冬は特に注意が必要!顔の乾燥が気になる原因と予防方法

顔の乾燥は、空気の乾燥する冬に特にひどくなる傾向にあります。毎日同じように手入れをしているはずなのに、どうして乾燥が悪化してしまうのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、冬に乾燥肌が悪化してしまう原因と予防対策について説明します。

湿度の低下に注意!冬場に顔の乾燥が気になる理由

冬に空気が乾燥するというのは当たり前と思うかもしれませんが、この常識は日本の気候にも大きく関係しています。日本では、冬になるとシベリアからの非常に発達した低気圧が日本海側に降りてきます。-50℃にもなる冷たい季節風は日本海側に大雪を降らせ、その後山を越えて太平洋側に渡るのですが、すでに日本海側で大量の水分を放出しているため、水分の少ない乾燥した冷たい風となっています。これが、冬に空気が乾燥する原因のひとつです。

また、空気には通常水分が含まれていますが、空気中に含まれる水分量は、温度が高いときは多く、低いときは少なくなります。そのため、気温が最も低下する冬はもともと空気中に含まれる水分量が少なく、空気が乾燥しやすいのです。特に12~2月は空気が最も乾燥しやすくなります。


もうひとつ乾燥の大きな原因となるのが、暖房器具の使用です。寒さの厳しい冬は、ほとんどの家庭で暖房器具を使用しますが、エアコンのつけっぱなしによる室内の乾燥が多く見られます。エアコンは空気を温めることによって室内の温度を上げる仕組みですが、加湿効果のないエアコンの場合、温度が上がっても水蒸気量に変化はありません。温度が上がっても空気中に含まれる水分量に変化がないと湿度(相対湿度)は下がるため、かえって乾燥が進んでしまうのです。

エアコンに対して、石油ストーブやガスファンヒーターのほうが乾燥しにくいといわれています。これは、石油やガスを燃焼する課程で水蒸気が発生するため、温度の上昇に合わせて空気中の水分量も増えるためです。使用する暖房器具の違いによって空気が乾燥することも覚えておきましょう。


冬場の顔の乾燥予防1:自宅の湿度を管理する

冬場の顔の乾燥を予防するためには、湿度管理が欠かせません。まずは、一番長く過ごす自宅の湿度を整えましょう。暖房器具を使うときは、加湿効果のある暖房器具を使うことが大切です。エアコンを使うときは、加湿器もセットで使うようにしましょう。特に、リビングや寝室など、長い時間を過ごす部屋には加湿器の利用がおすすめです。気温が同じ場合、湿度が高いと体感温度は高くなるため、加湿しながら暖房を利用することは暖房費用の節約にもつながります。

このほかにも、洗濯物を室内干しにする、風呂から上がったら扉を開けっ放しにして風呂場の湿度を利用するなどの方法もあります。鍋料理など、調理中に大量の湯気が立つものも乾燥した冬にぴったりのメニューと言えるでしょう。空気が乾燥しているなと思ったら、室内全体を積極的に加湿することが大切です。


冬場の顔の乾燥予防2:職場でも対策を取る

冬の乾燥対策には、自宅と同様に長い時間を過ごすことになる、職場での乾燥対策が欠かせません。自由にできる自宅と違って、職場でできることは限られているかもしれませんが、できる範囲で積極的に乾燥対策を行いましょう。

まずは、エアコンによる乾燥対策が大切です。エアコンの風が直接当たらないように注意しましょう。もし顔に直接当たってしまうような席の場合は、エアコンの風が直接当たらないようにファンの位置を調節してもらうなどお願いしてみましょう。顔に温風を直接当てることは、乾燥を加速させ、毛穴開きの原因となってしまいます。

調整が難しい場合は、普段からマスクを利用して、顔を保護するのも効果的です。マスクを付けると、エアコンからの風を防ぐだけでなく、呼気による水蒸気によって肌がうるおいます。ただし、素材やサイズによっては肌に刺激を与えてしまうため、サイズ選びと素材選びに気をつけましょう。マスクをしていると耳が痛くなるという人も多いですが、耳が痛くなる原因のほとんどは細いゴムによるものです。マスクを選ぶときは、付け心地の良い幅の広いゴムを使っているマスクを選ぶようにしましょう。

また、水分補給をまめにすることも大切です。ただし、緑茶やコーヒーなどカフェイン入りの飲み物は利尿作用もあるため、かえって乾燥を招いてしまうおそれがあります。カフェイン入りの飲み物はなるべく避け、麦茶やほうじ茶などで水分補給するようにしましょう。


冬場の顔の乾燥予防3:季節に適したスキンケアをする

冬場はスキンケアの見直しも大切です。特に、寒いからといって熱いお湯でクレンジングや洗顔をするのはやめましょう。熱いお湯は皮脂を溶かす作用があるため、肌に必要な潤いまで奪ってしまいます。冷たすぎる水もメイク汚れなどが良く落ちないため、冷たいと感じない程度のぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

また、冬は皮脂の分泌量が低下してしまうため、さっぱり系のスキンケアアイテムは避け、高保湿の化粧品を選ぶようにします。風呂上がりは特に肌が乾燥しているため、すぐにお手入れを始めましょう。化粧水でたっぷり水分を補い、クリームオイルでしっかりふたをします。また、冬は紫外線対策をおろそかにする人もいますが、紫外線は一年中降り注いでいます。夏と同様に真冬でも紫外線対策を心がけましょう。紫外線によるダメージは肌の乾燥につながります。

冬場の顔の乾燥予防4:生活習慣に気を付ける

顔の乾燥予防には、日頃の生活習慣も大切です。特に、睡眠の質が肌の状態に影響を与えます。睡眠不足になると自律神経やホルモンバランスの乱れにつながり、ターンオーバーが乱れやすくなります。睡眠時間を確保することはもちろんですが、睡眠の質にもこだわりましょう。朝起きたときに疲れが残っている場合は、睡眠の質が低下しているおそれがあります。

美肌作りには食事も大切です。肌を作る元となるタンパク質や肌の代謝を促したりタンパク質の代謝を助けたりする働きのある、ビタミンB群を積極的に摂るようにしましょう。タンパク質を多く含む食品には豆腐や納豆があり、ビタミンB群を多く含む食品には卵、牛乳、豆類、ナッツ類などがあります。


冬場の顔の乾燥は湿度が原因!意識的な予防対策を

冬は湿度が低下することにより、肌の乾燥が気になる季節です。乾燥対策を意識して行うようにしないと、肌の乾燥がどんどん進んでしまいます。毎年冬になると乾燥肌が悪化するという人は、間違ったスキンケアや生活習慣に問題があるのかもしれません。スキンケアや生活習慣を見直して乾燥対策をしましょう。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

約30年、アルガンを研究し続けたメルヴィータ。アルガンの力を凝縮にしたパワフルなフェイスクリームでメリハリある理想的な「立体素肌」へ。

詳しくはこちら
感動の『キメ肌』へ。パルプデローズ クリーム

感動の『キメ肌』へ。パルプデローズ クリーム

ローズヒップ2倍の恵みで、ピンとしたハリ、するんとした滑らかさ、透明感のある明るさ。感動の『キメ肌』へ。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

大人の女性へプレゼント!おすすめのヘアケア製品5選!

美しく健康な髪の毛になるために、ヘアケアに力を入れている女性はたくさんいます。そして、美しい髪作りを助けてくれるのが、ヘアケア製品です。親しい友人やお世話になった先輩にヘアケア製品をプレゼントしようと考えたとき、どのようなアイテムがプレゼントに最適なのか迷ってしまうでしょう。ヘアケア製品の種類が豊富で、好みも大きく分かれるからです。
ここでは、30代前後の女性にヘアケア製品をプレゼントするときに、おすすめの製品とその特徴について紹介していきます。プレゼント選びの参考にしてみましょう。

続きを見る

髪も地肌もキレイになる!アルガンオイルのさまざまな使い方

アルガンオイルは高い保湿力が特徴であり、ブースターオイルや化粧水後のスキンケアなどに使っている人も多いでしょう。アルガンオイルは、スキンケアだけでなくヘアケアにも使えるということをご存知でしょうか。
アルガンオイルは、パサついて傷んだ髪の毛や頭皮にうるおいを与えてくれるだけでなく、頭皮ケアやスタイリングなど多様な使い方が選べるのです。
ここでは、アルガンオイルでヘアケアをするときの使い方やポイントについて詳しく解説します。

続きを見る

ぷるぷるの肌を保つために!スキンオイルの効果的な使い方

うるおいのある肌に近づくために、毎日のスキンケアに力を入れている人もいることでしょう。スキンケアアイテムもたくさんの種類があるため、肌悩みや肌質に合ったアイテムを選ぶことが大切です。
肌を保湿してくれるアイテムといえば化粧水ですが、肌のうるおいを保つためには適度な油分も必要です。そこで、試してみたいのがスキンオイルです。
ところが、スキンオイルの使い方がわからないという声が少なくありません。ここでは、スキンケアにオイルを使うタイミングやコツについて詳しく紹介していきます。

続きを見る