油性肌のためのスキンケア!適切なやり方で悩みを軽減しよう

油性肌は皮脂分泌が多く、肌のテカリやベタつきが目立ちやすいです。また、メイクも崩れやすくニキビやくすみといったトラブルも起こりやすいため、油性肌を何とかしたいと思っている人も多いでしょう。
肌質は生まれ持った要因も関係していますが、誤ったスキンケアや生活習慣の乱れも多いに関係しています。適切なケアを行うことで、肌をすこやかに保てるようになるでしょう。ここでは、油性肌の原因や適したスキンケアについて解説していきます。

油性肌とはどんな肌?

油性肌とは、脂性肌ともいわれ、皮脂腺の働きが活発で皮脂の分泌量が通常よりも多い肌質のことを指します。そのため、顔全体や部分的にテカリやベタつきが目立ちやすいのです。

理想的な肌は水分と油分のバランスが整っているのですが、油性肌は水分量が少なく油分の量が多いのです。皮脂は汗と混ざり合うことによって天然の皮脂膜を形成し、紫外線やホコリといった外部刺激から肌を守ってくれています。そのため、肌の水分量が不足すると、肌を守るために皮脂を過剰に分泌するようになります。それが、さらに油性肌を悪化させる原因となるのです。そして、余分な皮脂は毛穴に詰まってニキビを作る、皮脂が酸化して角栓を作るなどさまざまな肌トラブルを引き起こします。このように、油性肌は肌悩みを増加させる原因を作りますので、早いうちに適切なケアを行うことが重要です。

どうして油性肌になるの?

油性肌になってしまうのは、生まれつきの肌質だけでなくいくつかの外的、内的要因が関係しています。その一つが毛穴の開きです。毛穴は古い角質や余分な皮脂を排出するために、収縮を繰り返しています。健康な毛穴は、毛穴が開いてもその後キュッと引き締まるものです。ところが、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどが原因で毛穴が開いた状態が続くと皮脂も過剰に分泌されるようになります。角栓除去も油性肌になる原因です。油性肌の人は余分な皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすく、それが酸化してできる角栓が気になるでしょう。本来、角栓は自然とはがれていくのですが、無理に取り除こうとすると毛穴が開いてしまいます。それが、皮脂の過剰分泌を招くのです。


誤ったスキンケアも原因のひとつです。油性肌の人はテカリやベタつきが気になって必要以上に洗顔したり、洗浄力の強い洗顔料を使ったりしがちです。皮脂は肌のうるおいをキープするだけでなく、外部刺激から肌を保護するバリア機能の役割も果たしています。ところが、必要以上に皮脂や肌の常在菌を取りすぎてしまうと、肌の自己防衛機能が働くようになります。皮脂膜を作って肌をうるおわせようと、過剰に皮脂を分泌させるのです。


脂取り紙の過剰使用も要注意です。テカリやベタつきが気になると、油取り紙を使って皮脂を抑えようとするでしょう。適量の皮脂はすこやかな肌を保つために欠かせません。そこで、肌は皮脂をたくさん分泌して肌を守ろうとするのです。過剰なスキンケアによって、皮脂の分泌量を増やしていることをよく覚えておきましょう。スキンケアを見直すことで、皮脂の分泌量を抑えることにつながっていきます。

油性肌の原因になる生活習慣とは?

外的な要因だけではなく、内的な要因も油性肌の原因を作ります。生活習慣の乱れが肌質の変化や肌トラブルに関係してきますが、食生活の乱れが与える影響は特に大きいのです。たとえば、ジャンクフードや肉、ファストフードのように油分の多い食事を多く食べている人は要注意です。ジャンクフードなどに含まれている油は健康や美容にも悪影響を与える不飽和脂肪酸を多く含み、過剰な皮脂分泌を促します。また、特定の物ばかり食べていると栄養バランスが乱れてしまって、それがホルモンバランスを乱すことにもつながります。


仕事や家事などで忙しく、睡眠時間が足りていない人も多いでしょう。睡眠不足もまた、油性肌の原因になります。寝ている間に分泌される成長ホルモンは、ダメージを補修する働きに優れています。ところが、睡眠不足になると肌のダメージが修復することができなくなり、肌の健康状態の悪化につながります。また、睡眠不足は自律神経の乱れも引き起こします。自律神経はホルモン分泌もコントロールしていますので、その乱れはホルモンバランスの乱れを引き起こします。また、ストレスがたまることでも自律神経が乱れやすくなり、皮脂の過剰分泌を促すのです。


油性肌のスキンケアは何がポイント?

油性肌を改善するためには、油性肌に合ったスキンケアを取り入れることが大切です。スキンケアで意識したいのは、肌に刺激や負担を与えないこと、過剰に皮脂を取りすぎないことです。油性肌の人は皮脂を抑えるために、必要以上に洗顔をしがちです。これが、皮脂を過剰に摂りすぎることにつながりますので、洗顔は1日2回までにとどめましょう。洗顔を何度も行うと、必要以上に肌のうるおいを取り除いてしまいます。その結果、肌を守ろうとして皮脂を過剰分泌させるようになります。すると、洗ったばかりなのに肌のテカリがおさまらず、再び洗顔をするという悪循環に陥るのです。肌のテカリを気にせずに、必要以上に洗顔をしないように気を付けましょう。


洗顔時も肌をゴシゴシとこすってはいけません。肌が摩擦によるダメージを受けて、皮脂の過剰分泌を促してしまうからです。肌と手が触れないくらいのたっぷりの泡を作り、優しく洗顔していきましょう。その後、しっかりと保湿ケアを行います。油性肌の人は肌の水分量が不足していますので、たっぷりと肌に水分を与えることが大切です。また、油性肌は毛穴が開いているため、毛穴を引き締める作用のある化粧水を使用するといいでしょう。このような化粧水を使用すると、毛穴を引き締めて過剰な皮脂分泌を抑えてくれます。仕上げに、肌に補給した水分が逃げないように、クリームオイルなどをつけます。併せて、生活習慣の改善にも取り組みましょう。内的ケアと外的ケアを組み合わせることで相乗効果が期待できるようになります。

油性肌ほどオイルの活用をしてみよう

油性肌の人は、油分の多いスキンケア製品を使うのは肌に良くないと考えていませんか。特にオイルは、ベタつきやすく油性肌を悪化させるイメージがあります。そのため、さっぱりとしたテクスチャや使い心地のスキンケアアイテムを選びがちです。ところが、油性肌こそオイルを使ったスキンケアが向いているのです。それは、オイルが皮脂の過剰分泌を抑えてくれるからです。油性肌は、肌の水分や皮脂が不足しており不足分を補うために皮脂を過剰分泌させています。そこで、適量のオイルを使用することで、過剰に皮脂を分泌する必要がなくなります。


美容オイルにもたくさんの種類がありますが、はじめての方でも使いやすいのがアルガンオイルです。アルガンオイルとは、脅威の生命力と保水力を持つのが特徴で、高い保湿効果が期待できます。しかも、肌となじみやすくそれほどベタつきも気になりません。化粧水をつける前にブースターオイルとしても使用でき、化粧水や他のスキンケア製品の浸透を助けてくれるのです。また、スキンケアの仕上げにも使用できますし、ヘアケアやボディケアにも使えますので1本持っていればいろいろな部分に使用することができます。


原因を理解してスキンケアに活かそう

油性肌で悩む人も多いですが、その原因は人それぞれ異なります。油性肌を何とかしたいときは、適切なケアを取り入れることがポイントです。そのためにも、まずは油性肌になってしまった原因を知ることです。原因に合ったケアを取り入れることで、過剰な皮脂分泌が起こりにくくなるでしょう。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

大人の女性が毎日のスキンケアで欠かしたくないこと5つ

すこやかで美しい肌は毎日のスキンケアで作られていきます。「もっとスキンケアに時間をかけることができたら」と考えるものの、忙しくて十分な時間が取れないのが現状ではないでしょうか。
30代前後はシミやくすみといった肌悩みが起こりやすい時期ですが、適切なスキンケアができれば肌トラブルを和らげることができます。ここでは、大人女性が忙しくても毎日欠かさないようにしたい基本のスキンケアについて紹介します。

続きを見る

若い頃と同じお手入れ?大人の女性が心がけたいスキンケアの注意点

しっかりスキンケアをしているのに肌の乾燥が気になるのは、ケアのやり方が誤っているのかもしれません。特に30代前後は肌の変化を感じやすい時期です。年齢とともに肌も変化していき、今まで気にならなかった肌の悩みが出てくることがあります。
そこで、肌状態に合ったスキンケア製品を選び、適切なやり方でケアすることが大切になります。ここでは、30代前後の女性がスキンケアを行うときの注意点について解説していきます。

続きを見る

大人の肌は乾燥しやすい!メイク落としの使い方

スキンケアのなかでも、メイク落としはとても重要です。それは、肌にメイクが残っているとスキンケアの効果が半減するからです。さらには、くすみやシワ、ニキビといった肌トラブルの原因にもなりえます。
しかし、メイクをしっかりと落とそうとすると肌の乾燥が気になるという人が少なくありません。メイクをしっかり落とそうとすると、肌のうるおいまで奪ってしまうからです。
ここでは、メイクをしっかりと落としつつ肌を乾燥から守るメイク落としの使い方について、解説していきます。

続きを見る