夏に受けたダメージから徹底回復!秋の適切なスキンケア

夏は、強い紫外線などによって肌がダメージを受けやすい季節です。そんなダメージを放置してしまうと、秋頃に突然肌トラブルが発生してしまうことも少なくありません。そこで、夏が終わったらダメージを回復させるスキンケアを取り入れましょう。
この記事では、夏が終わり秋に実践したい適切なスキンケアについて解説します。

日焼けのダメージが大きい秋の肌

気温が高く湿度も高い夏は、肌にとって負担になる要因が多い季節です。中でも、1年で最も強いとされる夏の紫外線は肌に大きな刺激を与えてしまいます。紫外線を多く浴びると肌が日焼けした状態となり、これは肌がダメージを受けている状態といえるのです。夏の強い日差しによる日焼けダメージは、秋に最も大きく出てきます。秋になると暑さなどの厳しさは落ち着くものの、夏の間に蓄積した肌のダメージはすぐに回復するわけではありません。例え日焼けの色が薄くなってきたとしても、日焼けの影響は肌に残っているのです。


また、夏の強い紫外線は肌を乾燥させてしまいます。乾燥した肌は角質層が厚くなってしまい、ターンオーバーを乱してしまうこともあります。通常、古くなった細胞の集まりとなる角質層は自然にはがれ落ちるものです。しかし、ターンオーバーが乱れると自然にはがれ落ちることなくどんどんと厚くなってしまうのです。また、肌の一番外側に位置する角質層が厚くなることで肌の色にも影響してきます。角質層によって肌の透明感が少なくなるため、肌が暗く見えてしまうのです。この影響で、秋は1年の中で最も肌の色が暗い季節とされています。


さらに、秋はスキンケアの手を抜いてしまいがちであるという特徴もあります。夏に比べると肌の調子が安定して見えるため、スキンケアも夏ほど入念にしなくなってしまう人が多いのです。しかし、秋は夏のダメージが蓄積していて、より丁寧なスキンケアが必要な季節です。見た目だけで判断せず、秋には秋だからこそのスキンケアをしっかりと進めていきましょう。


秋は日焼け後遺症のケアが中心

秋は、何よりも夏の日焼けに対するケアが大切です。強い紫外線によって乾燥した角質層はどんどんと厚くなっているため、これをケアせずにいると肌はより乾燥しやすくなってしまいます。肌が乾燥するとバリア機能が低下してしまい、さまざまな肌トラブルが出てくることもあるでしょう。これを防ぐためには、角質層のケアが欠かせないのです。そして、角質層のケアと同時にシミを防ぐケアも怠らないことも大切です。


紫外線は肌に強い刺激となるため、肌は刺激からダメージを軽減するためにメラニンを生成します。本来ならば、メラニンはターンオーバーとともに体外へと排出されるものですが、常に紫外線を受けている状態となる夏にはメラニンが蓄積してしまいます。また、角質層の乾燥によりメラニンが効率的に体外へ排出されなくなると、シミとなってしまうのです。そのため、例え日焼けが薄くなってきたとしても肌の深層にはシミの予備群があると考えておきましょう。肌の色が落ち着いてきたとしても、シミを防ぐケアを続けていくことが大切となります。


厚くなった角質層のケアとシミ予防のケアがポイントとなる秋は、十分な保湿が大切です。角質層は乾燥によって厚くなり、メラニンが排出されにくくなるためにシミができやすくなるからです。しっかり保湿をすると、角質層の乾燥が和らいで柔らかくなります。すると、不要となった角質層がはがれ落ちやすくなり、メラニンも排出されやすくなるのです。


角質ケアは肌への負担に要注意

秋にしっかり行いたい角質ケアですが、肌への負担をかけすぎないように注意して行う必要があります。夏に多くのダメージを受けているため、肌はいつも以上にバリア機能が低下している状態なのです。そんな肌の状況を考慮して、肌に負担がかかる角質ケアは避けましょう。ただでさえダメージを受けている肌に負担をかけてしまうと、いくら角質ケアであるとはいっても肌の状態が悪くなってしまう可能性があるからです。


解説したように、保湿によって角質層を柔らかくすることは可能ですが、保湿だけでは角質ケアとして即効性があるわけではありません。即効性のある角質ケアとしては、角質を取り除く方法が挙げられます。角質を取り除くことは即効性があり効果的ではあるものの、肌への負担が少ないものを選びましょう。例えば、強くこすったり削り取るという角質ケアは、肌に強い刺激を与えてしまうため避けたほうが安心です。また、どんな角質ケアを行った場合でも肌は少なからずダメージを受けた状態となります。そのため、角質ケアをしたら必ず十分な保湿をすることを心がけましょう。


保湿にも十分気を配る

秋は急激に空気が乾燥する季節となるため、保湿ケアにも力を入れていく必要があります。空気が乾燥していると肌も乾燥しやすくなり、さらに肌の状態が悪化してしまう可能性もあるからです。また、角質層が厚いままでは肌が乾燥しやすいため、乾いた空気によってさらに乾燥が進んでしまいます。これを防ぐためには、十分な保湿ケアをすることが欠かせないのです。日常的なスキンケアに加えて、角質ケアを行った後の保湿も重要です。しっかり保湿ができるボディオイルなどをスキンケアに取り入れて、入念に保湿をしていきましょう。


スキンケアには、アルガンオイルを取り入れるのもおすすめです。アルガンオイルは、オーガニックの自然由来原料を使っているため、肌への負担が少なくなっています。また、肌なじみがよく角質層を柔らかくする働きがあるため、角質層が厚くなっている秋にとても有効です。アルガンオイルならばいつものスキンケアにプラスするだけなので、スキンケア製品を買い替える必要もありません。こうしたアイテムを取り入れて、秋には十分な保湿を行っていきましょう。


秋のスキンケアはとても重要

日焼けの影響を多く受けてきた夏の肌は、ダメージが蓄積した状態です。このダメージが蓄積したまま放置し、気温が低く乾燥も厳しくなる冬に突入するのはよくありません。冬には乾燥や寒さによって肌がダメージを受けやすい季節となるため、肌はよりダメージを抱え込むことになるのです。そこで、冬に入る前に肌をなるべく健康な状態にしておくことが大切です。角質ケアや保湿ケアをしっかり行い、冬の厳しい環境への備えをしておきましょう。

関連製品

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルは、砂漠のあるモロッコの南西部に生育するアルガンツリーの実の種の核から採取され、約30キロの果肉から1リットルしか採取されない大変貴重なオイルです。20年来愛される。メルヴィータのアルガンオイル、5つの理由を解説します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

続きを見る

間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

続きを見る

乾燥が気になる目元!陥りがちなトラブルとスキンケア方法

20代まではどんなケアをしていてもそれほどトラブルを感じなかったのに、30代に差し掛かると「小ジワ」「たるみ」「くすみ」などの悩みを持つ人が増えてきます。特に皮膚の薄い目元は乾燥しやすいため、トラブルが気になるパーツです。 目元のトラブルが起きてしまう原因と対策、そして普段のスキンケアの方法を見ていきましょう。

続きを見る