ボディオイルに期待できる効果とは?覚えておきたい適切な使い方

肌の健康状態を維持するためには、顔だけでなく体にも保湿ケアが欠かせません。体のケアでは、ボディクリームの他にボディオイルを使う方法があります。
では、ボディオイルにはどんな効果があるのでしょうか。また、どのような使い方ならばその効果を生かすことができるのかも知っておきたいところです。
この記事では、そんなボディオイルの効果や使い方について解説します。

ボディオイルとはどういうもの?

ボディオイルは、ボディケア用に作られているオイルのことをいいます。天然の油脂が主成分となっていて、保湿効果にも優れているアイテムです。ボディオイルは、主に乾燥を防いだり肌を美しく保ったりする目的で使われます。肌は衣類との摩擦など、さまざまな要因によって乾燥してしまいます。乾燥すると肌トラブルが起きやすくなるなど、肌を美しい状態に保てなくなってしまうものです。そんな肌のために使うのが、ボディオイルなのです。また、ボディオイルは伸びがよく使い心地も滑らかであることから、マッサージオイルとして使われることも多くあります。肌なじみがよく肌にも負担になりにくいため、広く活用されているのです。




ボディオイルと一口にいっても、その種類はとても多くなっています。アルガンオイルやホホバオイル、アーモンドオイル、シアバターの他、まだまだたくさんの種類が販売されています。そのため、初めてボディオイルを使う場合には種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからなくなってしまうことも少なくありません。そんな場合には、紹介したアルガンオイルなどから始めてみるといいでしょう。また、肌へ浸透しやすいことが特徴でもあるボディオイルは、天然植物オイルを使ったものが安心です。配合成分にも考慮して、好みに合わせて選ぶといいでしょう。


ボディクリームとの違いは?

ボディケアといえばボディクリームも有名ですが、ボディオイルとは異なる点があります。異なる点としてまず挙げられるのが、配合されている油分の割合です。ボディクリームの場合は、油分は多めであるものの製品によってその割合は異なります。油性成分の他に水溶性成分も適度に含まれていて、油分の配合割合は一定ではありません。また、ボディクリームの主成分はセラミドなどの保湿成分であることも特徴です。それに対してボディオイルは、ほぼすべてが油分となります。ほとんどが油分で構成されているため、肌への浸透性が高いことが魅力なのです。このように、配合されている油分の割合についてはボディクリームと大きな違いがあるといえるでしょう。


もう1つの大きな違いは、テクスチャです。オイルはほぼすべてが油分となるため、伸びがよく少量で広い範囲に使うことができます。塗った直後はべたつきが気になるものもありますが、塗り込むことでべたつきも気にならなくなってきます。塗り込めばそれだけ肌になじんでいき高い保湿力が期待できるのです。それに対してボディクリームは、べたつきが少ないことが特徴となります。油分の割合はさまざまですがボディオイルほどの配合量ではないため、比較的さらっとした仕上がりです。同じボディケア用のアイテムですが、ボディクリームボディオイルには大きな違いがあるのです。


どんな効果が期待できるの?

ボディクリームの大きな魅力は、高い保湿力にあります。そのうえ浸透力が高いので、乾燥対策としては申し分ないアイテムといえるでしょう。どんなに保湿力が高いアイテムでも、肌に浸透しなければ意味がないからです。この浸透力の高さから、硬くなってしまった肌の表面を柔らかくする効果も期待できます。肌の表面は本来柔らかいものですが、乾燥が進むとどんどん硬くなってしまうのです。そして、肌の表面が硬いままではどんなに保湿をしても成分がなかなか肌の奥に浸透しにくくなります。そんな肌の表面を柔らかくしてくれるボディオイルは、肌の保湿に優れているといえるのです。また、伸びもいいため広い範囲にも塗りやすいというメリットもあります。ボディクリームに数滴混ぜることで、さらに伸びをよくすることも可能です。


ボディオイルをマッサージオイルとして使用すると、血流をよくする効果も期待できます。血流が滞っていると、肌は栄養や酸素が行き届かなくなり乾燥しやすくなってしまいます。ここでボディオイルを取り入れることで、肌を柔らかくしつつ血流をよくすることができるのです。また、マッサージによってオイルが肌に浸透していくため、保湿ケアにもつながります。

基本的な使い方を覚えよう

ボディオイルは、お風呂上がりなどの肌がきれいな状態のときに使用すると効果的です。ただし、お風呂上がりは肌が特に乾燥しやすいタイミングなので、できる限りすぐに塗っていきましょう。ボディオイルは、腕や脚などのパーツごとにワンプッシュで出てくる500円玉大を目安として使います。もし足りなくなってしまったら、その都度オイルを足しながらケアを進めます。手のひらに適量を出したら、両手をこすり合わせてオイルを温めることもポイントです。温めることでオイルは柔らかくなり、より肌に浸透しやすくなるのです。


オイルが十分温まったら、パーツごとに丁寧に塗り込んでいきましょう。手や脚ならば、両手で包むようなイメージで下から上へ塗っていくと効果的です。このとき、強い力でこすらずにやさしくなでる感覚で浸透させていくことも大切となります。そして、1つのパーツを塗り終えたらまた適量を手に取って温めてから塗りこんでいきます。この容量で、全身を細部までしっかりとケアしていきましょう。


酸化を防いで上手に使おう

ボディケアにおいて魅力的なメリットが多いボディオイルですが、オイルの種類によっては酸化しやすいものもあります。一度開封するとどんどんと酸化が進んでしまい、期待していた効果を得にくくなってしまうこともあるのです。その点、アルガンオイルは抗酸化力に優れていると言われています。オーガニックの自然由来成分を使用しているアルガンオイルは肌に負担をかけにくいうえに、その高い抗酸化力によって保管しやすいことも魅力なのです。

酸化しなければ肌を傷めにくくなるため、手軽に安心して使えるオイルといえるのではないでしょうか。また、酸化しやすいボディオイルの場合でも、すぐに蓋をするなどして酸化しにくい使い方をすると効果的です。オイルそれぞれに合った保管をしながら、ボディオイルに見込まれる高い保湿力を活用していきましょう。

おすすめコンテンツ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

詳しくはこちら
私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめ記事

ボディクリームを身体に使うメリットは?適切な塗り方についても解説

湿度が低くなってくる時期は、顔だけでなく身体のほかの部位も乾燥しやすくなります。身体の乾燥が進むとかゆみや炎症、黒ずみといった肌のトラブルも出てくるようになるため、乾燥対策として身体の保湿ケアを行っている人も多いでしょう。保湿ケアのアイテムにもいろいろな種類がありますが、そのひとつであるボディクリームは、全身だけでなく肘やかかとといった乾燥しやすい部位の保湿にも使える便利なアイテムです。ここでは、ボディクリームを使用するメリットと適切な使い方について解説していきます。

続きを見る

フェイスオイルの使い方!使う順序や注意点をチェックしよう

フェイスオイルにはさまざまな製品があり、いざ使ってみたいと思っても選び方に困ってしまいがちです。また、どうやってスキンケアに組み込めば良いのかについても悩むものです。
この記事では、フェイスオイルを選ぶためのポイントと使い方を紹介します。フェイスオイルについての知識を深めて、自分に合った使い方をしていきましょう。

続きを見る

アルガンオイルは全身に使える万能オイル!気になる使い方は?

数ある美容オイルの中でも希少性が高く、高い美容効果を持つといわれているのがアルガンオイルです。美容オイルを使うのなら、やはり効果が期待できるものを選びたいですよね。アルガンオイルにはそんな効果を期待できるだけの特徴があります。ここでは、そのアルガンオイルについての使い方や期待できる効果について解説していきます。

続きを見る