スキンケアの効果とは?適切に行えば期待できることは多い!

「美しい肌を手に入れたいなら、メイクよりもスキンケアを重視したほうがいい」といわれています。しかし、なぜスキンケアをするのか、スキンケアのステップごとの意味を考えてみたことはあるでしょうか。
スキンケアの意味がわかると今日からスキンケアに対する姿勢が変わるはずです。この記事では、当たり前すぎて意識されることのなかったスキンケアの効果について解説していきます。

適切な手順で効果がアップ

スキンケアは順番が大切です。一般的にスキンケア成分を浸透させるための効果的な使い方は、クレンジング、洗顔化粧水美容液クリームの順番になります。肌は乾燥していると、十分にスキンケア成分を浸透させることができません。たとえば、乾燥している土壌は表面だけがぬれて奥まで水が染み渡ることはありません。肌も土と同じように、化粧品の効果を実感するには、あらかじめ肌の状態をやわらくみずみずしい状態に整えておくことが必要なのです。


一方、夜のスキンケアには朝とは異なる目的があります。その目的は汚れ落としと保湿です。クレンジング、洗顔ブースター化粧水美容液クリームでスキンケアをするとよいでしょう。夜のスキンケアでは紫外線やメイクなどの刺激でダメージを受けた肌を修復していきます。ブースターとして、オイルを用いると肌を柔らかくし、その後のスキンケアを底上げしてくれます。


肌をやわらかくするのにオイルが向いているのは、肌には水分だけでなく油分が必要だからです。理想的な肌とは、水分と油分のバランスがとれた状態の肌のことをいいます。毛穴からは油分である皮脂が分泌されており、皮脂は肌の表面で汗などの水分と混ざり合うことで天然の保護膜を作ります。皮脂膜のおかげで皮膚は水分を肌にとどめておくことができるのです。また、皮脂膜には外の刺激から皮膚を保護する役目もあります。

重視したいメイク落としと洗顔

女性はメイクやファッションなど、身の回りのものをそろえるだけでも何かとお金がかかります。すべてのものに同じようにお金をかけられればよいですが、なかなかそうもいかないという人のほうが多いでしょう。そのようなときは効果の高いものから順にお金をかけるように配分をしていくのがおすすめです。では、スキンケアの中で一番大事なステップはどこだと思いますか。


答えはメイク落としと洗顔です。どんなに高価な化粧水美容液を持っていても、しっかりと汚れが落ちていなければその効果を十分に発揮できている状態とはいえません。クレンジングが不十分でメイク汚れが残った肌には肌荒れや吹き出物ができやすくなってしまいます。余分な角質のために、化粧水や美容液の有効成分が肌の奥まで浸透することができず、肌のターンオーバーも妨げられてしまいます。結果として、シミやくすみなどの肌トラブルにつながってしまうのです。つ洗顔ができていればその後のスキンケア化粧品の効果を十分に生かすことができるともいえます。


メイクをしっかり落とすなら、オイルでのクレンジングがおすすめです。しかし、簡単にメイクオフできることをうたっている商品の中には洗浄力が強すぎるものがあります。しっかりメイクの人は、クレンジングオイルの質にも注目してみましょう。軽めのメイクの人はミルクやクリームタイプのクレンジングでも十分にメイク汚れを落とすことができます。


洗顔はよく泡立てて行うのが基本です。メイク落としも洗顔も摩擦が起きてしまうと肌トラブルの原因になります。クレンジングや洗顔料は、直接手が顔に触れない程度の十分な量を使いましょう。一般的に洗顔のステップでは2回顔を洗うことになりますが、乾燥肌の人は洗顔の回数をなるべく少なくするようにしましょう。


化粧水を塗るだけではダメ

スキンケアアイテムにはそれぞれの役割があり、役割に準じた順番で行うことが大切です。たとえば、乾燥を防ぐために化粧水は欠かせないアイテムです。ところが、それだけでは蓋をするものがないのでどんどん水分が蒸発してしまいます。化粧水をしっかりと浸透させるにはブースターオイルを使ったり、与えた水分を逃さないためにはクリームオイルで皮膜を作ってあげることが必要です。


スキンケア効果を実感するためには、適切な量も大切なポイントです。化粧水はどの程度つければよいのでしょうか。化粧水はいきなりたくさんつけてしまうと、肌に浸透する前に蒸発していってしまいます。そのため、コットンを使って少量ずつつけるとよいでしょう。化粧水をつける際は、パッティングをしているという人もいるかもしれませんが、肌に刺激を与えるのはできるだけ避けましょう。コットンや手のひらで押し込むようにしてつけると、肌全体に化粧水を行き渡らせることができます。化粧水が浸透した目安は、手で触れたときに吸い付くような感覚があるかどうかです。しっかりと保湿できていると、もちもちとした肌に仕上がります。その後、クリームなどでしっかり蓋をします。


美容オイルを上手に活用する

保湿の仕上げには美容オイルも活用してみましょう。美容オイルには肌のバランスを整える、水分保持、皮脂の分泌を抑える、バリア機能をアップするなどさまざまな効果が期待できます。用途も非常に幅広く、クレンジングとして利用できるほか、ブースター、保湿剤、化粧水と混ぜて保湿力アップ、マッサージやパックに活用など、活用シーンも多岐にわたります。1本持っておくとその便利さを実感できるでしょう。


美容効果が優れているオイルとして注目されているのが、アルガンオイルです。オーガニックのアルガンオイルは一般的な透明な美容オイルなどと比べると高価ですが、美意識の高い女性たちから高い支持を集めています。アルガンオイルはモロッコの砂漠地帯に自生する植物の実からとれるオイルで品質の高いものは少量しかとることができません。保湿力が高く乾燥を防ぐ働きがあるほか、肌の再生能力を高める作用が注目されています。そろそろエイジングケアも必要だと感じ始めた人なら、一度は使ってみて欲しいオイルです。


効果的なスキンケアをしよう

スキンケア効果を実感するためには、アイテム選びも大切ですがそれ以上に順番が大切です。これまで使い方に自信がなかった人は、ぜひ適切な使い方を身に付けましょう。スキンケアアイテムをきちんとした使い方をすることが美しい肌を手に入れるための一歩となります。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら
理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

約30年、アルガンを研究し続けたメルヴィータ。アルガンの力を凝縮にしたパワフルなフェイスクリームでメリハリある理想的な「立体素肌」へ。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

続きを見る

間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

続きを見る

乾燥が気になる目元!陥りがちなトラブルとスキンケア方法

20代まではどんなケアをしていてもそれほどトラブルを感じなかったのに、30代に差し掛かると「小ジワ」「たるみ」「くすみ」などの悩みを持つ人が増えてきます。特に皮膚の薄い目元は乾燥しやすいため、トラブルが気になるパーツです。 目元のトラブルが起きてしまう原因と対策、そして普段のスキンケアの方法を見ていきましょう。

続きを見る