化粧品の効果を十分に引き出したい!適切な使い方はできている?

あなたはスキンケアアイテムの使い方に自信がありますか?せっかく肌によいとされている成分が配合された高価なアイテムを使っているのに、効果を実感できていないなら使い方を間違っているかもしれません。
逆に、それほど高価なものでなくても、ポイントを押さえていれば肌本来の美しさを手に入れることもできるのです。今一度、スキンケアアイテムの使い方を確認しておきましょう。

化粧水の適切な使い方は?

まずは、洗顔を終えて最初に肌につけるアイテムである化粧水の使い方を確認しておきましょう。健康的な肌とは水分と油分のバランスのとれた肌のことをいいます。みずみずしい肌には水分が欠かせません。水分を補給して肌をやわらかくしてくれるのが化粧水の役割です。最初に肌をうるおわせることでその後の美容液クリーム・乳液などの成分が肌に浸透するのを助けてくれます。

化粧水の1回の使用量は500円玉硬貨ほどが目安です。コットンを使ってスキンケアするときは、コットンの裏側までしっかりとぬれるくらいを目安としましょう。手で化粧水をなじませるときは、片方の手の平からこぼれないくらいの量を2回使ってください。コットンを使う場合は、軽い力で滑らせるようにして化粧水をつけていきます。叩いたり、強くこすったりすると摩擦が起きて肌へのダメージとなってしまいます。小鼻や口元、まぶたなどの細かい部分もコットンならなじませやすいでしょう。

手で化粧水をつける場合は、両頬と額の広い部分からなじませていきます。両手の手のひらで顔の内側から外側に向かって伸ばすようにしながら、化粧水を伸ばしていきます。目の下のくぼみや小鼻の周り、口元なども忘れないように丁寧に押さえてください。最後は手のひらで顔全体を押さえるようにして化粧水を押し込みます。途中で手が乾いてしまったときは追加で化粧水を足すとよいでしょう。

顔のお手入れをするときに一緒にお手入れして欲しいのは首です。ケアされることが多い顔と比べると、首は忘れられがちな部位です。そのままにしていると、次第に顔と首との境目がわかるようになってしまいます。首のお手入れをするときは、下から上に向かってなで上げるようにして化粧水をなじませるのがおすすめです。

化粧水をつけ終えたら、肌がうるおったかどうかを確認してみましょう。触ったときに肌がやわらかく吸い付くような感じがあれば大丈夫です。水分量が適切な肌は化粧くずれが起こりにくいのが特徴です。夕方になってもそれほどギトギトが気になりません。化粧崩れが気になる人は、化粧水のステップが十分かどうかを見直してみるとよいかもしれません。

クリームや乳液は必要?

化粧水をたっぷりつけたら、クリーム・乳液のステップに進みます。クリームや乳液は肌に油分を与えるものなので必ずつけましょう。

乳液を手でつける場合の目安は10円玉大から1円玉大と考えておきます。コットンでつける場合は、10円玉大を目安としてください。どちらの場合も乾燥しやすい頬、額、あごの順番です。化粧水と同じように、顔の中心から外側に向かってなじませていきます。

クリームの使用量はパール粒1個分です。肌がしっとりするくらいまで少しずつ伸ばして使いましょう。乳液とクリームはどちらか一方で構いません。Tゾーンなどテカりやすい場所は最後に塗るようにして、薄くつけましょう。皮膚が薄く乾燥しやすい目や口の周りは重ね付けするのがおすすめです。また、乾燥がひどいときは乳液の後にクリームを使うとしっかり保湿できます。


美容液はどのタイミングで使えばいい?

スキンケアアイテムの中に必ずといっていいほど入っている美容液ですが、どのタイミングで使えばよいか疑問に感じている人も少なくないのではないでしょうか。美容液は美白やエイジングケアなどの特定の肌悩みに対して作られているものがほとんどです。シミやシワ、肌くすみなど気になる肌悩みがなくてもエイジングケアを始めるのに早すぎることはありません。むしろ、目立つようになる前にケアをしておくのがおすすめです。

一般的には、美容液を使うタイミングは化粧水の後です。スキンケアアイテムは油分の少ないものから多いものの順番に使っていくのが王道となっています。美容液の目安量は部分的につけるものなら直径1cm程度、顔全体につけるものなら直径2cm程度と考えておくとよいでしょう。付けるときは内側から外側へ、また下から上へなじませるようにします。最後は手の平で顔全体を包み込むようにして押さえます。強く叩いたり、こすったりするとシミやシワの原因になりますので、必ずやさしく押さえるようにしてください。


多目的で使える美容オイル

スキンケアアイテムは種類がたくさんあるため、すべてをそろえたうえでそれぞれの使い方を把握するのは大変。という思いを持っている人もいるのではないでしょうか。そのように感じている人におすすめしたいのは美容オイルです。

美容オイルは目的に応じてさまざまな使い方ができるのが特徴です。たとえば、保湿を重視したいときはスキンケアの最後に使うと乳液やクリームの代わりになります。洗顔後すぐになじませるとブースターの代わりとなり、その後の化粧水の浸透をよくしてくれる働きがあるものもあります。

美容オイルはクレンジングとしても利用できます。油性のメイク汚れは、オイルのほうがジェルやクリームタイプのものより落ちもよいでしょう。また、化粧水クリームに混ぜて使うと伸びがよくなり、浸透力もアップします。スキンケアだけでなくボディケアやヘアケアにも使えます。このように、美容オイルはさまざまな使い方ができるアイテムなので、1本持っておくと重宝します。

そろそろエイジングケアをはじめようかと考えている女性にとっておすすめの美容オイルは、アルガンオイルです。モロッコの砂漠地帯に自生しているアルガンの木は乾燥に強く、その実からとれるアルガンオイルは抗酸化作用が高いことで知られています。酸化しやすいオイルは肌の刺激になるだけでなくシミの原因になることもあるため、スキンケアにオイルを取り入れるときは酸化しにくいオイルを選ぶことが大切なのです。オーガニック認証を取得しているアルガンオイルなら、一定の品質が確保されているので安心して使うことができます。これから美容オイルを探してみようと思っている人は参考にしてみてください。

化粧品の効果的な使い方を覚えよう

スキンケアアイテムの効果を実感するには、適切な使い方をすることが大切です。使い方を変えるだけで肌の状態が見違えるほどよくなったという人もいます。これまでスキンケアをなんとなく行っていたという人は、スキンケアアイテムの使い方を身に付けて実践してみましょう。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

約30年、アルガンを研究し続けたメルヴィータ。アルガンの力を凝縮にしたパワフルなフェイスクリームでメリハリある理想的な「立体素肌」へ。

詳しくはこちら
締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

数十億個の美容成分を配合した『アルガンピュア コンセントレイト セラム』。スキンケアの最後に1滴。すーと肌に浸透し、驚くほどのハリ感をもたらす、オイル美容液です。


詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

大人の女性へプレゼント!おすすめのヘアケア製品5選!

美しく健康な髪の毛になるために、ヘアケアに力を入れている女性はたくさんいます。そして、美しい髪作りを助けてくれるのが、ヘアケア製品です。親しい友人やお世話になった先輩にヘアケア製品をプレゼントしようと考えたとき、どのようなアイテムがプレゼントに最適なのか迷ってしまうでしょう。ヘアケア製品の種類が豊富で、好みも大きく分かれるからです。
ここでは、30代前後の女性にヘアケア製品をプレゼントするときに、おすすめの製品とその特徴について紹介していきます。プレゼント選びの参考にしてみましょう。

続きを見る

髪も地肌もキレイになる!アルガンオイルのさまざまな使い方

アルガンオイルは高い保湿力が特徴であり、ブースターオイルや化粧水後のスキンケアなどに使っている人も多いでしょう。アルガンオイルは、スキンケアだけでなくヘアケアにも使えるということをご存知でしょうか。
アルガンオイルは、パサついて傷んだ髪の毛や頭皮にうるおいを与えてくれるだけでなく、頭皮ケアやスタイリングなど多様な使い方が選べるのです。
ここでは、アルガンオイルでヘアケアをするときの使い方やポイントについて詳しく解説します。

続きを見る

ぷるぷるの肌を保つために!スキンオイルの効果的な使い方

うるおいのある肌に近づくために、毎日のスキンケアに力を入れている人もいることでしょう。スキンケアアイテムもたくさんの種類があるため、肌悩みや肌質に合ったアイテムを選ぶことが大切です。
肌を保湿してくれるアイテムといえば化粧水ですが、肌のうるおいを保つためには適度な油分も必要です。そこで、試してみたいのがスキンオイルです。
ところが、スキンオイルの使い方がわからないという声が少なくありません。ここでは、スキンケアにオイルを使うタイミングやコツについて詳しく紹介していきます。

続きを見る