肌の乾燥はどうケアすればいい?知りたい効果的な対策方法

空気が乾燥する季節に限らず、一年を通じて肌の乾燥に悩む人は少なくありません。肌が乾燥すると肌を外部刺激から守ってくれるバリア機能も低下し、かゆみや炎症といった皮膚トラブルが起こりやすくなります。また、ターンオーバーの機能も乱れてくすみやシミ、シワといった肌の悩みが目立つようになるでしょう。
しっかりケアしていても肌の乾燥がおさまらないのは、そのケアの方法が誤っているのかもしれません。ここでは、乾燥肌の効果的なケア方法について解説していきます。

肌が乾燥する原因から考えよう

肌が乾燥していることを自覚している人もいれば、自分が乾燥肌だということに気が付いていない人もいます。自分の肌タイプを確認するめにも、乾燥肌の状態やその原因について理解しておきましょう。


乾燥肌とは、角質の表面が剥がれて水分が逃げやすくなっているうえに、皮脂の分泌量も低下し皮膚の表面が乾いている状態です。肌の表面には角質層と呼ばれる角質細胞の層があり、それが肌の水分を捉えてうるおいをキープしてくれています。そして、角質層の水分が角質細胞の隙間を満たすことで、肌を外部刺激から守ってくれています(バリア機能)。


肌の乾燥によってバリア機能も低下し、外部からの刺激に対して過敏に反応するようになります。そして、皮膚がアレルゲンなどの刺激を受けると、かゆみや炎症を起こすのです。皮膚のかゆみを抑えようとかいてしまうと、さらなるかゆみを誘発して無意識のうちに皮膚をかきむしるようになります。ますますかゆみもひどくなり、皮膚の状態を悪化させてしまうでしょう。そこで、乾燥による皮膚トラブルを起こさないようにするために、保湿ケアをすることが大切です。

水分を与えるだけではダメ

乾燥肌の人は肌の水分量が不足しています。そのため、スキンケアで水分をたっぷり補えばよいと思っていませんか。確かに肌の乾燥は水分不足が原因ですが、水分だけでは肌乾燥を和らげることはできません。

乾燥肌の保湿ケアは水分をしっかりと与えて、水分を逃さないようにするケアが必要なのです。スキンケアのときには、化粧水を使って肌に水分を与えるでしょう。化粧水をたっぷりとつけると肌がうるおっているように感じますが、そのままでは水分を肌に留めることはできません。それは、化粧水で肌に与えた水分は時間の経過とともに蒸発してしまうからです。そして、化粧水が蒸発するときに肌のうるおいまでも奪ってしまうため、余計に乾燥がすすみやすくなります。


そこで、与えた水分を肌に留めるケアが欠かせません。化粧水をつけて肌に浸透させてから、クリームオイルなど油分を多く含むスキンケア製品を肌に塗り込みましょう。クリームオイルに含まれている油分が皮膚の表面に膜を作り、水分の蒸発を防いでくれます。乾燥しているお肌は水分だけでなく油分も不足しています。乾燥を目立たなくするためには、肌に適度な水分と油分を与えることが大切です。

顔の乾燥をケアする方法は?

空気が乾燥する季節は顔の乾燥に悩まされます。しかも、顔は体と違って常に外気に触れていますし、皮膚も薄くてデリケートなため乾燥しやすくなっています。顔の乾燥をケアするためには、日ごろのスキンケアが大切です。

メイクや肌の汚れを落とすのにクレンジングや洗顔を行いますが、使用するアイテムの選び方や洗い方に注意しましょう。強い洗浄料を持つクレンジングや洗顔料を使うと、肌に必要なうるおいまで洗い流してしまいます。また、乾燥した肌はバリア機能が低下し外部刺激に対して過敏に反応するため、洗浄力が優しく低刺激のものを選ぶといいでしょう。


クレンジングや洗顔の後は肌の水分が想像以上のスピードで蒸発していきます。乾燥を防ぐためにも、クレンジングから洗顔、保湿までの時間をできるだけ短くすることが大切です。一般的なスキンケアの手順は化粧水美容液クリームですが、乾燥肌対策にはブースターオイルをプラスしてみましょう。

ブースターオイルとは、洗顔後すぐのお肌につけるオイルのことであり、その後使用するスキンケア製品の浸透を助けてくれます。肌が乾燥していると肌表面の角質が硬くなってしまい、化粧水などのなじみが悪くなります。その状態でケアを続けても、スキンケア製品の有効成分を肌に十分届けることができないのです。

乾燥した肌は水分だけでなく油分も不足していますので、ブースターオイルで適度な油分を補えます。さらには、ブースターオイルはスキンケアの仕上げにも使うことができます。化粧水美容液で与えたうるおいを、オイルの働きで肌にしっかりと留めてくれるでしょう。

ボディの乾燥ケアはどうすればいい?

顔だけでなくボディの乾燥に悩む人も少なくありません。ボディの乾燥も適切なケアにより、和らげることができるでしょう。

まずは、お風呂で体の汚れや余分な皮脂を落とすことが大切です。これらの汚れが肌に残っていると雑菌が繁殖し、肌トラブルを引き起こしてしまうからです。そして、体を洗うときに使用するボディウォッシュや石鹸も、皮膚への刺激を避けるために肌に優しいものを選びましょう。ナイロン素材やあかすりのタオルは肌に強いダメージを与えますので、綿素材のタオルや素手で洗うようにします。その後、しっかりとすすぎをしてください。石鹸やボディウォッシュの洗浄成分のすすぎ残しがあることで、かゆみや炎症といったトラブルの原因になります。


湯船につかることは体を温めてくれるだけでなく、リラックス効果も期待できます。しかし、お湯の温度や湯船につかる時間に注意しないと肌の乾燥をすすめてしまいます。お湯の温度は体温よりも少し高めの38〜40度、湯船に入るのは10分程度にとどめましょう。高温で長時間入浴すると、皮脂を落としすぎてしまいます。

そして、お風呂から上がってからは、肌のうるおいが猛スピードで逃げていきますので、素早い保湿が必要です。保湿で使用するアイテムは、低刺激で保湿力の高い植物性のオイルが適しています。肌に水分が少し残った状態で塗り込むと、乳化して浸透しやすくなるでしょう。

上手なオイル使いを覚えよう

肌の乾燥がすすむと皮膚のトラブルも起こりやすくなります。肌の乾燥を和らげるためには、適切な保湿ケアが欠かせません。保湿ケアも水分を与えるだけでなく、適度な油分を与えることも大切です。また、乾燥してバリア機能が弱っている肌のケアには、低刺激で保湿力の高いケア製品が適しているでしょう。

そこで役立つのがオイルケアです。1本で全身のケアに使えますし、保湿力も期待でき栄養も豊富に含んでいます。全身の乾燥ケアにオイルを活用してみましょう。

関連製品

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

大人の女性が毎日のスキンケアで欠かしたくないこと5つ

すこやかで美しい肌は毎日のスキンケアで作られていきます。「もっとスキンケアに時間をかけることができたら」と考えるものの、忙しくて十分な時間が取れないのが現状ではないでしょうか。
30代前後はシミやくすみといった肌悩みが起こりやすい時期ですが、適切なスキンケアができれば肌トラブルを和らげることができます。ここでは、大人女性が忙しくても毎日欠かさないようにしたい基本のスキンケアについて紹介します。

続きを見る

若い頃と同じお手入れ?大人の女性が心がけたいスキンケアの注意点

しっかりスキンケアをしているのに肌の乾燥が気になるのは、ケアのやり方が誤っているのかもしれません。特に30代前後は肌の変化を感じやすい時期です。年齢とともに肌も変化していき、今まで気にならなかった肌の悩みが出てくることがあります。
そこで、肌状態に合ったスキンケア製品を選び、適切なやり方でケアすることが大切になります。ここでは、30代前後の女性がスキンケアを行うときの注意点について解説していきます。

続きを見る

大人の肌は乾燥しやすい!メイク落としの使い方

スキンケアのなかでも、メイク落としはとても重要です。それは、肌にメイクが残っているとスキンケアの効果が半減するからです。さらには、くすみやシワ、ニキビといった肌トラブルの原因にもなりえます。
しかし、メイクをしっかりと落とそうとすると肌の乾燥が気になるという人が少なくありません。メイクをしっかり落とそうとすると、肌のうるおいまで奪ってしまうからです。
ここでは、メイクをしっかりと落としつつ肌を乾燥から守るメイク落としの使い方について、解説していきます。

続きを見る