ボディクリームでの保湿はいいことずくめ!自分に合った選び方や使い方は?

ひじや足のかさつきや、かゆみに悩んでいませんか。もしかしたら、それは肌の乾燥が原因かもしれません。乾燥が原因で起きるボディの悩みには、ボディ用の保湿アイテムを使った保湿ケアがおすすめです。
なかでも、ボディクリームは保湿力も高く、また持ち歩きもしやすいのでおすすめです。ここでは、身体の保湿ケアにボディクリームを使うメリットやボディクリームの特徴および使い方などについて詳しく紹介します。

ほかの保湿アイテムとの違いは?ボディクリームの種類と特徴

身体の保湿に使えるアイテムとしては、ボディクリームのほかにもボディローションやボディオイルなどさまざまなタイプの製品があります。種類が多すぎて、どれを選んだらいいのか迷ってしまう人もいるかもしれません。この段落では、ボディクリームとそのほかの保湿アイテムの違い、さらにボディクリームの特徴について解説します。


ローションやオイルとの違い


ボディ用の保湿アイテムは油分・水分の配合量の違いによって、いくつかのタイプに分けることができます。ボディ用の保湿アイテムには次のようなタイプの製品があります。


・ボディローション

ボディ用の化粧水というイメージのアイテムです。水分が多く、油分がほとんど入っていないので、さっぱりとした質感になります。


ボディミルク

フェイス用でいう乳液にあたるアイテムです。油分も含んでいるものの、水分量も多いので伸びがよく、軽めの質感です。


ボディクリーム

水分も含んでいますが、ボディミルクより油分の量が多めです。油分の量が増えるぶん保湿力が高く、またやや硬めの質感になります。


・ボディオイル

油分が主成分であり、クリームとは違い液状なのが特徴です。


・ボディバター・ボディバーム

油脂からできており、常温では固形です。


一般的に、ボディ用の保湿アイテムは、油分の量が多くなるほど保湿力が上がっていきます。どの保湿アイテムを使うかは肌の乾燥の度合いや季節に応じて選ぶと良いでしょう。


ボディクリームの特徴


一般的に、ボディクリームの主成分はオイルやワセリンといった油分です。水分も含んでいますが、乳液状のボディミルクよりも油分が多めです。そのため、半固形状で、やや重めの質感になります。室温が低いと伸ばしにくくなることがあるので、そのようなときには手のひらで温めてから塗ったり、数滴のボディオイルを混ぜてから塗ったりすると良いでしょう。

ボディクリームのメリットは保湿力が高いことです。油分が多いので、ミルクやローションよりも保湿力は高め。乾燥しがちなところもきちんと保湿できます。その代わり、こっくりとした触感なので、夏はべたつくと感じる人もいるかもしれません。「べたつき」が気になるという人は、夏は軽めの質感のミルク、冬は保湿力のあるクリームと季節によって使い分けるのもおすすめです。

ボディクリームを使うメリットは?保湿以外の魅力もたっぷり

保湿力が高いボディクリームは、乾燥がひどい部分もしっかりうるおすことができます。しかし、ボディクリームの魅力は保湿力の高さだけではありません。持ち歩きしやすい、選べる種類が多いなどたくさんのメリットがあります。この段落では、毎日のボディケアにボディクリームを取り入れるメリットを紹介します。


肌に塗りやすい


ボディクリームは水分と油分をバランス良く含んでいます。ボディバターのような油脂が多い製品は低温でカチカチに固くなってしまう傾向がありますが、ボディクリームはそこまで固まらないので冬でも比較的肌に伸ばしやすいです。また、程良い固さがあるので、液ダレしにくいのもメリットです。量の調節もしやすいので、部位に応じた分量を簡単に塗ることができます。さらに、持ち運びやすいのも特徴です。適度な固さのあるボディクリームはチューブやジャーに入っている製品が多く、持ち運びにも向いています。コンパクトなサイズのボディクリームを選べば、外出先や旅行先でも手軽に塗れるはずです。


保湿力が高い


ボディクリームは、ボディの保湿アイテムのなかでは高い保湿力を持ちます。それでいて、適度に水分を含むことから肌に浸透しやすく、塗ったときにべたつきにくいです。ボディクリームは肌に油分を補給し、保湿します。また、ボディクリームに含まれる油分には肌の水分の蒸発を防ぐ「ふた」としてのはたらきを期待できます。

肌を外の刺激から守るバリア機能は、肌がうるおった状態で正常にはたらきます。したがって、肌が乾燥しているとバリア機能が低下し、かゆみや肌荒れなどのトラブルが起きやすくなるのです。肌を保湿し、さらに保湿効果を長続きさせる効果が期待できるボディクリームには、肌のバリア機能をサポートしてくれる効果も期待できます。


種類が多い


種類が多く、自分に合った製品を探しやすいのもメリットです。ボディクリームの主な目的は保湿ですが、それ以外のプラスアルファの機能を兼ね備えたアイテムがたくさんあります。香りによるリラックス効果が期待できるもの、肌に透明感を与えるもの、肌の引き締めに働きかけるもの、マッサージに使えるものなど、さまざまなタイプの製品がありますので、自分の目的に合った製品を選びましょう。

また、テクスチャや香りといった使用感から、好きな製品を探すこともできます。テクスチャも柔らかめ~固めまでありますし、香りのバリエーションも豊かです。無香料の製品もありますし、フルーツ系、フローラル系などさまざまな香りの製品があります。毎日使うため、テクスチャや香りにこだわって選べるのは、大きなメリットと言えるでしょう。


コストパフォーマンスが良い


コスパが良いのもメリットです。適度な水分と油分を含むボディクリームは肌に伸ばしやすく、また適量でしっかりうるおいます。商品ごとの容器の大きさや使い方にもよりますが、一度購入すればしばらく持つはずです。また、ボディクリームはもともと価格も比較的安く、スキンケアブランドのアイテムのなかでも、手が届きやすい値段のアイテムが多い傾向があります。いろいろな種類の製品のなかから、興味のあるボディクリームを気軽に試せるはずです。

さらに、香り付きのボディクリームについては、香水の代わりとして使えるというメリットもあります。もともと油分が多いため香りが飛びにくく、ほんのり香るボディフレグランスとしても楽しめるのです。香水に比べると価格が安いのに、香りまで楽しめるのはお得と言えるのではないでしょうか。

どのように選べば良い?自分に合ったボディクリームの選び方

ボディクリームはさまざまなメーカーから市販されており、また使用感や目的の違うたくさんの製品があります。あまりにも種類が多すぎて、どうやって選んだら良いのかわからないという人もいるかもしれません。そこで、この段落ではバラエティ豊かなボディクリームのなかから自分に合った製品を選ぶポイントについて紹介します。


好きなテクスチャや香りの物を選ぶ


ボディクリームは毎日使う物だけに、ストレスなく使い続けられる製品を選ぶことが重要です。そこでポイントとなるのが、塗りやすさやテクスチャ、香りといった使用感。使用感が自分の好みに合わないと、使い続けるのが難しくなってしまいます。ボディクリームを選ぶのであれば、塗りやすさや香りなど自分の好みにこだわって選ぶことをおすすめします。

また、香りについてはシチュエーションによって複数の製品を使い分けるのも良いでしょう。香水と組み合わせて使う場合は無香料のものを使う、夜のリラックスタイムにはローズの香りのものを使うといったように、シチュエーションや目的によって、香りの違うボディクリームを使い分けることもできます。

使う部位や肌質に合った物を選ぶ


自分の肌質に合わせた製品選びをすることも大切です。乾燥がそこまでひどくなく、さっぱり仕上げたい人は水分量の多いタイプが使いやすいかもしれません。逆に乾燥肌で、保湿力が高いクリームが欲しい人は油分が多いタイプを選ぶと良いでしょう。さらに、塗る場所によって保湿アイテムを使い分けるのもおすすめです。基本はボディクリームを使い、特に肌がかさつきやすい部分(ひじやかかとなど)だけボディバターやボディバームを使うという方法もあります。

あまり乾燥がひどくないという場合には、ボディミルクやボディローションを使い、気になるところにクリームを使うといった方法でも良いでしょう。保湿アイテムは製品によって油分と水分のバランスが違うので、状況に合わせて使い分けることが重要と言えます。


使うタイミングで選ぶ


使うタイミングに注目して選ぶのもおすすめです。


・日中と夜で使い分ける

たとえば忙しい朝に使う場合はさっぱりした使用感でべたつきにくく、速く乾くタイプが向いています。一方、夜はこっくりしたテクスチャで、しっかりうるおすタイプでも使いやすいでしょう。


・季節で使い分ける

湿度が高く、汗をかきやすい夏はさらりとしたテクスチャタイプが使いやすいです。乾燥しやすい冬は油分が多く、保湿力が高いタイプを選ぶと良いでしょう。


・外出先や旅行先で使う

ジャータイプやボトルタイプなど液ダレしにくい容器に入ったタイプを選ぶと良いでしょう。コンパクトサイズの製品なら特に持ち運びしやすいです。


なかには、保湿だけをしたい、引き締め効果が欲しい、リラックスしたいといった目的に合わせて、複数のボディクリームを使い分けたい人もいるかもしれません。その場合は、べたつきなどを避けるために使うタイミングをずらすようにしましょう。

塗り方にコツはある?保湿力を高めるボディクリームの使い方

ボディクリームを効果的に使うためには、きちんとした方法で塗ることも大切です。適当に塗るのではなく、ベストなタイミング、使用量、塗り方で使うことでよりクリームの持つ保湿力を高めることができますし、べたつきなどのトラブルも起きにくくなります。この段落ではボディクリームを快適に使うためにも知っておきたい、塗り方のポイントを紹介します。


ボディクリームを塗るタイミング


ボディクリームを塗る基本的なタイミングは、ずばり乾燥していると感じたときです。乾燥したと思ったら、早めに保湿しましょう。そのほか、毎日のお手入れとして、お風呂上がりのタイミングに塗るというのもおすすめです。バスタイム後の肌はお湯などによって肌のうるおい成分が失われ、乾燥しやすい状態になっています。そのため、お風呂から上がったあとに保湿ケアをしないと、乾燥によるトラブルが起きやすくなるのです。お風呂上がりにボディクリームを塗ることは、肌の乾燥予防になります。肌の乾燥に悩む人は一度試してみてはどうでしょうか。特に肌の乾燥がひどいときは、朝とお風呂上がりの1日2回のケアを習慣にすると良いでしょう。

ボディクリームの使用量


基本的には使用説明書などに記載している量を守りましょう。多すぎてもべたつきなどのトラブルの原因になりますし、逆に量が少なすぎるとクリームを伸ばすときに摩擦で肌に負担がかかってしまいます。使用量の目安としては、足や腕などの面積が広いパーツは500円玉大、デコルテなどの面積が狭いパーツは100円玉大程度といわれています。一方、もともと皮脂の分泌量が多い胸、背中、お腹などは塗らない、もしくは少量でも大丈夫です。こうした皮脂の多いところにボディクリームで油分を与えて過ぎてしまうと、ニキビなどの肌トラブルが起きる原因になります。

ボディクリームは油分が多いので、どちらかというと乾燥しやすいパーツ向きのアイテムです。皮脂の分泌量がそこまで多くないパーツ、多いパーツで塗る量を変えることをおすすめします。


ディクリームの塗り方


続いて、ボディクリームの塗り方について解説します。


・清潔な肌に塗る

ボディクリームを塗るときは清潔な手で清潔な肌に塗るようにしましょう。手や肌の衛生状態が良くない状況で使ってしまうと、雑菌の問題が出てきます。


・手の熱で温めてから塗る

ボディクリームを塗るときは適量を手にとり、手のひらで温めてから塗っていきます。温めてから塗ることで、伸びが良くなります。


・少量ずつ塗る

一度に大量に塗るのではなく、少量を重ねて塗っていくようにしましょう。強く肌をこすらないように注意しながら、1パーツごとにくるくると円を描くようにまんべんなく伸ばしていきます。特に乾燥しやすいところは、少しずつ塗り足していきましょう。ひじやひざといった関節部分に塗るときは、伸ばしたままの状態だとしわにクリームが入り込んでムラができます。こうしたときは関節を曲げて塗ると、まんべんなくクリームを伸ばすことができます。


・肌に水分が残った状態で塗る

入浴後に使うときは、肌に水分が少し残っている状態で塗るのがおすすめです。肌に水分が残っていたほうが良く伸び、肌にもなじみやすくなります。

何に気をつけたら良い?ボディクリームを使うときの注意点

実際にボディクリームを使うときには、ここまで紹介してきた以外にも守ってほしい使い方のポイントがあります。


・顔に塗らない

ボディクリームはあくまで身体用に作られた製品です。「顔にも使える」と取扱説明書に書いてある製品以外の製品については、顔の保湿には使わないようにしましょう。顔の皮膚には刺激が強すぎる成分が含まれている可能性があります。


・塗り忘れに注意する

全身をまんべんなく乾燥から守るためにも、塗り忘れには注意しましょう。特に、二の腕、肩、かかと、足の甲などは忘れがちです。


・肌に合わない製品は使わない

クリームとの相性には個人差があります。もし肌に異常が出たときはすぐに使用を中止しましょう。


・適量を意識して塗る

ボディクリームは使えば使うほどうるおうというわけではありません。塗り過ぎはべたつきや肌に負担をかける原因になります。


ボディクリームでの保湿がおすすめ!肌質や好みに応じて選ぼう

ボディクリームの種類や特徴、選び方などについて紹介してきました。ボディクリームは塗りやすい、保湿力が高い、コスパが良いなど多くのメリットがあります。持ち運びもしやすいので、ボディ用の保湿アイテムとして手元に置いておくと何かと便利に使えます。自分の肌の状態や使うタイミングも考えながら、好みの製品を選んでみましょう。

おすすめコンテンツ

大人の女性が毎日のスキンケアで欠かしたくないこと5つ

すこやかで美しい肌は毎日のスキンケアで作られていきます。「もっとスキンケアに時間をかけることができたら」と考えるものの、忙しくて十分な時間が取れないのが現状ではないでしょうか。
30代前後はシミやくすみといった肌悩みが起こりやすい時期ですが、適切なスキンケアができれば肌トラブルを和らげることができます。ここでは、大人女性が忙しくても毎日欠かさないようにしたい基本のスキンケアについて紹介します。

続きを見る

若い頃と同じお手入れ?大人の女性が心がけたいスキンケアの注意点

しっかりスキンケアをしているのに肌の乾燥が気になるのは、ケアのやり方が誤っているのかもしれません。特に30代前後は肌の変化を感じやすい時期です。年齢とともに肌も変化していき、今まで気にならなかった肌の悩みが出てくることがあります。
そこで、肌状態に合ったスキンケア製品を選び、適切なやり方でケアすることが大切になります。ここでは、30代前後の女性がスキンケアを行うときの注意点について解説していきます。

続きを見る

大人の肌は乾燥しやすい!メイク落としの使い方

スキンケアのなかでも、メイク落としはとても重要です。それは、肌にメイクが残っているとスキンケアの効果が半減するからです。さらには、くすみやシワ、ニキビといった肌トラブルの原因にもなりえます。
しかし、メイクをしっかりと落とそうとすると肌の乾燥が気になるという人が少なくありません。メイクをしっかり落とそうとすると、肌のうるおいまで奪ってしまうからです。
ここでは、メイクをしっかりと落としつつ肌を乾燥から守るメイク落としの使い方について、解説していきます。

続きを見る