乾燥肌に悩む人に教えたい!適切なハンドクリームの選び方と使い方

乾燥が目立ちやすい部位となる手は、水に触れる機会が多いことが特徴です。また、さまざまな作業をしたりものを持ったりするため、外部からの刺激を受けやすくなっています。そのため、どんなにハンドクリームを使ってもなかなか乾燥肌の悩みを解消できないという人も多いものです。
この記事では、そんな手の乾燥に悩む人のために適切なハンドクリームの選び方や使い方について解説します。

ハンドクリームには種類がある

ハンドクリームは、含まれる成分によって大きく3つの種類に分けることができます。1つ目はビタミン系で、ビタミンEを配合しているハンドクリームです。ビタミンEは血行をよくする働きが期待されているため、冷えの改善にも効果的となります。2つ目には、尿素系が挙げられます。尿素が配合されている尿素系のハンドクリームは、硬くなった角質を柔らかくする効果が期待できます。3つ目は、保湿系のハンドクリームです。保湿系のハンドクリームには、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの水分を多く含むことができる成分を配合しています。


ハンドクリームは、種類ごとにまったく違う成分が配合されていることがわかります。それぞれに期待される効果が違うため、こうした種類があることを知っておくことはとても大切です。また、天然成分を使用したハンドクリームもあります。天然成分を配合しているハンドクリームは、肌に負担をかけにくくなじみやすいのでどんな肌質でも使いやすくなっています。ハンドクリームはどれも同じというわけではなく、配合成分によって大きな違いがあるのです。


肌悩みに合わせて選ぶことが大事

ハンドクリーム選びでは、どんな悩みに対して使いたいのかが重要なポイントとなります。肌悩みに合ったハンドクリームでなければ、使っていても効果を感じられないからです。そこで、どんな肌悩みを抱えているのか、どんな肌状態を改善したいのかを明確にしておくとハンドクリームは選びやすくなります。肌悩みに合わせた種類を見極めて、その中から好みのハンドクリームを選ぶと効果的なのです。


ビタミンE配合のビタミン系ハンドクリームは、血行をよくする働きが期待されている点が特徴です。血行が悪くなっていると、指先が冷えたりあかぎれやしもやけが起こりやすくなります。こうした症状が出ている場合には、血行を改善する効果を見込んでビタミン系のハンドクリームがいいでしょう。一方、尿素系のハンドクリームには、硬くなった角質を柔らかくする効果が期待されています。角質が硬くなっていると、手がゴワゴワとしてしまうものです。そんな悩みを抱えているときは、尿素系を選んでゴワつきを改善していくと効果的です。保湿系のハンドクリームは保湿に特化しているため、肌の乾燥がひどいときに選びたい種類です。肌がかさついたり粉をふいてしまっているようならば、肌の水分が足りていないことが推測されます。保湿力の高いハンドクリームを選び、十分な水分を補っていきましょう。


気になる症状が改善されたら、ハンドクリームの種類も見直すことが大切です。新たに気になる症状がある場合は、それに合わせた種類を選び直します。特に症状がなくなった場合には、毎日のケアとして使えるハンドクリームに切り替えていくと効果的です。保湿系のハンドクリームは、日常的なケアとしての使用にも有効となります。こうしてハンドクリームを使い分けることによって、手を健康な状態へ導くことができるのです。


ハンドクリームの適量は?

ハンドクリームを効果的に使うのならば、適量を守ることも欠かせないポイントです。使う量が少ないと、効果が薄れてしまう可能性が高くなります。また、多すぎると手のべたつきが気になってしまうことでしょう。そうならないために、ハンドクリームそれぞれに適量が表示されていることがほとんどです。基本的には、この表示を目安として使うのがよいでしょう。ただし、あまりにも乾燥がひどい場合には適量よりも多めの量を使ったほうがいい場合もあります。手の大きさにも個人差があるので、そのときどきによって調節しながら使っていくと効果的です。


ハンドクリームには、主にチューブタイプとジャータイプの2種類があります。チューブタイプの場合には、人差し指の第一関節の長さが適量の目安です。人によりますが、これはだいたい3~4cmくらいの量となります。ジャータイプでは、さくらんぼ大が適量とされています。だいたい直径1.5~2cmを目安として使っていきましょう。

適切な塗り方を覚えよう

ハンドクリームの効能をしっかりと発揮させるためには、適切な塗り方をする必要があります。まずは、塗るタイミングです。ハンドクリームは、手が乾燥していると感じたときにこまめに塗っていくことが大切です。できれば、乾燥していると感じる前に塗るように意識していくといいでしょう。また、手を洗った後や水仕事の後、入浴後、寝る前は忘れずに塗ることもポイントです。


ハンドクリームはそのまま塗っても効果的ですが、塗る前に化粧水で手を保湿しておくとより有効となります。クリームは油分が多いため、水分を肌に閉じ込める効果があります。そのため、肌に水分を与えてくれる化粧水を先に使うことで肌をより保湿することができるのです。化粧水が肌になじんできたら、ハンドクリームを塗ります。このとき、ハンドクリームと手を温めておくことも大切なポイントです。ハンドクリームには油分が多いため、温度が下がると硬くなり伸びが悪くなってしまいます。また、手が冷たくなっていると成分が肌に浸透しにくくなってしまいます。そのため、ハンドクリームを肌に効率的に浸透させるために双方を温めておくと有効なのです。


ここまで準備ができたら、適量のハンドクリームを手のひらに取りましょう。手に取ったハンドクリームは、両手で軽くすり合わせながら手のひらに広げていきます。このとき、手を温めながらクリームを全体に伸ばしていくと効果的です。手のひら全体にクリームが行き渡ったら、両方の手の甲にもなじませていきます。指の付け根までしっかりと塗り、指先も忘れずに塗ることが大切です。細部まで丁寧に塗ったら、ケアは完了となります。


ポイントを押さえて効果的に使おう

ハンドクリームにはさまざまな種類がありますが、オーガニック化粧品のハンドクリームならば肌本来の美しさへと導くケアが可能です。肌に刺激になりにくい特徴もあるので、乾燥が気になる人や肌が強くないという人でも使いやすいのではないでしょうか。こうした肌質や悩みは人によってそれぞれ違うため、自分に合ったハンドクリームを選ぶことが大切です。そして、適切な使い方をすることも重要となります。ポイントを押さえた選び方と使い方で、ハンドクリームを最大限に活用していきましょう。

おすすめコンテンツ

クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

続きを見る

間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

続きを見る

乾燥が気になる目元!陥りがちなトラブルとスキンケア方法

20代まではどんなケアをしていてもそれほどトラブルを感じなかったのに、30代に差し掛かると「小ジワ」「たるみ」「くすみ」などの悩みを持つ人が増えてきます。特に皮膚の薄い目元は乾燥しやすいため、トラブルが気になるパーツです。 目元のトラブルが起きてしまう原因と対策、そして普段のスキンケアの方法を見ていきましょう。

続きを見る