オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

化粧水がべたつく!?オイリー肌の特徴

オイリー肌とは皮脂の分泌量が過剰になっている状態です。オイリー肌と一口にいっても、皮脂量と水分量ともに多い状態もあれば、皮脂量は多いのに水分量が少ないタイプもあります。後者のような肌質のことをオイリードライ肌やインナードライ肌と呼ぶこともあります。

オイリー肌に悩まされている人の中には、肌の水分不足を自覚していないケースも多いのです。適切なケアを行うためには、自分の肌状態を正確に把握することが重要です。また、皮脂分泌量が多い部分とかさつく部分の差が顕著になってくると混合肌と呼ばれる肌タイプになります。

オイリー肌の原因とは

肌質は遺伝的要素だけで決まるわけではありません。オイリー肌を引き起こす原因をみていきます。主に、生活習慣の乱れや誤ったスキンケア、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。


生活習慣の乱れ


生活習慣が乱れることでホルモンバランスも乱れるようになり、皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。そして、ホルモンバランスを乱してしまうのは、睡眠不足やストレスなどが原因です。

女性は女性ホルモンの分泌量が多いのですが、少なからず男性ホルモンも分泌されています。男性ホルモンの一種であるテストステロンには、皮脂の分泌を促す働きがあると言われています。ホルモンバランスが乱れるとオイリー肌に傾きやすくなります。

また、食生活の乱れにも注意が必要です。脂っこい物や甘い物を食べすぎると、皮脂の過剰分泌を促進してしまうからです。皮脂の分泌を促すクリームやバター、お菓子やジュース、肉や酒類などの摂りすぎには注意しましょう。


間違ったスキンケア 


間違ったスキンケアによって、オイリー肌が引き起こされていることもあります。たとえば、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料の過度な使用もそのひとつです。肌には天然の保湿成分があり、それが肌のうるおいを保ちバリア機能を維持するのに働いています。ところが、洗浄力の強すぎる製品でクレンジングや洗顔を行ったり、一日に何度も顔を洗ったりしてしまうと肌の持つうるおいが流出してしまいます。そして、うるおいが不足した肌を守るため、皮脂の分泌を増やしてしまうのです。

また、保湿不足もオイリー肌を引き起こす原因です。オイリー肌の人は保湿をすると肌が余計にべたつくと思って、保湿ケアを怠りがちです。しかし、オイリー肌の人でもクレンジングや洗顔の後は皮脂が流れ出ており、乾燥しやすくなっています。それにもかかわらず、適切な保湿ケアを行わないと、肌を守るために皮脂を過剰に分泌させてしまうのです。


ホルモンバランスの乱れ


ホルモンバランスは皮脂の分泌量にも多大な影響を与えており、その乱れがオイリー肌の原因になり得ます。女性と比べて男性の皮脂分泌量が多いのは、男性ホルモンであるテストステロンの働きによるものとされています。しかし、女性もテストステロンが体内で分泌されています。

ストレスや不規則な生活が原因でホルモンバランスが乱れやすくなると、テストステロンの分泌量が増えてしまうことがあります。また、女性の場合は女性ホルモンの分泌バランスが変わることで、肌にも影響が出てくるのです。

女性ホルモンの一種であるプロゲステロンは、排卵後に活発に分泌されると言われており、そのプロゲステロンにも皮脂を過剰に分泌させてしまう作用があるため、肌がべたつきやすくなるのです。生理前になるとニキビができてしまうという人は、このホルモンによる影響が大きいと考えられます。



オイリー肌に多い肌トラブル

皮脂が過剰に分泌されることで、さまざまな肌トラブルが起こるようになります。ここではオイリー肌に多い肌トラブルについて、詳しく紹介していきます。


ニキビ


ニキビは思春期に多い肌悩みですが、近頃は大人ニキビに悩まされる人が少なくありません。ニキビはアクネ菌と呼ばれる細菌が繁殖することで発生します。そして、アクネ菌のエサとなるのが、肌表面や毛穴に詰まっている皮脂です。そのため、皮脂分泌量の多いオイリー肌はニキビができやすい肌環境だと言えます。

思春期ニキビはホルモンバランの乱れが主な発生原因ですが、思春期以降のニキビは原因もさまざまです。治りにくいだけでなく何度も繰り返すことがあり、悪化させると跡が残ります。ニキビができてしまったときは、早めに対策をとるのが望ましいでしょう。

毛穴のトラブル


毛穴のトラブルもオイリー肌に多い悩みのひとつです。皮脂の分泌量が増えると毛穴が開きやすくなり、毛穴に汚れや老廃物、余分な皮脂がたまりやすくなるからです。毛穴トラブルの深刻度は、その色によって判別できます。まず、毛穴が開いて白くなっている白毛穴はトラブルの深刻度は低めですが、悪化する危険性が高いため要注意です。

白毛穴は毛穴の中に古い角質と皮脂が混ざり合って固まり、角栓を作った状態です。洗顔で角栓を十分に取り除かないと、角栓がさらに毛穴を押し広げてしまいます。そして、次第に角栓が黒ずんで毛穴が黒っぽくなってきます。空気に触れている部分が酸化する、メラニン色素の働きで黒ずむことが主な原因です。

また、毛穴が赤くなっている場合、酸化した皮脂によって肌が炎症を起こしています。小鼻の脇から頬にかけての部分は、特に炎症が起こりやすいため注意しましょう。


肌のテカリ


皮脂が過剰に分泌されてしまうと、肌のテカリやべたつきが目立つようになります。テカリやべたつきは不潔に見えますし、メイクを崩れやすくする原因にもなります。さらには、皮脂が酸化してしまうと臭いを発生させるようにもなるのです。肌のテカリやべたつきが気になると、洗顔やクレンジングを過剰に行ってしまったり、あぶらとり紙で抑えようとしたりするでしょう。ところが、過剰に皮脂を取りすぎるケアはかえって皮脂の分泌を促すため逆効果です。

また、テカリやべたつきが気になると化粧水クリームによる保湿ケアを十分に行わないことがあります。しかし、保湿不足によって皮脂の過剰分泌が起こりますので、オイリー肌でも保湿ケアは大切なのです。


オイリー肌によくないスキンケアとは

オイリー肌が陥りやすい誤ったスキンケアを続けていると、肌トラブルが発生しやすい肌環境を作ってしまいます。そこで、オイリー肌によくないスキンケアについて、理解しておくことが大切です。


保湿不足


オイリー肌の人に多いスキンケア間違いに、保湿不足が挙げられます。「肌がうるおっているから保湿は必要ないだろう」、「保湿をすると余計に肌がべたつく」と考えるからでしょう。しかし、それは大きな間違いです。保湿不足によって皮脂の過剰分泌が促されてしまうからです。

クレンジングや洗顔後の肌は、肌の持つ天然の保湿因子が流れ出てしまっており、バリア機能が低下しています。弱ったバリア機能を回復するためには、十分な保湿が必要です。ところが、保湿をせずに肌を放置してしまうと、肌は自らを守るために皮脂を分泌させるようになります。

また、オイリー肌で皮脂の分泌量が多くても水分量が不足している肌タイプもあります。肌をすこやかに保つためには肌に適度なうるおいが必要なのです。

洗顔・クレンジングのやりすぎ


肌のべたつきやテカリが気になると、クレンジングや洗顔で余分な皮脂を洗い流そうとするでしょう。たとえば、洗浄力の強い洗顔料やクレンジング製品を使っている、熱めのお湯で顔を洗うと、肌に必要なうるおいまで洗い流してしまいます。また、スクラブ洗顔料は肌を傷つける危険性が高い洗顔料です。

洗顔やクレンジングのときにゴシゴシと肌をこする、タオルで顔をふくときの摩擦も肌に大きなダメージを与えます。過度に皮脂を取りすぎるケアは肌のバリア機能を低下させる原因です。さらに、角質層は摩擦に弱いという特徴があります。そのため、洗顔などで刺激を与えてしまうとバリア機能が大きなダメージを受けてしまうのです。そして、皮脂が不足したりダメージを受けたりしてしまうと、肌のバリア機能が弱くなってきます。その結果、肌は低下したバリア機能を回復するために皮脂を過剰に分泌させるようになります。

オイリー肌の人の適切なスキンケアとは?化粧水はどう使う?

オイリー肌特有の肌トラブルは、適切なスキンケアで和らげることができるでしょう。ここでは、オイリー肌に適したスキンケアについて解説していきます。


皮脂を落としすぎない


皮脂を必要以上に落とすと、皮脂の過剰分泌が起こりやすくなります。そこで、皮脂を落としすぎないケアを心がけましょう。顔のべたつきやテカリが気になり必要以上に洗顔、クレンジングしていた場合、頻度や洗い方を見直す必要があります。クレンジング、洗顔は一日に一回で十分です。

それでもべたつきが気になるときは、洗顔料を使わずにぬるま湯で軽くすすぐ程度にとどめましょう。クレンジング製品や洗顔料もさっぱり感を重視して、洗浄力の強いタイプやスクラブ洗顔料を選びがちです。それらは、皮脂を過剰に摂りすぎるだけでなく肌に強いダメージを与えてしまいます。そこで、洗浄力の優しいものを選ぶようにします。

クレンジングは円を描くように優しく、洗顔のときは肌に手が触れないくらいのたっぷりの泡で洗うのがコツです。また、あぶらとり紙の多用も皮脂のとりすぎにつながりますので使いすぎに注意しましょう。

保湿する


皮脂分泌量が多く肌がうるおっているようにみえても、洗顔後の肌は水分が急速に逃げていきます。肌のうるおいが不足してくると、バリア機能も低下してくるでしょう。肌が乾燥すると皮脂の分泌を促し、よけいに肌がべたつきやすくなります。また、オイリー肌でも皮脂量は多いのに水分量が不足している人も少なくありません。そこで、オイリー肌も不足した水分を補うために保湿ケアをしっかり行うことが大切です。

まず、洗顔後はできるだけ時間を空けずに化粧水でたっぷりと保湿ケアを行いましょう。オイリー肌には悪影響だと感じるかもしれませんが、ブースターオイルを使用するというやり方もあります。ブースターオイルとは洗顔後すぐの肌につけるオイルのこと、化粧水や美容液の浸透を助けてくれるのです。また、乱れた皮脂と水分のバランスを整える働きも期待できます。ブースターオイルは水や肌にもなじみやすく、べたつきもそれほど気になりません。ブースターオイルとして使用するなら、栄養豊富なアルガンオイルが最適です。

オイリー肌に合った化粧水とは

肌を引き締める効果の期待できるもの


皮脂の分泌量が増えると毛穴も開きやすく、肌のテカリも目立ちます。そこで、オイリー肌には、皮脂の分泌を抑えて毛穴を引き締める働きのある収れん化粧水がおすすめです。収れん化粧水とは、肌に適度なうるおいを与えながら毛穴を引き締め目立ちにくくしてくれます。さらには、皮脂の分泌量をコントロールしオイリー肌に多い化粧崩れの緩和にも働いてくれます。

収れん化粧水ですが、保湿用の化粧水と違ってスキンケアの最後に使用する製品がほとんどです。メーカーや製品によって順番が決まっていることもありますので、必ず説明を読んでから使うようにしてください。また、収れん化粧水は皮脂やべたつきが気になる部分にだけ使用するのが望ましいでしょう。


さっぱりとした使い心地のもの


化粧水によって保湿成分などの配合量が異なり、使用感にも違いが出てきます。オイリー肌の人が保湿成分の多いしっとりタイプの化粧水を使用すると、べたつきが気になります。そこで、オイリー肌にはさっぱりタイプの化粧水がおすすめです。さっぱりタイプの化粧水を使うことで、肌なじみもよく気持ちよく使えるようになります。

さっぱりタイプの化粧水と一口に言っても使用感が軽いものや清涼感のあるもの、油分が少ないものなどさまざまです。自分に合った化粧水を選ぶためにも、使用感を試してみてから購入するといいでしょう。


オイリー肌に合った成分を含むもの


化粧水によって配合されている成分が異なります。オイリー肌でも、乾燥によって皮脂の過剰分泌が起こりやすくなります。そこで、オイリー肌は保湿成分や肌を引き締める成分が含まれている化粧水を選ぶことが大切です。たとえば、肌を引き締めてくれる働きのあるクエン酸やタンニン酸などもおすすめの成分です。皮脂の分泌を抑えて毛穴を引き締めるように働いてくれます。

また、ローズなど植物から抽出されたエキスは肌を引き締めながら、保湿する作用が期待できるでしょう。高い保湿力を持つ成分としてはヒアルロン酸やグリセリン、プラセンタなどが有名です。肌にうるおいを与えることで、バリア機能を維持し乱れた水分と油分のバランスを整えてくれます。


オイリー肌の人こそ化粧水はきちんと選んで

肌がべたつくからといって、オイリー肌は保湿を軽視しがちです。ところが、肌が乾燥すると皮脂の過剰分泌を促しオイリー肌を悪化させる原因を作ります。オイリー肌を和らげるためには、十分な保湿ケアが必要なのです。化粧水でしっかりとうるおいを補給することで皮脂バランスを整え、バリア機能に働いてくれます。オイリー肌に適した化粧水を選ぶことで、快適な使い心地と保湿を両立できるようになるでしょう。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

続きを見る

間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

続きを見る

乾燥が気になる目元!陥りがちなトラブルとスキンケア方法

20代まではどんなケアをしていてもそれほどトラブルを感じなかったのに、30代に差し掛かると「小ジワ」「たるみ」「くすみ」などの悩みを持つ人が増えてきます。特に皮膚の薄い目元は乾燥しやすいため、トラブルが気になるパーツです。 目元のトラブルが起きてしまう原因と対策、そして普段のスキンケアの方法を見ていきましょう。

続きを見る