厳しい冬を乗り越えた春の肌!適切なスキンケアで回復させよう

冬は空気が乾燥するうえに冷え込むため、肌には厳しい季節です。乾燥と冷え込みによってダメージを受け続けた肌は、冬を乗り越えた春に出ることが多くなっています。そこで、春には肌トラブルを解消するためのスキンケアを心がけると効果的です。
この記事では、ダメージを受けてきた春の肌のための適切なスキンケア方法を紹介します。

春は肌荒れが起きやすい

肌荒れといえば冬に起きやすいイメージがありますが、実際には春に起きやすいものとされています。冬ほど空気の乾燥も気にならず気温も上がってくる春ですが、冬のうちに蓄積された乾燥などのトラブルが肌荒れとなって出てくる時期なのです。冬の間に蓄積したダメージによって、肌はバリア機能が低下した状態となっています。この弱った状態の肌に春ならではの刺激が加わることで、肌荒れが起こるのです。


春は、冬から夏に向けて気温がどんどんと変化する季節です。厚手のコートは必要なくなり、薄手の羽織もので過ごせる日も増えてくることでしょう。しかし、朝晩の冷え込みは厳しいことも多く気温が安定する時期とはいえません。こうした季節の移り変わりによる気温の変化や1日の寒暖差によって自律神経のバランスが乱れ、身体面にも精神面にも症状が出てくるのです。例えば、頭痛やだるさ、不眠などは自律神経の乱れによって出やすい身体的な症状です。イライラや不安、集中力の低下や無気力といった精神的な症状も、自律神経バランスの乱れが原因といえます。そして、これらの症状は肌の代謝を低下させる要因となります。自分では気付かないうちに、気温の変化が心身へのストレスとなっているのです。


また、春は風が強い日も多くなっているうえに気温変化による乾燥もまだまだ気をつけたい季節です。春になり暖かくなったと感じるのは、気温が上昇するからです。しかし、湿度はそこまで上昇せず乾燥した状態が続くため、肌も乾燥しやすい状態となります。そのため、皮脂の分泌量もまだ少ないことが春における肌の特徴です。また、春は花粉や黄砂に悩む人が多くなる季節です。自律神経の乱れや乾燥が原因となり肌のバリア機能が低下している春の肌に、これらの刺激が加わることで肌に大きなダメージが加わってしまいます。また、意外と春の紫外線は強いことも肌荒れの要因となります。まだ紫外線対策をしていない人が多く、肌が直接影響を受けてしまい、肌荒れを引き起こしてしまうのです。


春のスキンケアは刺激対策

春のスキンケアは、刺激対策を中心に行います。刺激となるものとしては、肌に付着する花粉や黄砂などが挙げられます。そこで、花粉や黄砂などのアレルゲンはできる限りしっかりと洗い流すようにしましょう。そのためには、入念な洗顔が大切です。ここでアレルゲンを除去しておかないと、その後どんなにしっかりとスキンケアをしても肌への刺激を軽減することはできません。きちんとした洗顔をして、汚れやアレルゲンを残さないようにしましょう。

また、紫外線も肌への大きな刺激となるので春先からの対策が必要です。帽子や日焼け止めを使用するなどして、なるべく紫外線から肌を守る工夫をします。さらに、乾燥対策も欠かせません。十分な保湿ケアをして、肌の水分量を保つように心がけることが大切なのです。

肌に優しい洗顔を心がける

スキンケアでは、洗顔でいかに肌をきれいな状態にできるかが大切なポイントです。さまざまな刺激物が肌に付着しやすい春は、刺激物が長時間肌についた状態にしないようにしましょう。そこで、帰宅したらなるべく早くメイクを落として洗顔する心掛けが大切です。このとき、十分に汚れを落とせる低刺激のクレンジング製品や洗顔料を選ぶこともポイントとなります。また、可能な限り肌への刺激を抑えつつ汚れをしっかり落とすための洗い方をすることも欠かせません。洗い方次第では、冬の乾燥で敏感になっている肌に強い刺激を与えてしまうこともあるからです。


洗顔では、しっかり泡立てた洗顔料でなるべく肌をこすらないようにして洗います。なでるようなイメージで、小鼻の脇などの細かい部分もしっかり洗いましょう。次に、ぬるま湯で洗顔料を落として柔らかく清潔なタオルで肌をこすらず押し付けるイメージで水気を拭き取ります。その後、化粧水で水分を補ったら美容液クリームを使って水分を逃がさないようにケアをします。ここで使うスキンケア製品も、メイク落としや洗顔料同様に肌に刺激となりにくいものがいいでしょう。自然由来の製品ならば、自然素材の力によって肌本来の健康状態を目指すことに期待ができます。こうしたアイテムを取り入れつつ、洗顔とスキンケアを行うと効果的なのです。

肌に負担をかけない紫外線対策

春の紫外線は想像以上に強く、肌へ大きなダメージを与えます。そのため、早い時期から日焼け止めを使いましょう。日焼け止めを選ぶ際は、SPFやPAの値が大きければいいというわけではありません。日常的に使うのならば、値が小さいものを選んだほうが肌へ負担をかけにくくなります。ただし、こまめに塗り直して紫外線をできる限り防ぐことが大切です。細部までしっかりと塗り、肌を紫外線のダメージから守りましょう。また、日焼け止めは塗ったままにせず、その日のうちに落とすことも重要なポイントとなります。日焼け止めの成分も肌への負担となるため、肌に残したままにせず帰宅したらすぐ落とすことが大切なのです。

春からも保湿はしっかり行う

風が強く湿度もまだ低い春は、十分な保湿ケアも欠かせません。皮脂の量も少なくなっているので、入念な保湿ケアをしていきましょう。ただし、保湿ケアを行う洗顔後や入浴後のタイミングは肌の水分が蒸発しやすい状態です。そのため、できるだけすぐに化粧水で水分を補給して美容液クリームを使って水分を肌に閉じ込めます。


特に入念な保湿をしたいこの時期には、保湿力の高いフェイスオイルを使ってみるのもいいでしょう。ブースターとしてオイルを活用することで、入念な保湿ケアを目指せます。十分な保湿によって、肌は健康な状態を保ちやすくなるのです。

季節に合ったスキンケアをしよう

季節によって、肌の状態は変化します。そのため、1年中同じスキンケアをするより季節に合ったスキンケアをしていくことが大切です。春は肌荒れが多くなりやすい季節であるため、刺激対策と紫外線対策が重要な季節なのです。また、洗顔と保湿にも力を入れてスキンケアをしていくことも欠かせません。

おすすめコンテンツ

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら
白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。

詳しくはこちら
白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

大人の女性が毎日のスキンケアで欠かしたくないこと5つ

すこやかで美しい肌は毎日のスキンケアで作られていきます。「もっとスキンケアに時間をかけることができたら」と考えるものの、忙しくて十分な時間が取れないのが現状ではないでしょうか。
30代前後はシミやくすみといった肌悩みが起こりやすい時期ですが、適切なスキンケアができれば肌トラブルを和らげることができます。ここでは、大人女性が忙しくても毎日欠かさないようにしたい基本のスキンケアについて紹介します。

続きを見る

若い頃と同じお手入れ?大人の女性が心がけたいスキンケアの注意点

しっかりスキンケアをしているのに肌の乾燥が気になるのは、ケアのやり方が誤っているのかもしれません。特に30代前後は肌の変化を感じやすい時期です。年齢とともに肌も変化していき、今まで気にならなかった肌の悩みが出てくることがあります。
そこで、肌状態に合ったスキンケア製品を選び、適切なやり方でケアすることが大切になります。ここでは、30代前後の女性がスキンケアを行うときの注意点について解説していきます。

続きを見る

大人の肌は乾燥しやすい!メイク落としの使い方

スキンケアのなかでも、メイク落としはとても重要です。それは、肌にメイクが残っているとスキンケアの効果が半減するからです。さらには、くすみやシワ、ニキビといった肌トラブルの原因にもなりえます。
しかし、メイクをしっかりと落とそうとすると肌の乾燥が気になるという人が少なくありません。メイクをしっかり落とそうとすると、肌のうるおいまで奪ってしまうからです。
ここでは、メイクをしっかりと落としつつ肌を乾燥から守るメイク落としの使い方について、解説していきます。

続きを見る