乾燥肌にさようなら!肌をうるおす化粧水の選び方とは?

肌が乾燥していると肌がつっぱったり、化粧のノリも悪くなったりと気分が下がってしまうものです。 さらに乾燥が悪化すると、炎症やかゆみといったトラブルも起こりやすくなります。 乾燥は生まれつきの肌質だけでなく、湿度の低下や加齢、紫外線といったさまざまな要因が関係しています。 乾燥した肌にたっぷりとうるおいを与えてくれる化粧水を選び適切に使うことで、乾燥を和らげることができるでしょう。
ここでは、肌の乾燥に働いてくれる化粧水の選び方と使い方のコツについて解説していきます。

肌が乾燥している状態とは?

うるおいのある肌には適度な水分と皮脂(油分)がありますが、肌が乾燥すると水分、皮脂共に量が不足している状態になります。肌が乾燥していると、肌のうるおいが逃げやすい入浴後や洗顔後に、特にカサつきやつっぱり感が強くなります。体や顔の中でも乾燥が目立ちやすいのは目や口の周りといった皮膚が薄い、皮脂の分泌量が少ない部分です。そして、肌の乾燥は、肌を外部刺激から保護するバリア機能が弱ることで起こりやすくなります。


人間の皮膚の表面には角質層があり、角質細胞と細胞間脂質によって構成されています。角質細胞同士の隙間を、天然保湿因子やアミノ酸といった細胞間脂質が満たすことでバリア機能を維持しているのです。角質細胞の隙間が埋まることで外部の刺激から肌を守りつつ、水分や脂質が肌内部から逃げてしまうのを防いでくれています。つまり、肌のうるおいをキープできているのはバリア機能が正常に働いているからです。ところが、細胞間脂質の量が減ってしまうと角質細胞の間に隙間ができてしまいます。すると、バリア機能が低下するだけでなく肌の水分や脂質も抜けやすくなるのです。肌を乾燥から守るためには、バリア機能を維持することが重要なのです。


肌を乾燥させる原因とは?

肌を乾燥させてしまう原因はひとつではありません。また、原因がひとつだけでなく複数重なり合って乾燥肌を引き起こしていることもあります。肌を乾燥させる原因のひとつにターンオーバーの乱れが挙げられます。健康な肌は、一定の周期で古い角質から新しい角質に生まれ変わる新陳代謝を繰り返しています。新たに角質細胞に入れ替わるときに、細胞間脂質も生成されてバリア機能を維持しているのです。ところが、睡眠不足や誤ったスキンケアなどが原因となりターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。すると、バリア機能を維持するのに必要な天然保湿因子や細胞間脂質が生成されず、肌のうるおいが不足します。


間違ったスキンケアも肌を乾燥させる原因になるのです。過剰な洗顔やクレンジング、摩擦によってダメージを受けるとバリア機能が低下します。他にも、保湿が不十分、高温のお湯で顔を洗うといったケアもバリア機能の低下を招くのです。空気が乾燥すると肌の水分も逃げやすくなります。秋冬は湿度が下がりますし、冷暖房を長時間使用した場所も空気が乾燥しています。1年中降り注ぐ紫外線によるダメージも、乾燥肌の原因です。紫外線は角質層に直接ダメージを与えてしまうからです。また、加齢とともに水分や細胞間脂質、天然保湿因子も減少するようになり肌が乾燥しやすい状態になります。肌を乾燥から守るためには、スキンケアで乾燥対策を行うことが大切です。


肌をうるおしてくれる化粧水の選び方

肌にうるおいを与えてくれるアイテムといえば化粧水ですが、化粧水にもたくさんの種類があります。肌の乾燥を和らげるためにも化粧水選びは重要です。そこで、乾燥肌の緩和に働いてくれる化粧水を選ぶポイントについて解説していきます。


ヒアルロン酸が入っているものを選ぶ!


化粧水によっていろいろな保湿成分が配合されていますが、乾燥肌に特におすすめしたいのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸といえば保湿成分の中でも特に知名度が高く、さまざまなスキンケアアイテムで使われています。たったの1gで6Lもの水分をキープできるほど、高い保湿力を持つのが特徴です。

ヒアルロン酸とはもともと私たちのお肌に存在する保湿成分であり、コラーゲンとともに皮膚の奥にある真皮層にあります。真皮ではコラーゲンが網目のように並んでおり、その間を満たしているのがゼリー状のヒアルロン酸です。そして、ヒアルロン酸はその高い保湿力で皮膚の内側で水分をとどめてキープしてくれています。ところが、ヒアルロン酸は年齢とともに減少していきます。そこで、化粧水でヒアルロン酸を補うことで乾燥対策に一役買ってくれるというわけです。

肌を乾燥させる成分が入っていないか確認!


化粧水を選ぶときは保湿成分だけでなく、その他の成分もよくチェックすることが大切です。それは、成分によっては肌の乾燥をすすめてしまうからです。たとえば、エタノールやアルコール類、ビタミンC誘導体やニキビケア成分が配合されている化粧水は避けるようにしましょう。これらの成分は、脂性肌やニキビに悩む人向けの化粧水に配合されていることが多く、毛穴を引き締め皮脂の過剰分泌を抑えると言われています。

このような成分を乾燥肌の人が使ってしまうと、ますます肌を乾燥させる危険性が高くなるのです。また、ビタミンC誘導体を使用している化粧水も多く、配合されていないものを選ぶのが難しいかもしれません。ビタミンC誘導体に関しては、少量であれば乾燥への影響は少ないと言われています。使用時は肌の様子を確かめながら、注意して使うといいでしょう。


オーガニック成分を選ぶ!


乾燥肌は肌のバリア機能が低下しており、刺激に対して過敏になっています。そこで、化粧水もオーガニック植物成分が配合されているものを選ぶといいでしょう。オーガニックとは、化学肥料や農薬を使わずに有機栽培で作られたもののことです。オーガニック化粧水は、自然素材の持つ力で肌質や乾燥など肌をすこやかに保つ働きが期待できるでしょう。

ただし、オーガニック化粧水の選び方には十分な注意が必要です。それは、オーガニックという名目で販売されていても、オーガニック原料の配合量が製品ごとに異なるからです。日本には、オーガニックコスメに関する明確な基準がなく、中にはごく少量しかオーガニック原料を使っていない製品もあるのです。そこで、100%天然原料のものであること、海外の認証機関から認められた化粧水を選ぶといいでしょう。



肌タイプ別の化粧水の選び方

乾燥肌と一口にいっても人それぞれ乾燥の度合いも異なりますし、肌の乾燥と他の肌トラブルが混在している肌質の人もいます。ここでは、肌タイプ別に適した化粧水の選び方について解説していきます。


超乾燥肌の人はしっかりとうるおうタイプを!


超乾燥肌は乾燥肌の中でも、乾燥がかなり進んだタイプです。皮脂の分泌量が少ない口元や頬の角質が、ボロボロとはがれて肌が白っぽく粉をふいているのが特徴です。角質がはがれて肌のキメが乱れていますので、メイクのノリも悪くなります。また、バリア機能も相当弱っており、化粧水をつけるとヒリヒリしたりしみたりします。季節的な要因やストレスが加わると、肌に強い痛みを感じることもあるでしょう。超乾燥肌の人は一刻も早く適切な乾燥ケアが必要です。低下したバリア機能をこれ以上下げないように気を付けながら、肌にしっかりとうるおいを与えましょう。洗顔では、肌の水分や皮脂を落としすぎないようにマイルドな洗浄力の洗顔料を使い、たっぷりの泡で優しく洗うようにします。また、化粧水は低刺激でセラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が多く含まれているものを使って、肌にうるおいを届けましょう。

乾燥×混合肌の人は水分と油分のバランスを意識!


混合肌とは肌に乾燥している部分と脂っぽい部分が混在している肌のことです。混合肌×乾燥肌タイプの人は、皮脂分泌量の多い鼻や額はべたつきやすく、目元や口元は乾燥しているのが特徴です。部分的に肌がうるおっているため脂性肌のように感じられますが、洗顔後などは肌がつっぱります。また、朝は肌がうるおっていても夕方になってくると乾燥が目立つようにもなります。肌がべたついていると、洗顔やクレンジングで余分な皮脂を落とそうとするでしょう。ところが、洗顔のやりすぎや摩擦でバリア機能が低下すると、肌はバリア機能を維持するために皮脂分泌を活発にします。これが、肌をべたつかせる原因になります。このタイプの乾燥肌には、肌の水分と油分のバランスを整えてくれる化粧水がおすすめです。皮脂を取りすぎないように気を付けながら、しっかり保湿ケアをしましょう。


乾燥×ニキビ・吹き出物の人は皮脂を落としすぎない!


乾燥肌なのにニキビや吹き出物ができているケースも少なくありません。乾燥×ニキビ肌の人は皮脂によるメイク崩れがある、毛穴が開いていて肌全体がゴワついている、ニキビや毛穴づまりが多いのが主な特徴です。ニキビや吹き出物は皮脂の過剰分泌によって起こると言われていますが、肌の乾燥もニキビの原因になります。それは、乾燥で肌のバリア機能が低下することで肌のターンオーバーが乱れるからです。本来はがれ落ちるはずの古い角質が毛穴をふさぎ、その中でアクネ菌が繁殖してしまいます。このタイプの肌質は、ニキビを気にして皮脂の働きを抑える化粧水を選びがちです。しかし、根本的な原因は肌の乾燥ですから、保湿作用の高い化粧水で肌を十分にうるおすことが大切です。


効果を高める化粧水の使い方とは

乾燥対策のために保湿成分がたっぷり配合された化粧水を使っても、その使い方次第で保湿力に差が出てきます。肌をしっかりとうるおわせるために、化粧水を大量にバシャバシャとつけても効果はありません。保湿力を高めるためには、いくつかの点に注意しながら化粧水を使う必要があります。

まずはつける量に注意しましょう。一度に化粧水をたくさんつけても肌になじむ量には限りがありますので、適量を2〜3回に分けてなじませます。化粧水の適量は一般的に500円玉大であり、その2分の1〜3分の1が1回あたりになじませる量です。


手のひらに化粧水をとってから体温で温めるようにしながら、手のひらに広げます。その後顔全体に丁寧になじませましょう。特に乾燥しやすい目や口の周りなどは、重ねづけするとより効果的な保湿ができます。

化粧水を顔全体に行きわたらせたら、仕上げに手のひらで顔全体を覆って10〜15秒ほどハンドプレスをします。最後に手で顔をさわってみて肌に吸い付くような感覚が得られたら、肌がうるおっているサインです。


化粧水以外でもしっかり保湿対策!

化粧水は肌にうるおいを与えてくれますが、乾燥肌を和らげるためにはそれ以外のアイテムやケアも大切です。ここでは、保湿力を高めるケアのポイントを紹介していきます。


洗顔から乾燥に気を付ける


肌の汚れを落とし、その後使用するスキンケアアイテムの浸透を助けてくれるのが洗顔です。しかし、洗顔もやり方を誤ってしまうと肌の乾燥をすすめてしまいます。肌を乾燥から守るためには、洗顔料も皮脂を取りすぎない洗浄力の優しいタイプを選ぶことが大切です。また、洗顔時に肌をこすってしまうとバリア機能がダメージを受けます。そこで、肌に手が触れないくらいのたっぷりの泡で優しく洗うようにしましょう。洗顔料が肌に残っていると肌トラブルの原因になります。ぬるま湯(約32度)で十分すすぐようにしてください。高温のお湯ですすいでしまうと、毛穴が開いて肌のうるおいが逃げてしまうため温度にも注意が必要です。そして、洗顔後の肌は想像以上のスピードで乾燥していきますので、素早く保湿することが大切です。また、洗顔は1日2回にこだわることはありません。朝起きがけの肌はデリケートな状態で乾燥しやすいため、ぬるま湯洗顔だけでも十分汚れを落とせます。

スキンケアの順番を守ってクリームでフタをする


スキンケアではいくつかのアイテムを使用しますが、その順番も重要なポイントです。基本的な順番は洗顔化粧水美容液クリームや乳液です。洗顔後の肌は乾燥しやすくなっていますので、素早く化粧水で肌にうるおいを与えます。その後、美容液を肌になじませてから、クリームや乳液を仕上げに塗りましょう。化粧水美容液は水溶性のものが多く、肌になじませても時間の経過とともに蒸発していきます。そのときに肌のうるおいまでも一緒に奪ってしまうため、クリームや乳液の油性の成分で水分の蒸発を防ぐのです。クリームをつけるときも、手のひらに伸ばして軽くあたためてから優しくなじませると浸透力がアップします。また、乾燥が気になる部分は重ねづけすると保湿力をアップできるでしょう。基本的な順番は洗顔の後にすぐ化粧水ですが、保湿力をさらに高めるためにブースターオイルを先に使うやり方もあります。ブースターオイルには親水性の高いアルガンオイルなどが最適です。


生活習慣を整えて乾燥予防


肌の乾燥は湿度の低下や間違ったスキンケアだけでなく、生活習慣の乱れも影響しています。たとえば、睡眠不足も乾燥肌を引き起こす原因になります。睡眠中には成長ホルモンが分泌されて、日中に受けた肌のダメージ修復に働いてくれるのです。そして、成長ホルモンは夜の10時から2時、深い眠りについたときに分泌量が増えます。そこで、6〜8時間は睡眠時間を取れるようにすることが大切です。また、質の良い眠りにつくためにも睡眠の3時間前から食事をとらない、スマホやパソコン作業をしないといった工夫を取り入れてみましょう。また、湿度が低下する秋から冬には小型の加湿器を近くに置いたり、マスクをしたりすると乾燥から肌を守れます。ストレスがたまると肌にハリやツヤを与えてくれる女性ホルモンが減少する、体が冷えやすくなる、ターンオーバーが乱れるといった悪影響が出てきます。自分の好きなことをみつけたり、リラックスしたりと、自分なりのストレス解消法を見つけてストレスをためないようにしましょう。

適切なスキンケアと生活習慣で肌を乾燥から守ろう!

乾燥肌に悩む人は、自分の肌質をしっかりと見極めることが重要なポイントです。そして、その肌質に合ったスキンケア製品を選び、適切な方法でケアをすすめていきましょう。

また、乾燥肌は誤ったスキンケアや空気の乾燥だけが原因ではありません。ストレスや睡眠不足といった生活習慣も強く影響しています。スキンケアと併せて生活習慣の改善に取り組むことで、相乗効果が期待できるようになるでしょう。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
ハリ肌へ導くバイタルケア。ネクターシュプレーム

ハリ肌へ導くバイタルケア。ネクターシュプレーム

エネルギーに満ちた『クニフォフィア』の蜜を配合し、ハリめく肌へブーストするメルヴィータ最高峰のバイタルケアシリーズ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

大人の女性へプレゼント!おすすめのヘアケア製品5選!

美しく健康な髪の毛になるために、ヘアケアに力を入れている女性はたくさんいます。そして、美しい髪作りを助けてくれるのが、ヘアケア製品です。親しい友人やお世話になった先輩にヘアケア製品をプレゼントしようと考えたとき、どのようなアイテムがプレゼントに最適なのか迷ってしまうでしょう。ヘアケア製品の種類が豊富で、好みも大きく分かれるからです。
ここでは、30代前後の女性にヘアケア製品をプレゼントするときに、おすすめの製品とその特徴について紹介していきます。プレゼント選びの参考にしてみましょう。

続きを見る

髪も地肌もキレイになる!アルガンオイルのさまざまな使い方

アルガンオイルは高い保湿力が特徴であり、ブースターオイルや化粧水後のスキンケアなどに使っている人も多いでしょう。アルガンオイルは、スキンケアだけでなくヘアケアにも使えるということをご存知でしょうか。
アルガンオイルは、パサついて傷んだ髪の毛や頭皮にうるおいを与えてくれるだけでなく、頭皮ケアやスタイリングなど多様な使い方が選べるのです。
ここでは、アルガンオイルでヘアケアをするときの使い方やポイントについて詳しく解説します。

続きを見る

ぷるぷるの肌を保つために!スキンオイルの効果的な使い方

うるおいのある肌に近づくために、毎日のスキンケアに力を入れている人もいることでしょう。スキンケアアイテムもたくさんの種類があるため、肌悩みや肌質に合ったアイテムを選ぶことが大切です。
肌を保湿してくれるアイテムといえば化粧水ですが、肌のうるおいを保つためには適度な油分も必要です。そこで、試してみたいのがスキンオイルです。
ところが、スキンオイルの使い方がわからないという声が少なくありません。ここでは、スキンケアにオイルを使うタイミングやコツについて詳しく紹介していきます。

続きを見る