とともに肌も変化していき、今まで気にならなかった肌の悩みが出てくることがあります。
そこで、肌状態に合ったスキンケア製品を選び、適切なやり方でケアすることが大切になります。ここでは、30代前後の女性がスキンケアを行うときの注意点について解説していきます。

続きを見る

大人の肌は乾燥しやすい!メイク落としの使い方

スキンケアのなかでも、メイク落としはとても重要です。それは、肌にメイクが残っているとスキンケアの効果が半減するからです。さらには、くすみやシワ、ニキビといった肌トラブルの原因にもなりえます。
しかし、メイクをしっかりと落とそうとすると肌の乾燥が気になるという人が少なくありません。メイクをしっかり落とそうとすると、肌のうるおいまで奪ってしまうからです。
ここでは、メイクをしっかりと落としつつ肌を乾燥から守るメイク落としの使い方について、解説していきます。

続きを見る