美容液が保湿におすすめの理由は?商品選びのコツと肌がしっかりうるおう使い方

化粧水やクリームにプラスして使う美容液は、保湿ケアにもおすすめのアイテムです。美容成分が高濃度で含まれていることから、肌悩みのケアにも向いています。基本のケアだけでは物足りない人や、さらに積極的なケアをしたい人におすすめです。
ここでは、スキンケアにおける美容液の役割、および美容液の種類・特徴、使い方などについて紹介します。

美容液はなぜ保湿におすすめ?皮膚にうるおいを与えるメカニズム

美容液とは、美容に有効な成分を多く配合したスキンケア化粧品のことです。美容液の定義はメーカーによってさまざまですが、一般的に化粧水クリームよりも美容成分を多めに配合したものを「美容液」と呼んでいます。美容液は美容成分を濃厚に含んでいるため、特定の肌悩みを持つ人のスペシャルケアにおすすめのアイテムです。美白、エイジングケアなどさまざまな目的に対応した製品がありますので、自分の肌悩みに合ったものを探してみましょう。


さらに、美容液には肌悩みのケアに役立つ成分のほかに、保湿成分も含まれている製品が多いです。そのため、保湿ケアをがんばりたい人にも向いています。保湿美容液という保湿に特化した美容液もありますので、化粧水クリームといった基本のお手入れだけでは物足りないときにプラスして使うとよいでしょう。


ほかのスキンケアアイテムとの違いは?美容液の役割と種類

美容液はスキンケアアイテムのひとつです。しかし、スキンケアアイテムには美容液以外にも化粧水クリームなどいろいろなアイテムがあります。それでは、美容液とほかのスキンケアアイテムにはどのような違いがあるでしょうか。さらに、美容液にもさまざまな種類がありますが、それぞれどのような効果が期待できるのでしょうか。この段落では、スキンケアにおける美容液の役割、さらに効果などに着目した美容液の種類について紹介します。


美容液の役割と特徴


スキンケアアイテムにはそれぞれ役割があります。効果的なスキンケアを行うためにも、それぞれのアイテムの役割を理解しておくことが大切です。


・化粧水

肌に水分を補給するアイテムです。さらに、水溶性の美容成分を届ける働きもあります。


・クリーム&乳液

肌に油分を補給し、また水分の蒸発を防ぎます。油との相性のいい美容成分を届ける働きもあります。


・美容液

保湿成分に加え、美容成分が高い濃度で配合されているのが特徴です。保湿効果のほか、プラスアルファの美容効果が期待できる製品もあります。毛穴ケア、美白など自分の肌悩みに合わせて選びましょう。


スキンケアアイテムは、それぞれの製品で持っている性質が違うため、使う順番も決まっています。一般的には、化粧水で水分を補給する→美容液をつける→最後に水分などが蒸発しないようにクリームや乳液で蓋をするといった順番です。また、化粧水の前にブースターオイルを使うと化粧水の浸透が良くなるといわれているので、化粧水前の習慣にしてもよいでしょう。したがって、クレンジング(メイク落とし)・洗顔後のスキンケアとしては、ブースターオイル化粧水美容液クリーム(乳液)という順番がおすすめということになります。

美容液の目的別種類

一口に美容液と言っても、さまざまな種類があります。これは美容液によって得意としているケアが異なるためです。美容液にはそれぞれ目的があり、それに応じた美容成分が含まれています。それだけに、自分の目的に合わせて選ぶことが大切です。保湿、エイジングケア、透明感のある肌に導くものなどさまざまなタイプの製品があります。また、1つの目的に特化せず、複数のタイプの有効成分を組み合わせ、保湿とエイジングケアなど2つ以上の効果が期待できるタイプのものも売られています。


また、形状についても、液体、クリーム、ジェル、オイルなどのバリエーションがあり、使用箇所についても顔全体に使うものと、部分用(目元など)に使うものの2タイプがあります。ここでは、使用目的など複数の角度から美容液の種類を掘り下げて紹介します。


保湿


美容液には保湿成分が含まれている製品が多いです。保湿+ほかの目的に合わせた有効成分を含んだ製品もありますが、なかには保湿に特化した美容液もあります。

保湿成分を高濃度で含む保湿美容液は「肌の保湿が足りないかも?」と悩んでいる人にはおすすめです。化粧水クリームと一緒に使うことで、肌にしっかりとうるおいを補給できます。スキンケアの基本は保湿です。肌のトラブルの大半は乾燥が原因なので、保湿ケアを見直すだけで肌の調子がよくなる可能性もあります。また、敏感肌や乾燥肌も肌の乾燥によって引き起こされるので、敏感肌や乾燥肌の人のケアにもよいでしょう。

さらに、保湿美容液には、美容液のなかでも比較的価格が安いというメリットもあります。プチプラなもの、コスパが良いものがたくさん販売されているので、気になる製品があれば気軽に試せるはずです。


エイジングケア


エイジングケア用の美容液もあります。年齢に伴う肌トラブルに悩んでいる人には、こちらのタイプの美容液がおすすめです。年齢を重ねると肌のハリが失われたり、くすみが出てきたりと、若い頃にはなかった肌トラブルが出やすくなります。こうした悩みに対応しているのがエイジングケア用の美容液です。

エイジングケア用の美容液にもいくつかタイプがあり、肌にハリやツヤを与える目的のもの、肌のキメを整えるもの、肌を引き締めたりする目的のものなどがあります。また、顔全体に使うタイプのほか、スポット用の美容液があるのも特徴です。スポット用の美容液では、目元などエイジングサインが出やすいところを集中的にケアすることができます。

なお、エイジング目的の美容液は「エイジングケア」を目的としていますが、実際の使用にあたっては30代・40代などのように年齢制限があるわけではありません。もし肌の悩みがあるようなら、無理のない範囲で早いうちから使うと良いでしょう。


薬用


美容液のなかには、薬用化粧品・医薬部外品に指定されているものがあります。薬用化粧品は一般的な化粧品と医薬品の中間にあたる製品で、ニキビ予防、美白、肌荒れ防止などの効果がある「有効成分」が一定量配合されているのが特徴です。薬用化粧品に分類される美容液は、美容液として配合された美容成分の効果だけでなく、これらの有効成分による効果も期待できます。

薬用美容液にも使用目的によってさまざまなタイプがありますが、なかにはニキビや肌荒れといった肌のトラブルがある人でも使えるアイテムもあります。こうした悩みがある人は、肌荒れ防止成分など肌悩みに合った有効成分を含む薬用美容液を探してみるとよいでしょう。

肌にしっかりうるおいを与えるには?自分に合った保湿美容液の選び方

上で紹介したとおり、美容液にはさまざまなタイプのものがあります。美容液によって配合されている美容成分が違い、それによって期待できる効果も変わってきます。満足できる買い物をするためにも、自分の使用目的に合った美容液を選ぶことが大切です。ここでは、しっかり保湿をしたいときの美容液の選び方について紹介します。

保湿を目的とした美容液を選ぶ


とりあえず「肌が乾燥しているかも」と思ったら、保湿効果の高い美容液を探してみましょう。肌の乾燥を放置しておくと敏感肌や乾燥肌になる原因になりますし、シミやシワといったトラブルも起きやすくなります。美容液選びで迷ったら、まずは保湿効果に注目して選ぶとよいでしょう。

保湿ケアのできる美容液を探すときは、まず商品のパッケージに注目してみてください。保湿効果のある美容液は、製品の箱の説明欄などに「うるおいを与える」「皮膚の水分や油分を保つ」「皮膚の乾燥を防ぐ」といった記載があります。また、原材料表をよく読み、保湿成分がしっかり配合されているものを選ぶという方法もあります。材料に、保湿を目的とした成分やエキスが使われているものを選びましょう。箱の説明書きや成分表を読むのが大変という人は、乾燥肌用の美容液を選ぶのもおすすめです。乾燥肌用の美容液は保湿効果のある製品が多いので、乾燥肌用イコール保湿効果があると考えることができます。


好みのテクスチャや香りのものを選ぶ


美容液を選ぶときは成分だけでなく、使用感にこだわることも大切です。毎日のケアで使うものだけに、使用感が好みから外れると使い続けるのがつらくなってしまいます。美容液には、液体、クリーム、ジェル、オイルなどのさまざまなテクスチャのものがあります。テクスチャによって使用感が全く異なるので、前後のスキンケアとの相性、好みの触感を考えて、自分の好きな使用感の製品を選びましょう。

また、使用感という意味では、製品の香りも大切です。無香料、香料入り(合成香料や自然由来の香料)があるので、好みのものを選ぶことをおすすめします。香料が苦手な人は無香料、自然な香りが好きな人は自然由来の香料を使ったものと、毎日ストレスなく使える製品を探しましょう。



保湿目的の美容液はどのように使えば良い?適切な使い方と注意点

美容成分を集中的に補給できる美容液は、基本のケアを補ってくれる働きのあるものです。ただ、このとき使い方を間違えてしまうと、せっかくの美容液の効果をうまく生かせない可能性があります。美容液の成分を効率よく肌に浸透させるためには、正しい使い方をすることが大切です。美容液を使うときは製品の説明書を良く読み、使うタイミングや1回あたりの使用量を確認しておきましょう。ここでは、保湿美容液の使い方に対しての注意点を紹介します。

美容液を使うタイミングをチェックする


美容液には、適切な使用タイミングがあります。実際に美容液をつけるときは、次のようなことに注意してみましょう。

・つける順番

洗顔後のスキンケアは、ブースターオイル→化粧水美容液クリーム(乳液)という順番が一般的です。しかし、製品によっては、美容液を使うタイミングが異なることもあります。美容液を使い始める前に、製品の説明書きをチェックしておくようにしましょう。

・時間帯

美容液は朝でも晩でも使える製品が多いですが、製品によっては日中用、夜用など使える時間帯が決まっているものがあります。こうした美容液については、肌トラブルを避けるためにも必ず製品の取扱説明書などにある指示を守った使い方をしてください。しょう。

・季節

季節によっても肌のコンディションは変わってきます。夏はべたつかないテクスチャのものを選ぶ、冬はしっとりするものを選ぶなど、季節によって製品を使い分けるのもよいで


美容液の使用量を守る


美容液を使うときは、必ず取扱説明書にある使用量を守って使うようにしましょう。少なすぎるとせっかくの美容成分の効果を生かせなくなってしまいます。逆に、たっぷりつけたからといって、それだけ効果がアップするというわけではありません。一度に肌に吸収できる量は決まっているからです。

美容液は、スキンケアアイテムのなかでは高価な製品です。つけすぎるとせっかくの美容液が無駄になってしまい、金銭的なデメリットが大きくなります。さらに、美容液のつけすぎは肌トラブルの原因にもなります。たとえば、油分を多く含む美容液の場合、つけすぎると肌の上で成分が酸化してしまう場合もあるのです。このように、美容液をつけすぎてもよいことはありません。効率よく効果を引き出すためには、決められた使用量を毎日コツコツと使い続けることが大切です。


美容液は単体で使用する


美容液はなるべく1つの製品を、単体で使うようにしましょう。複数の美容液と重ねたり、混ぜて使ったりすると、トータルの使用量がわかりにくくなります。美容液にはそれぞれ1回あたりの使用量が決まっているので、どの美容液をどれくらい使ったのかわかりにくくなるのはマイナスです。

しかも、美容液に含まれている成分同士の相性の問題もあります。「美容成分の種類や量は多いほどいい」と考える人もいるかもしれません。しかし、組み合わせによっては相乗効果がねらえるどころか、肌に刺激やトラブルを起こす危険性があります。複数の美容液を使いたいときは、朝と夜、部位ごと、一定のサイクルごと、肌の状態ごとなど、使うタイミングや部位を変えて使いましょう。また、化粧水や乳液といった化粧品と混ぜて使わないように気をつけることも大切です。組み合わせによっては成分が分離し、肌に届かなくなってしまうおそれがあります。


美容液は小分けにしてやさしく塗る


美容液の塗り方にもポイントがあります。適量の美容液を手に取ったら、少しずつ分けて肌になじませていきましょう。顔の1カ所にのせた美容液を伸ばすというよりは、おでこ、小鼻、頬、あごといった各パーツに少しずつ美容液をのせていくイメージです。肌は摩擦による刺激に弱いので、ゴシゴシとすり込んで塗ってしまうと肌が傷ついてしまいます。化粧水や乳液をつけるときにも言えることですが、とにかく肌をこすらないことが大切です。美容液を塗る、伸ばすというよりは、指の腹で優しく押さえるようにしてつけていきましょう。

顔全体に美容液をつけ終わったら、仕上げに手のひら全体で顔を覆い、ハンドプレスで美容液を浸透させます。ハンドプレスを行うことで手の熱が肌に伝わり、毛穴が開いて美容液の有効成分が肌に届きやすくなります。


美容液で肌に異常が出たときは使用を中止する


美容液はあくまでも化粧品であり、医薬品ではありません。薬用に分類される美容液にも、医薬品のような効果は期待できません。基本的に、美容液をはじめとする化粧品は、傷や湿疹などのトラブルがない健康な肌に使うことを前提として作られています。湿疹ができている、ニキビがひどいなど肌のコンディションが悪いときは、一度スキンケアをお休みして皮膚科の医師に相談したほうがよいかもしれません。また、美容液には肌との相性もあります。使っていて肌に異常が出たときはすぐに使用を止めましょう。

美容液でしっかり保湿!自分に合ったものでやさしくケアしよう

美容液には保湿成分を始めとする美容成分が豊富に含まれています。保湿効果以外のもさまざまな効果を期待できる製品がありますので、自分の肌悩みや肌質に合った製品を選んでみましょう。また、美容液に含まれる美容成分を最大限に生かすためには使い方も大切です。取扱説明書をよく読み、適量を適切なタイミングで使うようにしましょう。

おすすめコンテンツ

つき抜けるハリ。パルプデローズ コンセントレイト セラム

つき抜けるハリ。パルプデローズ コンセントレイト セラム

瞬間!つき抜けるハリ。肌にのせた瞬間に溶けだす、従来の2倍ローズヒップ成分の配合の肌溶け美容液。

詳しくはこちら
締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

数十億個の美容成分を配合した『アルガンピュア コンセントレイト セラム』。スキンケアの最後に1滴。すーと肌に浸透し、驚くほどのハリ感をもたらす、オイル美容液です。

詳しくはこちら
ハリ肌へ導くバイタルケア。ネクターシュプレーム

ハリ肌へ導くバイタルケア。ネクターシュプレーム

エネルギーに満ちた『クニフォフィア』の蜜を配合し、ハリめく肌へブーストするメルヴィータ最高峰のバイタルケアシリーズ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

自然の力を肌に届ける!オーガニック美容オイルの魅力

オイルを使ったスキンケアやヘアケアは人気が高まっています。興味はあるものの、どんなオイルを使ったらよいのか、使い方が分からずに手が出ないという人も多いかもしれません。オイルケアを始めるなら高品質のオーガニックオイルがおすすめです。その理由をみていきましょう。

続きを見る

スキンケアの格上げに!オイル美容液の使い方

オイル美容が注目されるにつれて、オイル関連の美容製品をスキンケアに取り入れてみたいと考えている人が増えています。中でもオイル美容液は、美容成分を配合し、普段のスキンケアを格上げしてくれるアイテムです。ここではオイル美容液の使い方や期待できる効能など紹介していきます。オイル美容液の役割や使い方を知って、いつものスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

続きを見る

乾燥肌改善には保湿が重要!保湿ケアを覚えよう

乾燥肌を改善するためには、肌の水分量を増やすことが大切です。肌の水分量を増やすためには、保湿ケアが重要となってきます。しかし、やみくもに化粧水などを使って保湿すればいいというものではありません。うるおいを肌にとどめなければ保湿効果を得ることはできないのです。そこで、乾燥肌を改善するための保湿ケアを紹介します。

続きを見る