スキンケアにコットンを使う理由は?メリットを活かす使い方をしよう

スキンケアは手で直接行う人も多いですが、コットンを使って行う方法もあります。今まで手でスキンケアをしていた人にとっては、なぜコットンを使うといいのか疑問に思うことでしょう。
コットンでのスキンケアには、肌に嬉しいメリットが多くあるのです。一体どんな理由でコットンを使うといいのか、ここで詳しく解説します。

スキンケアにコットンを使うメリット

スキンケアにコットンを利用するメリットは、化粧水を肌全体に均一につけられることが挙げられます。手でのスキンケアでは、どうしても成分を肌に均一につけていくことは難しいものです。塗りムラができてしまい、スキンケアの効果が均一に出なくなってしまうことも少なくありません。そうなると、せっかくスキンケアをしていても特定の部分だけは肌トラブルができやすいなどという状態にもなりかねないのです。その点、コットンを使うと全体的にしっかりと成分を行き渡らせることができます。コットンは化粧水を留めておくことができるため、肌に数回つけただけですべてを使いきってしまうことがないからです。また、肌に一定回数パッティングしながら使うことで、コットンに含まれる化粧水を常に一定量肌にしみこませることができます。

しかし、コットンを使うというと化粧水の成分がコットンに染みてしまってもったいないと感じてしまいがちです。確かに使用後のコットンには水分が多く含まれますが、これは化粧水の有効成分ではなく水分と言われています。有効成分は肌へ浸透するため、コットンを使っても化粧水が無駄になることはないとされています。使用後のコットンには水分だけが残る状態になるため、必要な成分はしっかりと肌に浸透させることが可能です。また、化粧水を十分に染み込ませたコットンを使うことで、使い始めから使い終わりまで肌に一定量の化粧水を付けていくことができます。手で直接化粧水を付けると最後のほうには化粧水が少なくなってしまいがちなので、これはコットンだからこそのメリットといえるのです。


手でスキンケアすることにもメリットはある

コットンを用いたスキンケアのメリットを紹介しましたが、手で行うケアにもメリットはあります。手で行うスキンケアでは、肌に対する摩擦の少なさが魅力です。肌は少しの摩擦でも負担となり、ときにはダメージとなってしまう場合があるものです。

手でのスキンケアでも強くこすれば肌に負担となりますが、やさしくなでるように行うことで肌への負担を減らすことができます。こうして肌への負担が少なくなれば、より効率的なスキンケアが可能なのです。また、スキンケアをしながら肌の状態を直接感じられることもメリットです。コットンでは、肌の状態を感じ取ることはできません。手で直接肌に触れるからこそ、肌のちょっとした変化にも気付くことができるのです。手で毎日肌の状態をチェックできると、早くに肌トラブルを発見して対処することも可能となります。

手でスキンケアをするメリットでは、スキンケア製品を手で温めながら使えることも挙げられます。スキンケア製品は、冷えた状態では肌への浸透はあまりいいとはいえません。肌に浸透しやすいのは、ちょうど人肌程度に温まった状態なのです。手に一度スキンケア製品を取ってから肌へつけると、手の体温でちょうどよく温まります。これによって、より肌に浸透しやすい状態となるのです。


コットンを使うデメリットはどういう点?

ここまではメリットを紹介しましたが、一方でコットンを使うことにはデメリットもあります。

まず挙げられるのは、コットンの繊維が肌に刺激となる可能性です。コットンの繊維が肌に触れると、肌には刺激となってしまうことがあります。例えコットンの細い繊維であっても、小さな刺激が積み重なれば肌には大きな負担となります。特に、肌が強くないという場合には、コットンは肌に刺激となる可能性が高いのです。また、コットンの品質によっては繊維が肌に強い刺激となってしまう場合もあります。せっかくスキンケアをしていてもコットンによる刺激が強ければ、肌の状態は悪化してしまうこともあるのです。ただし、コットンに十分な量の化粧水を含ませれば、線維は毛羽立たなくなり刺激を押さえることが可能となります。とはいえ、肌質は人によって異なるため、少しでも刺激を感じるようであれば使用を控えたほうが安心です。

もう1つ挙げられるデメリットは、コットンが使えるスキンケア製品が限られるという点です。コットンは水分を含む性質があるため、粘り気の強い化粧水や乳液は十分に吸収できない場合があります。さらっとしたテクスチャのものであればしっかりと吸収してくれますが、すべてのスキンケア製品に使えるわけではないのです。コットンを使ってスキンケアをするのならば、スキンケア製品の選び方にも注意する必要があるでしょう。

手で行うデメリットはどんなところ?

手でスキンケアを行うデメリットは、雑菌を繁殖させてしまう可能性があることです。さまざまなものに触れる手には雑菌が多く付着しているため、汚れたままの手でスキンケアをすると雑菌が繁殖してしまいます。雑菌が繁殖すると肌トラブルを起こしてしまうことが多く、せっかくのスキンケアも逆効果となってしまうのです。そこで、スキンケアをする前には手をしっかりと清潔な状態にしておく必要があります。せっけんを使って細部まで清潔にした手で行ってこそ、肌の健康を維持することが可能となります。また、凹凸のある部分のスキンケアではムラになりやすいこともデメリットです。コットンは凹凸のある部分でも肌に密着しやすいですが、手ではどうしても隙間ができてしまいます。すると、小鼻の脇などの細かい部分はスキンケアが行き届かなくなってしまうのです。

もう1つのデメリットは、スキンケア製品の量が多くなるとこぼれやすいという点です。十分な量を使いたいスキンケア製品ですが、特にさらっとした化粧水などはうまく肌に付けられないことが多くあります。一度に手に取れる量には限界があるため、少量ずつを手に出してから肌に付けていく必要があるのです。


コットンのメリットを活かす使い方をしよう

コットンで行うスキンケアにも手で行うスキンケアにも、それぞれメリットがあります。使っているスキンケア製品の種類や肌質などを考えて、より自分に合った方法を選ぶと安心です。コットンを使うのならば、メリットを生かす使い方をすることが大切となります。肌になるべく負担とならないように工夫しながら、より効果的なスキンケアを行っていきましょう。

おすすめコンテンツ

大人の女性が毎日のスキンケアで欠かしたくないこと5つ

すこやかで美しい肌は毎日のスキンケアで作られていきます。「もっとスキンケアに時間をかけることができたら」と考えるものの、忙しくて十分な時間が取れないのが現状ではないでしょうか。
30代前後はシミやくすみといった肌悩みが起こりやすい時期ですが、適切なスキンケアができれば肌トラブルを和らげることができます。ここでは、大人女性が忙しくても毎日欠かさないようにしたい基本のスキンケアについて紹介します。

続きを見る

若い頃と同じお手入れ?大人の女性が心がけたいスキンケアの注意点

しっかりスキンケアをしているのに肌の乾燥が気になるのは、ケアのやり方が誤っているのかもしれません。特に30代前後は肌の変化を感じやすい時期です。年齢とともに肌も変化していき、今まで気にならなかった肌の悩みが出てくることがあります。
そこで、肌状態に合ったスキンケア製品を選び、適切なやり方でケアすることが大切になります。ここでは、30代前後の女性がスキンケアを行うときの注意点について解説していきます。

続きを見る

大人の肌は乾燥しやすい!メイク落としの使い方

スキンケアのなかでも、メイク落としはとても重要です。それは、肌にメイクが残っているとスキンケアの効果が半減するからです。さらには、くすみやシワ、ニキビといった肌トラブルの原因にもなりえます。
しかし、メイクをしっかりと落とそうとすると肌の乾燥が気になるという人が少なくありません。メイクをしっかり落とそうとすると、肌のうるおいまで奪ってしまうからです。
ここでは、メイクをしっかりと落としつつ肌を乾燥から守るメイク落としの使い方について、解説していきます。

続きを見る