つらい冬場の乾燥肌!どんな方法で対策すればいいの?

冬になると、乾燥肌の人だけでなく普通肌の人でも肌の乾燥に悩むようになります。肌が乾燥した状態だと、さまざまな肌トラブルが起きやすくなってしまうことも大きな悩みとなってきます。
そんな肌トラブルを防ぐためにも、冬場には冬ならではの乾燥肌対策が必要です。この記事では、冬場のつらい乾燥肌に対する適切な対策方法について紹介します。

冬はなぜ乾燥肌になるの?

冬は、1年の中でも特に肌の乾燥に気をつけたい季節です。肌が乾燥しているということは、角質層のバリア機能が損なわれている状態を指します。角質細胞の層によって構成されている角質層は肌の一番表面に位置していて、皮脂とともに肌を守る役割を担っています。皮脂と水分がバランスよく肌に含まれることで、バリア機能は正常に働くことができるのです。しかし、肌の水分が少なくなると皮脂とのバランスが崩れてしまい、角質層はバリア機能が低下してしまいます。すると、肌の水分はどんどんと蒸発してしまい乾燥が進んでしまうのです。


乾燥肌の一般的な原因としては、間違ったスキンケアや紫外線などによる刺激、生活習慣の乱れなどが挙げられます。肌に負担をかけてしまうような間違ったスキンケアは、どんなに水分を補給したとしても十分な保湿効果が見込めません。そのため、スキンケアをしていても乾燥肌となってしまうことがあるのです。そして、紫外線などの刺激が加わると肌は修復のために水分を多く必要とします。これによって、肌の水分が少なくなり乾燥肌となるのです。さらに、生活習慣が乱れてしまうと肌のターンオーバーが乱れてバリア機能が低下してしまいます。バリア機能の低下により肌の水分が蒸発してしまうことで、肌は乾燥しやすくなるのです。


冬は、冷たく乾燥した空気も乾燥肌の原因となります。空気が冷えて乾いた状態であるため、温かく湿った肌から水分がどんどんと奪われてしまうのです。すると、角質層のバリア機能が低下して乾燥肌となってしまいます。環境的に乾燥しやすい季節だからこそ、冬は普通肌でも乾燥しやすくなっているのです。

冬に乾燥しやすい部位は?

冬は体全体が乾燥しやすい時期ですが、特に皮脂腺が少ない部位は注意が必要です。顔では、目の周りや口の周り、頬や首などが挙げられます。顔は、体のように洋服によって外気から守られているわけではありません。皮脂腺が少ないうえに、常に外気にさらされている状態となるため乾燥しやすいのです。

また、手やすね、ひじやひざ、かかとなども乾燥しやすい部位となります。これらの部位も外気にさらされやすいため、皮脂腺も少ないことから乾燥しやすいといえるのです。手やひじは水にさらされる機会も多いことから、より乾燥しやすい状態です。さらに、皮脂量は人によって個人差があるうえに、加齢とともに減少します。そのため、全体的に皮脂の量が少ない人は特に乾燥に気をつける必要があるのです。

乾燥肌になるのを防ぐには

冬に乾燥肌になるのを予防するためには、なるべく外気に触れない工夫をすることが大切です。外気は冷たく乾いているため、触れるだけでも肌の水分が奪われてしまうからです。外気に触れないようにするためには、厚手のコートを着て全身を外気から守るといいでしょう。手袋やマフラーなどを活用して、外気に触れる部位を減らすことも効果的です。冬は肌のバリア機能がどうしても低下してしまうため、衣類などによってバリア機能を補うものが必要なのです。これらを活用することにより、外気による直接の刺激を受けにくくなります。すると、バリア機能が低下した肌でも水分を保ちやすくなり、乾燥肌になりにくくなるのです。


肌のバリア機能を維持するためには、水分と皮脂のバランスが大切です。そのため、水分を保持するだけでなく皮脂量を十分に保つ工夫も欠かせません。そこで、皮脂を奪ってしまうような行為はなるべく避けて、皮脂によるバリア機能も維持するように心がけましょう。皮脂は、洗浄力の強いクレンジングによって必要以上に落とされてしまうことがあります。また、クレンジングや洗顔時、入浴時に熱すぎるお湯を使用することも皮脂を奪いやすい行為です。こうした行為を極力避けることで、皮脂の分泌量を維持することができるのです。

保湿は水分を補うだけではダメ

保湿とは、肌に水分を補給してそれを保持することをいいます。乾燥が気になる冬の保湿では、肌にただ水分を補うだけでは足りません。どんなに水分を補ったとしても、それを保持できなければ意味がないからです。どんなに保湿力のある化粧水や美容液を使っても、それだけでは冬に必要な保湿をすることは難しいでしょう。冬は角質層のバリア機能が低下してしまうため、水分を保持するための機能が損なわれてしまっています。また、皮脂の量も減少してしまうため肌のバリア機能は全体的に下がっている状態です。そのため、皮脂や角質層の代わりに水分の蒸発を防ぐ機能が必要なのです。


皮脂や角質層の代わりとなる機能を持ちあわせているのは、クリーム美容オイルです。クリームオイルは油性となるため、肌から水分が蒸発するのを防ぐ役割を担います。そこで、肌のバリア機能を補うためにクリームやオイルをしっかり使っていくといいでしょう。

クリームやオイルは、顔だけでなく乾燥が気になる部位に積極的に使っていくと効果的です。お風呂上がりや乾燥が気になるときにこまめに塗ることで、冬でもしっかりと保湿することができます。また、なるべく肌に負担をかけない天然由来原料のボディクリームを使うと安心です。肌への刺激は乾燥につながるため、例えクリームであっても肌に負担をかけにくいものであることに越したことはありません。

冬の保湿には、アルガンオイルもいいでしょう。オーガニック認証を取得しているアルガンオイルは、化学合成成分を使わず自然の力を最大限に生かしたアイテムです。肌に負担をかけないことはもちろん、肌本来の健康状態を取り戻すサポートをしてくれます。こうしたアイテムを取り入れることで、冬に必要な保湿ケアが可能となるのです。

冬の肌乾燥には適した対策が必要

冬に肌が乾燥するのは、空気の冷えや乾燥だけが原因ではありません。肌のバリア機能が低下してしまい、外的な刺激を受けやすくなっていることも原因となるのです。そのため、いくら外気に触れない工夫をしていても肌のバリア機能を補っていなければ、肌は乾燥してしまいます。これを防ぐためには、アルガンオイルなどのアイテムを取り入れた保湿ケアも欠かせないのです。適切な対策を講じて、冬の乾燥から肌を守っていきましょう。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

約30年、アルガンを研究し続けたメルヴィータ。アルガンの力を凝縮にしたパワフルなフェイスクリームでメリハリある理想的な「立体素肌」へ。

詳しくはこちら
締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

数十億個の美容成分を配合した『アルガンピュア コンセントレイト セラム』。スキンケアの最後に1滴。すーと肌に浸透し、驚くほどのハリ感をもたらす、オイル美容液です。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

大人の女性へプレゼント!おすすめのヘアケア製品5選!

美しく健康な髪の毛になるために、ヘアケアに力を入れている女性はたくさんいます。そして、美しい髪作りを助けてくれるのが、ヘアケア製品です。親しい友人やお世話になった先輩にヘアケア製品をプレゼントしようと考えたとき、どのようなアイテムがプレゼントに最適なのか迷ってしまうでしょう。ヘアケア製品の種類が豊富で、好みも大きく分かれるからです。
ここでは、30代前後の女性にヘアケア製品をプレゼントするときに、おすすめの製品とその特徴について紹介していきます。プレゼント選びの参考にしてみましょう。

続きを見る

髪も地肌もキレイになる!アルガンオイルのさまざまな使い方

アルガンオイルは高い保湿力が特徴であり、ブースターオイルや化粧水後のスキンケアなどに使っている人も多いでしょう。アルガンオイルは、スキンケアだけでなくヘアケアにも使えるということをご存知でしょうか。
アルガンオイルは、パサついて傷んだ髪の毛や頭皮にうるおいを与えてくれるだけでなく、頭皮ケアやスタイリングなど多様な使い方が選べるのです。
ここでは、アルガンオイルでヘアケアをするときの使い方やポイントについて詳しく解説します。

続きを見る

ぷるぷるの肌を保つために!スキンオイルの効果的な使い方

うるおいのある肌に近づくために、毎日のスキンケアに力を入れている人もいることでしょう。スキンケアアイテムもたくさんの種類があるため、肌悩みや肌質に合ったアイテムを選ぶことが大切です。
肌を保湿してくれるアイテムといえば化粧水ですが、肌のうるおいを保つためには適度な油分も必要です。そこで、試してみたいのがスキンオイルです。
ところが、スキンオイルの使い方がわからないという声が少なくありません。ここでは、スキンケアにオイルを使うタイミングやコツについて詳しく紹介していきます。

続きを見る