朝洗顔のチェックポイント!洗顔料の選び方や洗い方で気をつけることは?

朝はぬるま湯だけで洗顔という人も多いかもしれませんが、人によってはぬるま湯洗顔だとかえって肌トラブルが起きやすくなるケースもあります。洗顔料を使った朝洗顔でもやり方次第については肌への負担を減らすことは可能です。
そこで、この記事では洗顔料を使った洗顔方法や洗顔料の選び方などについて解説します。

ぬるま湯だけはNG!?朝の洗顔に洗顔料を使った方が良い理由

朝の洗顔をどうするかについては「ぬるま湯や水だけ」という人と「洗顔料を使う人」の2パターンに分かれるようです。しかし、基本的には、朝も洗顔料を使って洗顔することをおすすめします。朝起きたときの肌というのは、実は汚れた状態です。寝ているあいだに汗や皮脂、ホコリなどが付着していますし、夜に使ったスキンケアの油分が酸化して肌の上に残っている可能性もあります。


皮脂などの油汚れを放置しておくと毛穴が詰まり、ニキビや毛穴の黒ずみといったトラブルが起きる原因になります。ホコリくらいならお湯だけでも落ちますが、洗顔料なしで油汚れを十分に落としきるのは困難です。きちんと汚れを落としたいのであれば、朝の洗顔にぬるま湯だけを使うというやり方は実はあまりおすすめできません。特にベタつきが気になる、皮脂の量が多いという人は朝も洗顔料を使うべきと言えるでしょう。できれば皮脂の多いTゾーンだけでも、洗顔料で洗うことをおすすめします。


市販の洗顔料は種類が豊富!洗顔料のタイプや特徴を知ろう

朝の洗顔の目的は、夜のあいだに溜まった汚れを一度リセットすることです。特に皮脂などの油汚れを落とすなら、洗顔料を使って洗うのが望ましいと言えます。洗顔料にはペースト状、泡状などのさまざまなタイプの製品があり、どの製品を選ぶかで使用感が異なります。また、敏感肌用、ニキビ肌用といった肌質ごとの製品もあるので、自分の肌に合ったタイプの製品を選ぶことも大切です。

洗顔料の形状別種類と特徴


洗顔料には固形石鹸、粉末、ジェル状などさまざまなタイプのものが販売されており、それぞれ洗浄力や使い心地が異なります。この段落では、朝の洗顔でも使いやすいペースト・クリームタイプ(いわゆる洗顔フォーム)、泡立て不要の泡タイプ、クレンジングとしても使えるクレンジング兼用タイプの3タイプについて、それぞれの特徴を紹介します。どの製品にもメリット・デメリットがあるので、自分に合った製品を選ぶようにしましょう。洗顔は毎日行うものなので、無理なく続けられる製品を選ぶのがポイントです。


ペースト状


洗顔料のなかでも最も一般的なのは、チューブに入ったペースト・クリーム状の洗顔料ではないでしょうか。いわゆる洗顔フォームと呼ばれているタイプの洗顔料です。多くのメーカーからさまざまな製品が発売されており、洗顔料の主流とも言える存在です。フォームタイプの特徴は使い勝手がよいこと。水気の場所でも保管しやすく、少量でもしっかり泡立てられます。そのため、肌をこすらずに洗えますし、一回に使う量の少なさからコストパフォーマンスという意味でも優れています。泡立てやすく、使いやすい洗顔料を探している人におすすめです。

また、さまざまな肌タイプ(乾燥肌、ニキビ肌など)に対応した製品が発売されているため、肌質に合った製品を選びやすいのもメリットと言えるでしょう。混合肌・オイリー肌の人やさっぱり洗い上げたい人から、乾燥肌までさまざまな肌質に対応しています。

フォームタイプの洗浄力については製品によってまちまちです。なかには洗浄力の強い成分などが含まれており、肌質によっては刺激が強いと感じるおそれのある製品もあります。乾燥肌ならしっとりタイプ、オイリー肌ならさっぱりタイプといったように、自分の肌質に合った製品を選ぶのがコツです。

泡状


泡タイプは、容器を押すとすでに泡状になった洗顔料が出てくるタイプの洗顔料です。洗顔のコツは、肌をこすらないことといわれています。洗顔料を使って洗う場合は洗顔料をたっぷりと泡立てて、泡をすべらせるようにして洗うのが基本です。

泡タイプの洗顔料では、最初から洗顔料が泡状になっており、容器を押すだけですぐに泡を使った洗顔ができます。すでに泡ができているので、洗顔フォームや固形石鹸と使って、自分で洗顔料を泡立てる手間がありません。洗顔フォームよりコストパフォーマンスはやや落ちますが、泡立てられた状態の洗顔料が手軽に使えるのはメリットと言えます。また、しっかりとした泡ができているので、手に取った洗顔料が流れたり垂れたりしないのもメリットです。

自分で洗顔料を泡立てる場合時間もかかりますし、洗顔ネットなどの道具が必要になることもあります。こうした手間や時間を省ける泡タイプは時間のない朝には便利な洗顔料です。また、洗浄料を泡立てるのが苦手な人でも使いやすいと言えるでしょう。泡タイプの洗顔料は、さっぱりタイプからしっとりタイプまでさまざまなタイプが発売されています。製品によって洗浄力や使い心地が違うので、肌質に合った製品を選ぶことが大切です。泡タイプの洗顔料は水分が多い、泡をキープする必要があるなどの事情から添加物が多く入っていることがあり、製品によっては肌に刺激を感じる可能性もあります。気になる人は、オーガニックなど肌に優しいタイプのものを選ぶとよいでしょう。


クレンジングと兼用のもの


洗顔料のなかには、クレンジングと洗顔料が兼用になったタイプのものもあります。朝だけでなく夜にも使えるので、使い分けしなくて済むのがメリットです。また、前日の夜のメイク落としが不十分のときでも、朝の洗顔でしっかりメイクの汚れが落とせます。洗浄力があるので、皮脂汚れが気になる人やニキビに悩んでいる人にはおすすめです。クレンジング兼用タイプは、フォーム、ジェル、ミルクなど、さまざまなテクスチャのものが販売されています。製品によって使用感が異なるので、自分の肌に合ったものを選びましょう。

なお、クレンジング兼用の洗顔料は、クレンジングとしての洗浄力はやや弱めです。軽めのメイクは落とせても、しっかりとしたメイクだと落とせない可能性があります。しっかりメイクをする日については、別途オイルクレンジングなど洗浄力のあるクレンジング製品を使ってクレンジングを行ったほうがよいでしょう。また、洗顔料としては洗浄力が高めなので、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる人は注意が必要です。

洗顔料の肌質別種類と特徴

ノーマルタイプの肌質であれば、特にこだわらなくても洗顔料は問題なく使える場合が多いでしょう。しかし、肌の悩みを持つ人は少し注意が必要かもしれません。洗顔料によって洗浄力や洗い上がりなどは異なります。そのため、洗顔料を選ぶときは自分の肌質との相性も大切です。肌質に合わない製品を使うと肌トラブルにつながる可能性もあります。


肌トラブルを予防するためには、肌質に合った洗顔料を使うことが重要です。ノーマルタイプの肌質の人向きのものが中心ですが、なかには乾燥肌や敏感肌、ニキビ肌といった肌タイプに対応したものもあります。肌悩みがある人は、自分の肌タイプ向けに作られた製品を使うとよいでしょう。


乾燥肌・敏感肌用


乾燥肌・敏感肌の人が洗顔料を選ぶコツは、洗浄力が強すぎないものを選ぶことです。洗顔料に含まれる洗浄成分は汚れと一緒に肌のうるおい成分を洗い流してしまいます。したがって、もともと肌が乾燥しがちな乾燥肌・敏感肌の人の場合、洗浄力が強い洗顔料を使うと余計に肌が乾燥してしまう可能性があるのです。こうした問題を解決するために、乾燥肌・敏感肌の人向けの洗顔料では、洗浄力が高すぎずしっとりとしたものが多いです。また、肌に洗顔料の成分が残ると刺激の原因になるので、洗い流しやすいように設計される傾向があります。さらに、肌に優しい成分にこだわったものが多いのも特徴です。

洗顔料のなかには、肌への刺激が強い成分が含まれることがあります。そのため、乾燥肌や敏感肌の人向きの洗顔料では、肌荒れを防ぐためにシンプルな配合にこだわったり、オーガニック原料を使ったりといったように、成分に気を遣った製品がたくさんあります。乾燥肌や敏感肌の人は、とりあえず「乾燥肌・敏感肌用」と書かれているものを選びましょう。


ニキビ肌用


ニキビができる原因としては、毛穴に皮脂や汚れが詰まる、乾燥が原因で肌に残った古い角質が毛穴をふさぐといったことが挙げられます。ニキビを予防・改善するポイントは、適度に皮脂を落としながら、しっかりと保湿を行うことです。ニキビというと「とりあえず毛穴を詰まらせる汚れを減らせばいい」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、洗いすぎによる乾燥はかえってニキビを増やす原因になります。適度にうるおいを残しつつ、汚れをきちんと落とすというのが、ニキビを防ぐ洗顔のコツです。

ニキビ肌向けの洗顔料は、肌にとって必要な水分を保ちつつ、ニキビの原因となる余分な皮脂や汚れをすっきり落とせるように作られています。こうした製品は「ニキビ肌向け」などと記載されているので、ニキビに悩む人は、これらの記載のある製品を選ぶようにしましょう。

なお、同じニキビ肌向けでも、男性用と女性用では洗浄力が異なる可能性があります。これは、男性と女性で肌質が異なるためです。一般的に、皮脂量は男性のほうが多く、また肌も丈夫です。一方で、女性は肌が乾燥しやすく、男性よりも敏感な傾向にあります。女性が男性用で洗顔すると刺激が強すぎるおそれがあるので、女性はなるべく女性向けの製品を選ぶことをおすすめします。

自分に合った製品を選ぶ!忙しい朝に向いている洗顔料の選び方

ここまで紹介してきたように、肌タイプによって合う製品と合わない製品があります。肌トラブルを防ぐためにも、自分の肌質に合った洗顔料を選ぶことが大切です。また、毎日使うものということで、使用感が好みのものを選ぶことも重要と言えます。

たとえば、香りについてだけでも、無香料・合成香料・天然香料などさまざまなタイプのものがあります。最後まで無理なく使えるものを選びましょう。さらに、使いやすさという意味では、製品の形状も大切です。朝という時間帯は、人によっては時間的余裕がありません。十分な時間があればペースト状や石けんでもよいかもしれませんが、時間があまりないときは泡立て不要の泡状などが使いやすいでしょう。

朝の洗顔方法で気をつけること!ステップごとのチェックポイント

洗顔はスキンケアの基本といわれているだけに、間違ったやり方で行ってしまうと肌トラブルの原因になってしまうこともあります。肌トラブルを予防するためにも、ポイントを抑えて行うことが大切です。この段落では洗顔前・洗顔中・洗顔後にそれぞれ気をつけたいポイントを紹介します。時間のない朝だからといって適当にすませず、各ステップの作業を丁寧に行うのが美肌を保つコツです。洗顔料の選び方だけでなく、使い方にもこだわってみましょう。


洗顔前


顔を実際に洗顔料で洗い始める前に、あらかじめ次のような準備をすませておきましょう。


・手をきれいに洗う

顔を洗い始める前に、まず手をきれいに洗って、清潔な状態にしておきます。


・髪を留める

髪が顔にかかってしまうと洗顔の邪魔になります。前髪など顔周りの毛は、あらかじめターバンやカチューシャで留めておきましょう。


・顔をぬるま湯で濡らす

皮脂汚れは人肌くらいのぬるま湯で洗うと落ちやすくなります。汚れを落としやすくするために、顔をぬるま湯(35℃程度)で予洗いしておきましょう。


洗顔料を泡立てる

肌に優しい洗顔をするコツは指で直接肌に触れないことです。洗顔料の泡を転がすようなイメージで洗わないと、肌を傷める原因になってしまいます。肌を摩擦による刺激から守るためにも、洗顔料を泡立ててしっかりとした泡を作っておきましょう。理想は、手を逆さにしても落ちないくらいの固さです。洗顔のたびに洗顔料を泡立てるのが大変という人は、泡タイプの洗顔料を使うと良いでしょう。


洗顔中


洗顔中にもいくつか守るべきポイントがあります。


・洗う順番に気をつける

基本的には皮脂の多い場所から洗っていきます。最初に鼻とあごの周り、次にTゾーン、最後に頬や目元といった順番で洗うのがおすすめです。


・こすらない

洗うときに肌をこすると摩擦で肌が傷ついてしまいます。ゴシゴシと手でこする、強い力で洗顔ブラシを使うといった洗い方は避けましょう。


・お湯はぬるま湯で

すすぎなどに使うお湯は、35度程度のぬるま湯がおすすめです。水が冷たすぎると肌の汚れが落ちにくくなりますし、熱いお湯で洗うと肌の乾燥を招く原因になります。


・すすぎは丁寧に

すすぎ残しがあると肌トラブルの原因になります。まずはすすぎ時間を短縮するために、すすぐ前に泡を一度手でよけてからすすぎ始めましょう。生え際、Tゾーンのくぼみ、フェイスラインなどの泡の残りに注意しながら、約20~30回丁寧にすすいでいきます。


・短時間で終える

洗顔に時間をかけると肌に負担がかかってしまいます。洗顔からすすぎまでにかかる時間は、3分以内に留めるのが無難です。


洗顔後


洗顔が終わったら顔を拭き、いつものスキンケアを始めます。このときに押さえておきたいポイントについては次の通りです。


・拭くときに肌をこすらない

拭くときに肌をゴシゴシとこすってしまうと、摩擦によって肌が傷つき、肌荒れやシミなどの原因になります。肌への負担を減らすためにも、タオルで水分を押さえるようにして拭きましょう。また、タオルで顔の水分を拭き取るときは、完全に水分を拭き取る必要はありません。むしろ、肌の表面に水分が少し残っている状態が理想です。そのほうが、次に使う化粧水が肌に浸透しやすくなります。


・洗顔後はすぐにスキンケアを始める

洗顔後は肌からうるおい成分が失われ、肌が乾燥しやすい状態になっています。そのまま放置しておくとどんどん乾燥してしまうので、洗顔後はすぐに化粧水クリームを使って保湿ケアを行うようにしましょう。化粧水を使う前に、化粧水の浸透を助ける化粧水が肌に浸透しやすくなります。


・洗顔後はすぐにスキンケアを始める

洗顔後は肌からうるおい成分が失われ、肌が乾燥しやすい状態になっています。そのまま放置しておくとどんどん乾燥してしまうので、洗顔後はすぐに化粧水クリームを使って保湿ケアを行うようにしましょう。化粧水を使う前に、化粧水の浸透を助けるブースターオイルをつけるのもおすすめです。


・気になるときはプラスαのケアをする

洗顔後に古い角質や毛穴汚れが気になるときは、化粧水などをつける前に拭き取り化粧水を利用するのもよいでしょう。

朝洗顔は重要なお手入れ!自分に合った洗顔料できれいに洗おう

寝ているあいだの汚れを落とし、スキンケアアイテムの浸透を良くするためにも、朝の洗顔は重要なケアと言えます。特に肌の乾燥が気になる人以外は、朝も洗顔料を使って洗顔するようにしましょう。製品によって洗浄力や使用感が異なりますので、自分の好みや肌タイプに合った洗顔料を選ぶことが大切です。洗顔はスキンケアの基本。肌に負担のかからない洗顔方法を覚えて、素肌美人を目指しましょう。

おすすめコンテンツ

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら
白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら
白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

自然の力を肌に届ける!オーガニック美容オイルの魅力

オイルを使ったスキンケアやヘアケアは人気が高まっています。興味はあるものの、どんなオイルを使ったらよいのか、使い方が分からずに手が出ないという人も多いかもしれません。オイルケアを始めるなら高品質のオーガニックオイルがおすすめです。その理由をみていきましょう。

続きを見る

スキンケアの格上げに!オイル美容液の使い方

オイル美容が注目されるにつれて、オイル関連の美容製品をスキンケアに取り入れてみたいと考えている人が増えています。中でもオイル美容液は、美容成分を配合し、普段のスキンケアを格上げしてくれるアイテムです。ここではオイル美容液の使い方や期待できる効能など紹介していきます。オイル美容液の役割や使い方を知って、いつものスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

続きを見る

乾燥肌改善には保湿が重要!保湿ケアを覚えよう

乾燥肌を改善するためには、肌の水分量を増やすことが大切です。肌の水分量を増やすためには、保湿ケアが重要となってきます。しかし、やみくもに化粧水などを使って保湿すればいいというものではありません。うるおいを肌にとどめなければ保湿効果を得ることはできないのです。そこで、乾燥肌を改善するための保湿ケアを紹介します。

続きを見る