大人の女性におすすめ!BBクリームの基本の役割と使い方

朝の忙しい時間はメイクもバタバタとしてしまいがちです。そのため、BBクリームを使った時短メイクをしてみたいと考える人も多いのではないでしょうか。
時短になるのは良いけれど、そのせいでメイクがずさんになったり、仕上がりが悪くなったりするのは避けたいものです。そこで今回は、BBクリームの使い方と基本的な役割について説明します。

時短メイクにピッタリ!BBクリームの役割とは?

BBクリームは「Blemish Balm(ブレミッシュバルム)=傷を修復する軟膏」の略で、もともとは医療用としてドイツの皮膚科クリニックで開発されたものです。ドイツはピーリングの発祥地でもあり、余分な角質を取り除いてデリケートな状態になっているピーリング後の肌を保護し、紫外線などの刺激から肌を守りつつ再生を促す機能を追加したファンデーションとして開発されました。もともとはドイツで開発されましたが、優れたカバー力と肌への優しさから美容整形大国といわれている韓国で爆発的な人気となり、韓流ブームの流れで日本にも広まり、定着しました。

由来からもわかるように、BBクリームはダメージを受けた肌をきれいにみせるカバー力と肌を保護する機能が優れた製品です。��粧下地、ファンデーション、日焼け止めの役割をオールインワンでカバーできるため、BBクリーム1本でベースメイクが完成します。こうした手軽さからも、幅広い年代の女性に人気となっています。

また、保湿成分が多いためカバー力があるわりに厚塗り感がなく、ナチュラルな仕上がりも人気のひとつです。厚塗りが苦手な人やナチュラルメイクを目指す人にも支持されていて、たくさんのメーカーから発売されています。


ファンデやCCクリームとの違いとは?

BBクリームとファンデーション、CCクリームの違いがわからないという人も多いのではないでしょうか。きちんと使い分けるためにも、それぞれの違いを見ていきましょう。

BBクリームは1本で薄付きメイクが完成するアイテムのため、肌の状態が良ければベースメイクはBBクリームのみで仕上げることができます。時短アイテムとしてもカバー力のあるベースとしても優秀なアイテムです。

一方、CCクリームは「Color Controlカラーコントロール」の略となります。日焼け止め、肌色補正、スキンケアなどの役割がありますが、下地とコントロールカラーのみでファンデーションとしての機能を備えていません。BBクリームより薄付きでナチュラルな仕上がりとなり、肌の色をより美しく見せることができます。ただし、カバー力はないため、カバー力を必要とする人は注意が必要です。


ファンデーションは3つのアイテムのなかでも高いカバー力が魅力です。しかし、肌に付ける前には下地が必要となる場合が多いようです。リキッドファンデーションのなかにも美容成分を含んだものやオールインワンになっている製品が増え、BBクリームの区別を付けることは難しくなっています。メーカーによって含まれる美容成分の違いやカバー力の違いなどで使い分ける場合が多いようです。

基本的には1本でベースメイクがすべて完成するBBクリームに対して、CCクリームやファンデーションは、そのほかのアイテムも必要とすることが多いようです。これらのことから、時短メイクを目指すならBBクリームが優れていると言えるでしょう。


ナチュラル感がいい!BBクリームがおすすめの人

メイクは毎日の身だしなみとして行うことが多いため、一人ひとりのライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。BBクリームが活躍するシーンを見てみましょう。

まず役立つのが、保育園の送り迎えやスーパーなど、ちょっとしたお出かけのときです。それほど長時間出かける予定はないけれど、すっぴんだと恥ずかしいと思うような場所でも、BBクリームならきちんとした印象を与えることができます。出かける前の時短メイクとして便利なだけでなく、清楚でナチュラルな印象を与えることができるため、日常のシーンにぴったりのメイク方法と言えるでしょう。


また、ファンデーションに比べてカバー力は劣りますが、そのぶん厚化粧にならずにナチュラルな仕上がりになるため、素肌が比較的きれいでコンシーラーが必要ない人にも向いています。メイクをすると厚化粧にみられたり、けばけばしくなってしまったりするのが悩みという人は、BBクリームを活用してナチュラルメイクに挑戦してみましょう。

さらに、乾燥肌でメイクをすると粉が吹きシワが目立つという人にも、BBクリームはおすすめです。保湿成分がたっぷり配合されているため、メイク中の肌の乾燥を防いで粉吹きを予防します。乾燥肌で保湿効果の高いベースメイクアイテムを探しているという人は、BBクリームを試してみてはいかがでしょうか。


BBクリームの基本の使い方をマスターしよう

BBクリームの使い方はいたって簡単です。ブースターオイル化粧水美容液クリームの順番で肌をしっかり整えてからBBクリームを顔全体に塗ります。美しくナチュラルに仕上げるコツは、フェイスラインに向かって薄くなるように付けることです。シワになりやすいところは薄く塗ったほうがシワは目立ちにくくなります。目の下のクマやニキビ跡などが気になる部分にはBBクリームを重ねづけしておきましょう。脂性肌や混合肌の人は、BBクリームだけの場合テカリが気になることもあります。そのようなときは、パウダーを上から軽くはたいておけば、テカリ防止に役立ちます。さらりとした質感の肌になり、メイク崩れも防げるためおすすめの方法です。

BBクリームとパウダーでメイク直しも簡単

BBクリームでメイク直しを行うときは、まずティッシュで肌を軽く押さえて、余分な汗や皮脂のべたつきを取り除きましょう。キメの細かい新しいスポンジを使って、目元、小鼻、あご、頬など、メイクがよれたり崩れたりしている部分を優しく取り除いていきます。

次に、スポンジの反対側にBBクリームを少量つけて、メイクを取り除いた部分に優しくのせていきましょう。スポンジで顔全体をポンポンと優しくたたくようにして、ムラにならないように全体的になじませたらメイク直しが完成です。メイク持ちをさらに良くしたい場合は、フェイスパウダーを重ねると長持ちします。

BBクリームは忙しい女性にピッタリのアイテム

ベースメイクはしっかりカバーしようとするとついつい厚くなりがちです。BBクリームなら悩みを隠しつつナチュラルに仕上がるため、厚化粧が苦手な人にもぴったりのアイテムです。メイクの時短にもつながるため、忙しい女性の強い味方と言えるでしょう。また、美容液が配合されているため、乾燥肌などに悩む人にもおすすめできるアイテムです。保湿ケアをしっかりしながらメイクを楽しみたい人は取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連製品

おすすめ記事

脂性肌は洗いすぎると悪化する!適切な洗顔で皮脂の過剰分泌を抑えよう

脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多く肌のベタつきやテカリが気になるでしょう。そこで、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、一日に何度も洗顔したりするなどして皮脂を抑えようとするのです。
ところが、皮脂を取りすぎるケアを続けてしまうと、逆に皮脂の過剰分泌を促してしまいます。適切な洗顔を学ぶことが、脂性肌を改善する第一歩です。
ここでは、脂性肌向けの適切な洗顔方法について詳しく解説していきます。

続きを見る

顔のかさつきが気になる!乾燥肌の適切な対策を知っておこう

乾燥肌は深刻な肌トラブルのサインです。乾燥の気になる季節に、化粧のノリが悪くなったりハリがなくなったりと、肌の調子に不安を感じている人は多いのではないでしょうか。若いころは季節ごとの肌の悩みとして片づけられがちですが、乾燥肌を放っておくと慢性化してしまいます。手遅れになる前に早めの対処をしておきましょう。
そこで今回は、乾燥肌になってしまう原因や適切なケア方法のポイントについて紹介します。

続きを見る

粉吹き肌の原因や対策は?日ごろのケアでカサカサ防止!

肌は水分量が多ければ健康的に見えますが、水分量が減って乾燥すればするほど肌トラブルが起きやすくなってしまいます。特に肌の乾燥がひどくなると、粉吹き肌になってしまうことがあるのです。粉吹き肌は見栄えがよくなく、何かと悩みの種となるトラブルです。ここでは、そんな粉吹き肌の原因や対策について説明していきます。

続きを見る