もう顔の乾燥で悩まない!原因を知って適切な対策をしよう

顔の乾燥が気になるのならば、まずは乾燥してしまう原因を知る必要があります。原因を正しく把握することで、初めて有効な対策を見つけることができるからです。
顔が乾燥してしまうと、肌トラブルが発生してしまったり化粧乗りが悪くなってしまったりするものです。人に与える印象にも影響するため、ここで乾燥の原因と適切な対策について知識を深めましょう。

顔の乾燥は間違ったスキンケアが原因?

顔が乾燥してしまう原因の1つとして、間違ったスキンケアが挙げられます。スキンケアは本来ならば肌を健康な状態にするためのものですが、適切に行わなければ逆効果となってしまうのです。


スキンケアの最初のステップとなるクレンジングでは、クレンジング製品の洗浄力が強すぎる可能性があります。クレンジングは、顔に付着した汚れやメイクなどを落とすための工程です。そのためには洗浄力が欠かせない要素となってきますが、必要以上に洗浄力が強いと肌に必要な皮脂まで落としてしまうことがあるのです。皮脂は肌の水分を保持するバリア機能を担っているため、洗浄力の強いクレンジングで落とされてしまうと水分が蒸発しやすくなり肌が乾燥してしまいます。逆に、クレンジングが十分でないというケースも想定されます。メイクや汚れが顔に残ったままの状態では、いくら保湿ケアをしても水分が肌に浸透しにくくなってしまうのです。


また、皮膚が薄い目元などをこするようにして洗っていることも顔の乾燥の原因となります。こすって洗うと肌には刺激となるため、ダメージから肌を守るために水分を多く必要とします。これによって、水分を補給しても肌は乾燥しやすくなるのです。そして、化粧水だけしか使っていないというケースも乾燥の原因となります。化粧水は肌に水分を与える役割を担うものですが、水分を肌に閉じ込める効果は見込めません。そのため、化粧水だけでのスキンケアでは水分の補給はできるものの肌から水分が蒸発してしまっているのです。どんなにスキンケアをしていても、こうした間違ったスキンケアをしていては、肌は乾燥してしまいます。

ヒリヒリ痛いのはバリア機能の低下

肌が乾燥してヒリヒリと痛む場合には、肌のバリア機能が低下している可能性が考えられます。肌は外的な刺激を直接受けるため、角質層や皮脂によって保護されています。しかし、なんらかの理由でこれらのバリア機能が低下してしまうと肌は乾燥してしまうのです。


肌のバリア機能が低下するのには、3つの原因が挙げられます。1つ目は、間違ったスキンケアです。前章でも解説した通り、間違った方法で行うスキンケアは肌にダメージを与えてバリア機能を低下させます。スキンケア製品の選び方や使い方次第で、肌に与える影響はよくも悪くもなるのです

2つ目の原因は、生活習慣の乱れとなります。睡眠時間が短い、生活リズムが乱れている、食生活が健康的でない、運動不足などの理由によって、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。ホルモンバランスが乱れると自律神経系も乱れてしまい、肌のターンオーバーが乱されてしまいます。すると、本来ターンオーバーで自然にはがれ落ちるはずの古い角質が肌表面に残ってしまい、肌に水分が浸透しにくくなってしまいます。

3つ目に挙げられるのは、季節の変化に対する対策不足の可能性です。季節が変化すると、それに応じて肌を保護するための対策も変わってきます。例えば、夏には強い紫外線から肌を守る対策が必要となり、冬には乾燥した空気から肌を守る対策が必要となります。春には、花粉や強くなり始める紫外線対策も欠かせません。こうした季節に合わせた対策ができていないと、肌は乾燥しやすくなるのです。


さまざまな原因が挙げられる肌のバリア機能の低下ですが、これによって肌がヒリヒリと痛むのは角質層がはがれて水分が抜けてしまっている状態だからです。そのため、角質層を正常な状態に戻すことがバリア機能の回復につながります。


顔の乾燥に対する対策方法は?

顔の乾燥に対する対策をするのならば、まず乾燥のタイプについて把握しておきましょう。乾燥肌なのか混同肌なのか、インナードライなのかによって対策に違いがあるからです。乾燥肌の場合には、水分も油分も不足していて1年を通して乾燥しやすい状態です。混合肌は、頬などは乾燥しているのにTゾーンなどは皮脂が多いという、場所によって乾燥の度合いが違う状態を指します。それに対して、インナードライは、肌表面は皮脂が多いのに肌の奥は乾燥している状態です。このように、タイプによって肌の状態はまったく違います。そのため、異なる肌タイプのための対策をしていても乾燥の改善は見込めないのです。


乾燥のタイプが判明したら、まずはスキンケアの内容を見直しましょう。どのタイプであっても、スキンケアはきちんと行うことが乾燥対策の基本です。そのうえで、肌タイプに合ったスキンケア製品を選んでケアしていくと効果的となります。

また、生活習慣や季節の対策についても再度確認してみましょう。十分な睡眠が取れているか、十分な栄養摂取ができているかなどは、欠かせないチェックポイントとなります。季節の対策では、季節ごとにスキンケア製品を変えたり紫外線対策を強化したりすると効果的です。できる限り肌にいい環境を整えてあげることで、肌は乾燥しにくくなるのです。


乾燥を予防することも大事

乾燥に対する対策も大切ですが、予防することも忘れてはいけません。そこで、乾燥を悪化させない対策と同時に乾燥予防策も進めていきましょう。

乾燥を予防するためには、保湿を重視する必要があります。ただし、保湿効果がある化粧水美容液だけでは保湿が十分ではない場合があります。そこで、保湿ケアを強化するのならばアルガンオイルをプラスしてみてはいかがでしょうか。アルガンオイルは、肌を柔らかくして保湿しやすい状況へと導いてくれるアイテムです。

いつもの化粧水美容液などを買い替えなくても、アルガンオイルをプラスするだけで効率的な保湿ができます。自然由来の成分によって肌を健康な状態へと導いてくれるアルガンオイルならば、どんな肌タイプの人にもなじみやすいといえます。こうして乾燥を予防する対策も同時進行することで、肌は健康な状態を目指すことができるのです。


原因をつかんで顔の乾燥対策に活かそう

顔の乾燥対策をするためには、まず乾燥の原因を明確にすることが不可欠です。原因がわかり、それに対する対策を講じていけば乾燥も改善されていくでしょう。そのためには、肌のタイプを知ることも大切です。そのうえで乾燥対策と乾燥予防を並行して進め、乾燥知らずの肌を目指していくと効果的です。アルガンオイルなどを活用して、うるおいのある肌を目指しましょう。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
つき抜けるハリ。パルプデローズ コンセントレイト セラム

つき抜けるハリ。パルプデローズ コンセントレイト セラム

瞬間!つき抜けるハリ。肌にのせた瞬間に溶けだす、従来の2倍ローズヒップ成分の配合の肌溶け美容液。

詳しくはこちら
理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

約30年、アルガンを研究し続けたメルヴィータ。アルガンの力を凝縮にしたパワフルなフェイスクリームでメリハリある理想的な「立体素肌」へ。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

続きを見る

間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

続きを見る

乾燥が気になる目元!陥りがちなトラブルとスキンケア方法

20代まではどんなケアをしていてもそれほどトラブルを感じなかったのに、30代に差し掛かると「小ジワ」「たるみ」「くすみ」などの悩みを持つ人が増えてきます。特に皮膚の薄い目元は乾燥しやすいため、トラブルが気になるパーツです。 目元のトラブルが起きてしまう原因と対策、そして普段のスキンケアの方法を見ていきましょう。

続きを見る