ボディオイルで保湿しよう!どのような使い方をすれば効果的?

肌が乾燥すると、カサカサしたりかゆみが出てくることがあります。この状態になると、衣服に触れるだけでも気になってしまう場合も出てきます。そんな肌の乾燥は、顔と同様に保湿ケアをすることが欠かせません。肌の乾燥対策には、ボディオイルで保湿をするという方法があります。
この記事ではボディオイルを使った適切な保湿の方法について解説するので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

ボディオイルに期待できる効果は?

ボディオイルは、体のケアを目的として作られているオイルのことをいいます。油分が構成成分のほとんどを占めるため、オイルには特有の使用感があります。そんなボディオイルに期待できる役割は、肌荒れを防ぐことです。

肌荒れは、肌のバリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすいときに多く起こります。もともと肌は皮脂などによるバリア機能が備わっていますが、さまざまな理由でバリア機能が低下してしま��ことがあるのです。そこで、ボディオイルを使うことで肌に薄い膜を作り、肌を保護する効果が期待できます。これによって、肌は外部からの刺激を受けにくくなり肌荒れを防ぐことができるのです。

また、皮膚にうるおいを与える効果も見込めます。同時に、皮膚の水分と油分を補い保つ効果もあります。皮膚を健康な状態に保つためには、水分と油分をバランスよく含んだ状態を維持しなければなりません。ボディオイルならば水分も油分も補うことができ、さらに保持することができるのです。これによって、手軽に高い保湿効果を得ることが可能となります。

そして、皮膚の柔軟性を保つ効果も見逃せません。ボディオイルには、角質層を柔らかくする働きがあります。角質層が硬い状態では水分がどんどん蒸発してしまうため、肌は乾燥しやすくなってしまいます。角質層を柔らかくすることができれば水分の蒸発を防ぐことができ、肌は柔らかくうるおった状態になるのです。皮膚の柔軟性を保ってくれるボディオイルは、手触りだけでなく皮膚の状態を改善する効果が見込めるといえるでしょう。こうしたさまざまな効果が期待されているオイルは、その高い保湿力から肌を乾燥から守ることができるのです。


ボディオイルはいつ使えばいい?

ボディオイルは、適切なタイミングで使うとより高い保湿効果を得ることができます。肌が乾燥していると感じたときに使うことはもちろんですが、適切なタイミングで習慣的にボディオイルを使うと効果的なのです。

ボディオイルには、乾いた肌よりも少し水分が残っている肌に使ったほうがオイルが浸透しやすいという特徴があります。構成成分のほとんどが油分となるため水分がたっぷり残った肌では油分を弾いてしまいますが、少しの水分が残っていると乳化反応が起こるのです。オイルが水分と混ざって乳化すると、肌により浸透しやすくなります。そのため、肌が完全に乾いているときよりも湿っているときのほうが効果的にボディオイルを使えるのです。また、肌が温まっているとオイルも温まり伸びがよくなります。すると、少量のオイルでも広範囲に塗ることができ、効率的な保湿ケアが可能となります。

ボディオイルを有効活用するためには、肌が温まっていて水分が少し残っているタイミングに使うことが大切です。この条件にぴったり当てはまるのが、お風呂の後なのです。

お風呂の後ならば肌も清潔な状態であるため、ボディオイルもより浸透しやすいといえます。お風呂上がりのタイミングで使うことも効果的ですが、お風呂上がりは肌がどんどんと乾燥し始めるタイミングです。そこで、お風呂上がりに使う場合はできる限りすぐにボディオイルを塗っていきましょう。より効果的なのは、お風呂から上がる直前のタイミングです。乾燥が始まる前であるため、効率的な保湿ケアができるのです。また、湯船から上がった直後も全身に塗りやすいので有効となります。


ボディオイルを保湿に使うタイミングは?

オイルには、酸化しやすいものとしにくいものがあります。使用している成分によって酸化しやすいかどうかは変わってきますが、酸化しやすいオイルの場合は6時間程度で酸化してしまうものもあると言われています。オイルが酸化してしまうと、肌がくすんでしまうなどのトラブルが起こる可能性もあります。酸化しやすいオイルは早い使い切りが必要です。

酸化しにくいオイルとしては、抗酸化力のあるアルガンオイルが挙げられます。ボディオイルを保湿に使うのならば、毛穴が十分に開いている状態での使用が有効です。また、肌に適度な水分が残っていると肌に浸透しやすくなるため、入浴中かお風呂上がりすぐのタイミングがベストとなります。1日の終わりには、お風呂と共にボディオイルを使うことを習慣化するといいでしょう。


保湿力を高める使い方とは?

ボディオイルの保湿力を高めるためには、適切な使い方をすることも欠かせません。使用する量は多すぎず少なすぎず、適量にとどめることも大切です。

1回あたりに使う使用量は500円玉大で、1パーツずつ塗っていくことになります。1回分の量がなくなってしまったら、また500円玉大のオイルを手に取るようにしましょう。適量を手に取ったら、まず手をこすり合わせるようにしてオイルを温めます。オイルが冷えていると肌へ浸透しにくくなるため、温めることも大切なポイントなのです。

オイルが十分温まったら、肌に伸ばしながら塗り込んでいきます。脚の場合は、両手で挟むようにしてつま先から脚の付け根に向かってやさしく塗り込みます。腕ならば、逆の手で握って手首から肘、そして付け根に向けてやさしく塗り込みましょう。このとき、半円を描くように手を動かしながら塗っていくと効果的となります。これらのポイントを押さえて使うことで、ボディオイルは高い保湿力を発揮することができるのです。


保湿効果を発揮する使い方をしよう

ボディオイルは高い保湿力が魅力ですが、その保湿効果を得るためには適切なタイミングと使い方を覚えておくことが大切です。ただ塗るだけでも効果的なボディオイルですが、効果をしっかりと発揮させることができれば効率的な保湿ケアが可能となります。毎日のケアだからこそ、適切なタイミングと使い方を実践していくことが肌の健康につながるのです。

おすすめコンテンツ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

詳しくはこちら
私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら

おすすめ記事

脂性肌は洗いすぎると悪化する!適切な洗顔で皮脂の過剰分泌を抑えよう

脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多く肌のベタつきやテカリが気になるでしょう。そこで、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、一日に何度も洗顔したりするなどして皮脂を抑えようとするのです。
ところが、皮脂を取りすぎるケアを続けてしまうと、逆に皮脂の過剰分泌を促してしまいます。適切な洗顔を学ぶことが、脂性肌を改善する第一歩です。
ここでは、脂性肌向けの適切な洗顔方法について詳しく解説していきます。

続きを見る

顔のかさつきが気になる!乾燥肌の適切な対策を知っておこう

乾燥肌は深刻な肌トラブルのサインです。乾燥の気になる季節に、化粧のノリが悪くなったりハリがなくなったりと、肌の調子に不安を感じている人は多いのではないでしょうか。若いころは季節ごとの肌の悩みとして片づけられがちですが、乾燥肌を放っておくと慢性化してしまいます。手遅れになる前に早めの対処をしておきましょう。
そこで今回は、乾燥肌になってしまう原因や適切なケア方法のポイントについて紹介します。

続きを見る

粉吹き肌の原因や対策は?日ごろのケアでカサカサ防止!

肌は水分量が多ければ健康的に見えますが、水分量が減って乾燥すればするほど肌トラブルが起きやすくなってしまいます。特に肌の乾燥がひどくなると、粉吹き肌になってしまうことがあるのです。粉吹き肌は見栄えがよくなく、何かと悩みの種となるトラブルです。ここでは、そんな粉吹き肌の原因や対策について説明していきます。

続きを見る