シャンプーにはどんな効果があるの?きちんと理解してから使おう

お風呂に入るときは、体を洗うのとシャンプーはセットだという人は多いのではないでしょうか。普段何気なくしているシャンプーにも、実は適切な使用方法があります。
この記事では、シャンプーに期待できる効果や目的、シャンプーの選び方、そして髪の洗い方について解説していきます。シャンプーを意識的に行うことで、美しい頭皮と髪を作りましょう。

シャンプーの種類によって効果が異なる

シャンプーは髪を洗うことだと思っている人は多いでしょう。シャンプーの語源となったサンスクリット語にはマッサージの意味があります。つまり、シャンプーとは髪を洗うだけでなく、頭皮をマッサージし、頭皮の汚れを洗い落とすことも指しているのです。頭皮にはたくさんの皮脂腺がありますので、一日活動すると頭皮には余分な皮脂や汚れがつきます。シャンプーにはこれらを取り除いて、健康な髪を育む役割があることを知っておきましょう。


シャンプーにはさまざまな種類がありますが、成分や使い方によって分類することができます。成分を気にする人の候補になるのは、オーガニックシャンプーノンシリコンシャンプーです。

オーガニックの認証がついているシャンプーは、化学合成の農薬や化学肥料を使わずに栽培された作物から抽出された成分を中心にして作られています。植物の持つ自然由来の成分がたっぷり含まれているので、人工的な成分を避けたい人に支持されています。

ノンシリコンシャンプーとは、その名の通りシリコンが配合されていないシャンプーのことです。シリコンは静電気やきしみを抑えるために配合されており、髪をしっとりしてくれる働きがあります。反面、頭皮の毛穴づまりや髪のダメージの原因として指摘されるケースもみられます。ほかにも、オイル系やアミノ酸系があります。


使い方でみてみると、頭皮のケアをしたい人にはスカルプシャンプーというものがあります。毛穴の余分な皮脂や汚れなどを落とし、フケやかゆみを防いでくれるので髪の毛の土台である頭皮の状態を健やかに保つ効果が期待できます。髪のパサつきや広がりが気になる人に向いているのは、ダメージケアシャンプーやオイルシャンプーです。傷んだ髪を修復する成分が配合されています。

保湿効果を期待するなら、オイルシャンプーノンシリコンシャンプーが適しているでしょう。

成分が変われば洗浄の強さも変わる

シャンプーの洗浄力は、シャンプーの種類によって異なります。洗い上がりがすっきりするシャンプーは一般的に洗浄力が強く、反対に洗い上がりがしっとりするものは洗浄力がマイルドのものが多くなっています。頭皮が乾燥している自覚のある人や冬場の乾燥する時期は、皮脂を取り除きすぎないシャンプーがおすすめです。洗浄力が強すぎると頭皮のトラブルを引き起こす原因となることもありますので、自分の肌質に合ったシャンプー選びを心がけるようにしましょう。

薬用シャンプーの効果とは?

頭皮ケアに重点を置くシャンプーの中には、薬用シャンプーの表示がされているものがあります。薬用シャンプーとは医薬部外品の認定を受けたシャンプーのことで、医薬品と化粧品の中間にあるものと考えて問題ないでしょう。薬のような強い作用はないものの、化粧品よりは気になる症状への働きかけが期待できるもののことです。薬用シャンプーと表示できるシャンプーの目的は「脱毛の防止、育毛又は除毛」と定められており、ニオイやかゆみ、べたつきを抑え、フケのトラブルを改善するものが一般的となっています。


一般的なシャンプーに配合されている洗浄成分は高級アルコール系が多いようです。汚れが落ちやすい反面、頭皮にダメージを与えてしまうという一面も持ち合わせています。洗いすぎは乾燥肌や皮脂の過剰な分泌を促してしまうため、皮脂の取りすぎには注意しましょう。しかし、シャンプーをせずに頭を洗わないでいると、皮脂が酸化して雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。雑菌が繁殖した不衛生な状態では健康な髪も育ちにくくなってしまうでしょう。薬用シャンプーには、頭皮の殺菌をして雑菌の繁殖を防ぐ働きがあるほか、頭皮の炎症や乾燥を抑えてフケやかゆみが発生しない頭皮環境を作ってくれます。

頭皮も顔も同じ皮膚

顔の皮膚と頭皮はつながっているので、肌が弱い人は頭皮も弱いことが十分考えられます。化粧品選びに制限がある人は、頭皮も同じように考えて問題ないことが多いようです。乾燥肌の自覚がない人でも、冬場など手足が乾燥する時期には頭皮も乾燥しやすくなっています。洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎてしまうと、他の部位よりも肌荒れが進んでしまう可能性もあります。美と健康への意識が高い女性から注目されているシャンプーの1つがオーガニックシャンプーです。植物の力で髪の1本1本を強くしなやかに洗い上げることができるものもあります。


さらに、美しい髪を作るためには、シャンプー前のひと手間が肝心です。髪をぬらす前にブラッシングをしておくと、頭皮の汚れやフケを浮かび上がらせてその後のシャンプーの泡立ちと汚れ落ちがよくなります。ブラッシングで頭皮を刺激することは、血行を促し新陳代謝を活発にしてくれます。結果、抜け毛や切れ毛を防ぐことにもつながるでしょう。


ブラッシングをしたら、髪と地肌をぬらします。シャンプーを手に取る前に、指の腹の部分を使って優しくマッサージするようにお湯洗いしていきましょう。髪の毛や頭皮についた汚れのほとんどは、このお湯洗いで落ちるといわれています。2〜3分ほど丁寧にお湯洗いすると、その後のシャンプーの泡立ちも良くなるのを実感できるはずです。そして、シャンプーを手にとって泡だてながら地肌をマッサージしていきます。泡を洗い流すときは、お湯の温度にも注意してみてください。洗顔のときに熱いお湯を避けたほうが良いのと同じように、シャンプーも少しぬるいと感じるくらいのお湯が向いています。ただし、温度が低すぎると皮脂汚れが落ちにくくなってしまうので、38℃くらいがちょうど良いでしょう。すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流します。


シャンプーを効果的に使おう

シャンプーには多くの種類がありますが、肌質やなりたい髪に合わせて自分に合った1本を選ぶことが大切です。美しい髪は、健康な頭皮作りから始まっています。適切なシャンプーの仕方を実践して、きれいな髪を手に入れましょう。

おすすめコンテンツ

髪に、赤のオイル。インディゴオイルヘアケア

髪に、赤のオイル。インディゴオイルヘアケア

古くから民間療法にも使われてきた"インディゴ"。メルヴィータ独自のインディゴオイルで、クレンズ&チャージ!髪の質感を改善し透明感のあるツヤ髪へ!

詳しくはこちら

おすすめ記事

顔のかさつきが気になる!乾燥肌の適切な対策を知っておこう

乾燥肌は深刻な肌トラブルのサインです。乾燥の気になる季節に、化粧のノリが悪くなったりハリがなくなったりと、肌の調子に不安を感じている人は多いのではないでしょうか。若いころは季節ごとの肌の悩みとして片づけられがちですが、乾燥肌を放っておくと慢性化してしまいます。手遅れになる前に早めの対処をしておきましょう。
そこで今回は、乾燥肌になってしまう原因や適切なケア方法のポイントについて紹介します。

続きを見る

粉吹き肌の原因や対策は?日ごろのケアでカサカサ防止!

肌は水分量が多ければ健康的に見えますが、水分量が減って乾燥すればするほど肌トラブルが起きやすくなってしまいます。特に肌の乾燥がひどくなると、粉吹き肌になってしまうことがあるのです。粉吹き肌は見栄えがよくなく、何かと悩みの種となるトラブルです。ここでは、そんな粉吹き肌の原因や対策について説明していきます。

続きを見る

20代の今から!自分に合った化粧水選びとスキンケアのポイントを知っておこう

10代の頃は肌のべたつきが気になっていたけれど、20代になってからは乾燥が気になるようになってきた。こんなふうに、少しずつ肌の変化を感じている人もいるのではないでしょうか。同じ人でも、肌質はいつも一定というわけではありません。年齢によって変化していくのはもちろん、使っているスキンケアや過ごしている環境によっても変化していきます。肌をいつもいい状態に保つために、20代のうちからスキンケアのポイントをきちんと理解しておくことが大切です。そこで今回は、肌の状態や自分に合ったスキンケア製品 の選び方などを紹介します。

続きを見る