スキンケア化粧品に期待できる効果とは?効果的な使い方を覚えよう

毎日使うスキンケア化粧品ですが、それぞれにどんな効能があるのかについては案外知らないことが多いのではないでしょうか。それぞれのスキンケア化粧品には違った役割があり、役割に応じた使い方こそ効果が発揮されるのです。
この記事では、スキンケア化粧品それぞれに期待できる効能と、効果的な使い方について紹介します。毎日のスキンケアを見直して、健康な肌を維持していきましょう。

種類によって期待できる効果が異なる

日々何気なく使っているスキンケア化粧品ですが、種類によって異なった効果が期待されています。化粧水乳液・クリーム美容液などはそれぞれに役割があり、これらを組み合わせて使うことで肌の健康を保つことができるのです。それぞれが持つ効果を理解することができれば、スキンケアに対する認識が深まります。そして、効能を知っていることが適切な使い方をすることにつながります。スキンケア化粧品それぞれの役割と効果を知って、日々のケアに役立てていきましょう。

ブースター化粧品を使う意味

スキンケアで最初に使うことになるのが、ブースター化粧品です。ブースター化粧品は、その後に使う化粧品の浸透をよくする役割を果たします。肌が硬くなった状態で化粧品を使っても、肌へしっかりと浸透しないことがほとんどです。肌表面の角質層で化粧品の成分が停滞してしまい、肌の奥まで届かなくなってしまうからです。しかし、ブースター化粧品を使うと角質層を柔らかくして肌の奥まで化粧品の成分を浸透しやすくしてくれます。これによって、化粧品それぞれの成分が肌に働きかけやすくしてくれるのです。肌の保湿力を上げたい場合などには、ブースター化粧品を導入すると特に効果的です。


ブースター化粧品は、さまざまな名称で呼ばれることがあります。例えば、プレ化粧水や導入美容液、ブースターオイルなどもブースター化粧品にあたります。どれも役割は同じですが含まれる成分はさまざまなので、肌タイプや肌の悩みに合わせて選ぶといいでしょう。ブースター化粧品は、クレンジングをして洗顔を終えた後すぐのタイミングで使用します。洗顔と化粧水の間に使うことで、肌に成分が浸透しやすくなりブースター化粧品としての効果を発揮しやすくなるのです。乾燥肌タイプの人ならば、ブースター化粧品としてアルガンオイルを使うと効果的です。美容成分を豊富に含む自然由来原料を使用したアルガンオイルは、肌に負担をかけにくい特徴があります。特に保湿を必要とする乾燥肌の場合には、アルガンオイルで角質層を柔らかくしておくことで効率的な保湿が期待できます。


化粧水に期待できる効果とは?

スキンケアの基本となる化粧水は、メインの成分が水となります。肌にうるおいを与えることが化粧水の目的であるため、水が重要な成分となるのです。私たちの体のほとんどが水でできているといわれるように、肌にも水の存在が欠かせません。十分にうるおっていないと、肌は乾燥して外部からの刺激を受けやすくなってしまうからです。外部からの刺激を受けやすい状態では、肌トラブルが発生しやすくなるなどの悪い影響が出てきてしまうことも少なくありません。そのため、肌にとって水分を補給するということは肌の健康状態を維持するうえで重要な意味があるのです。


また、化粧水は水分を補給することで肌のきめを整える役割も担っています。きめが整えば、肌のバリア機能は正常に働き外部からの刺激を受けにくくなります。さらに、ツヤが出る、化粧が乗りやすくなるなどの嬉しい効果も出てくるのです。化粧水には水分を与えるという役割もありますが、肌の環境を整えるためのものといっても過言ではないのです。


乳液やクリームは蓋の役目

化粧水の後に使用する乳液やクリームは、化粧水で与えた水分を肌に閉じ込める役割をします。化粧水の主成分は水でしたが、乳液やクリームは油分を主に使用している化粧品です。クリームは乳液よりも油分が多いですが、役割は基本的には同じとなります。油分によって肌表面に薄い膜を作り、水分が蒸発しないようにするのです。これがなければ、せっかく化粧水で水分を与えてもどんどんと蒸発してしまうことになります。


しかし、乳液やクリームは油分を多く含むことから好き嫌いが分かれる化粧品です。特に、脂性肌などでべたつきが気になる人は、乳液やクリームを使いたくないという人も多いことでしょう。そこで、化粧水だけでスキンケアを済ませようとする人も少なくありません。また、ニキビなどができている場合も乳液やクリームの使用を避ける人もいます。ですが、化粧水だけでのスキンケアは、水分は肌に与えられるものの蒸発を防ぐ対策がない状態です。肌のタイプに関わらず、化粧水だけの使用は避けて乳液やクリームで肌に蓋をするように心がけましょう。


美容液にはどんな効果があるの?

美容液は、美容成分を特に多く含むスキンケア化粧品のことをいいます。化粧水の主成分は水、乳液やクリームは油分でしたが、美容液の場合は美容成分が主となるのです。スキンケアに求める効果は人によってさまざまですが、化粧水乳液やクリームだけでは保湿が主な目的となります。しかし、同時に美容液を使うことで、美白やシミ・しわ対策など、改善したい悩みに特化したケアができるのです。美容液は、それぞれ含まれる成分の種類によって違った効果を期待することができます。そのため、肌の悩みに合った成分を含む美容液を選ぶと効果的なのです。


オーガ二ック化粧品の美容液ならば、肌に負担をかけにくい成分を多く使っています。負担が小さければ、それだけ肌は美容成分が浸透しやすくなるのです。乾燥肌などの場合でも、オーガニックならば効率的に美容成分を得ることができます。また、大自然の恩恵を受けて育った自然由来の原料から抽出される美容成分は、肌を本来の健康な状態へと導いてくれます。含有成分によって肌状態を改善するのではなく、肌本来の力を生かすことで肌状態をよくしていくのです。このように、美容液にもさまざまな種類があるため、肌の悩みに合った美容液を使うことが大切なのです。

使う順番にも気を配ろう

スキンケア化粧品は、適切な順番で使うこともとても重要です。クレンジングをしたら洗顔、その後はブースター化粧品を使ってから化粧水美容液、そして乳液かクリームを使用します。スキンケア化粧品にはそれぞれの役割があるため、この順番を守らないと十分な効果を得ることができなくなってしまうのです。適切な順番を意識して、スキンケア化粧品を効果的に使う習慣をつけましょう。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

約30年、アルガンを研究し続けたメルヴィータ。アルガンの力を凝縮にしたパワフルなフェイスクリームでメリハリある理想的な「立体素肌」へ。

詳しくはこちら
締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

数十億個の美容成分を配合した『アルガンピュア コンセントレイト セラム』。スキンケアの最後に1滴。すーと肌に浸透し、驚くほどのハリ感をもたらす、オイル美容液です。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

大人の女性へプレゼント!おすすめのヘアケア製品5選!

美しく健康な髪の毛になるために、ヘアケアに力を入れている女性はたくさんいます。そして、美しい髪作りを助けてくれるのが、ヘアケア製品です。親しい友人やお世話になった先輩にヘアケア製品をプレゼントしようと考えたとき、どのようなアイテムがプレゼントに最適なのか迷ってしまうでしょう。ヘアケア製品の種類が豊富で、好みも大きく分かれるからです。
ここでは、30代前後の女性にヘアケア製品をプレゼントするときに、おすすめの製品とその特徴について紹介していきます。プレゼント選びの参考にしてみましょう。

続きを見る

髪も地肌もキレイになる!アルガンオイルのさまざまな使い方

アルガンオイルは高い保湿力が特徴であり、ブースターオイルや化粧水後のスキンケアなどに使っている人も多いでしょう。アルガンオイルは、スキンケアだけでなくヘアケアにも使えるということをご存知でしょうか。
アルガンオイルは、パサついて傷んだ髪の毛や頭皮にうるおいを与えてくれるだけでなく、頭皮ケアやスタイリングなど多様な使い方が選べるのです。
ここでは、アルガンオイルでヘアケアをするときの使い方やポイントについて詳しく解説します。

続きを見る

ぷるぷるの肌を保つために!スキンオイルの効果的な使い方

うるおいのある肌に近づくために、毎日のスキンケアに力を入れている人もいることでしょう。スキンケアアイテムもたくさんの種類があるため、肌悩みや肌質に合ったアイテムを選ぶことが大切です。
肌を保湿してくれるアイテムといえば化粧水ですが、肌のうるおいを保つためには適度な油分も必要です。そこで、試してみたいのがスキンオイルです。
ところが、スキンオイルの使い方がわからないという声が少なくありません。ここでは、スキンケアにオイルを使うタイミングやコツについて詳しく紹介していきます。

続きを見る