ミスト化粧水の効果的な使い方とは?自宅でも外出先でも便利に!

どんなにしっかりスキンケアを行っても、少しずつ肌の水分は蒸発しています。昼間ふと鏡を除いたときに、シワやかさつきが気になるという人も多いのではないでしょうか。そんなときに便利なアイテムが、ミスト化粧水です。
いつもバッグに入れて持ち運んでおけば、乾燥が気になったときにすぐにケアすることができます。そこで今回は、ミスト化粧水の効果的な使い方について紹介します。

通常タイプとの違いは?ミスト化粧水の特徴

ミスト化粧水とは、スプレーボトルに入っている化粧水のことです。細かい粒子で化粧水成分が均一にスプレーできることから、普通の化粧水と比べても肌なじみが良く、顔全体がうるおいます。また、普通の化粧水はメイク後に使うとよれて化粧崩れの原因となりますが、ミスト化粧水は非常に細かい粒子のため、メイク後の肌にも付けることができます。一般的な化粧水と比べて成分がシンプルなことが多く、顔や体に直接吹き付けて使うことができる手軽さも人気のひとつです。


また、コットンや手に取って付ける必要がないため、楽に使用できるところもポイントです。香り付きのタイプもあり、好きな香りを選べば香水やコロンのように香りを楽しみながらリラックスすることもできます。外出先の気分転換やメイク直しの際のリフレッシュにも最適ではないでしょうか。フェイス用、ボディ用、フェイスとボディ兼用タイプなどさまざまなタイプが販売されており、用途に応じて選ぶことができます。


必ずハンドプレスを!ミスト化粧水の基本の使い方

まずはミスト化粧水の基本的な使い方をマスターしましょう。ミスト化粧水を使うときは、肌から30cmほど離してまんべんなくスプレーします。このとき保湿したいからといってやりすぎは禁物です。べたつきやメイク崩れの原因となってしまうため、均一に吹きかけるぐらいに留めましょう。

適量を吹きかけたら、次は手のひらで押さえてミストを肌にしっかりとなじませます。スプレーしたままにしておくと、かえって水分の蒸発を招いて肌が乾燥してしまうため注意が必要です。スプレー後は必ずハンドプレスしておきましょう。

メイク中やお直しでのミスト化粧水の使い方

メイク中やメイク直しでミスト化粧水を使う場合は、事前の準備が大切です。夏場は特に汗をかきやすいため、メイクが崩れがちです。この場合、スキンケアしたあとにベースメイクを完成させてからミストをスプレーしておくと、メイク持ちがよくなります。ミスト化粧水の適正な使用量はメーカーによって異なるため、必ず使用量を確認しておきましょう。スプレーしたあとはハンドプレスでしっかりと肌になじませます。こうすることで、ファンデーションが肌に密着して、化粧崩れを予防します。


日中のメイクは汗や湿気によってよれてしまうことがあります。水分を十分に含んでうるおいのある肌はファンデーションをしっかり吸着していますが、肌が乾燥すると水分の蒸発を防ぐために皮脂が過剰に分泌されるようになり、毛穴が開いて化粧崩れやよれの原因になってしまうからです。そんなときも水分を素早く補うことのできる、ミスト化粧水が便利です。メイク直しに使うときは、先に崩れたファンデーションや皮脂をティッシュやコットンで軽く押さえるようにして、ふき取っておきましょう。皮脂などの油分が残っていると水分が弾かれてしまいうまくなじみません。軽く押さえたら顔全体にスプレーして水分を補います。


乾燥が気になったら!ミスト化粧水のおすすめの使い方

ミスト化粧水は、いつでも好きなときに使えるのが最大のメリットです。たとえば、仕事や家事などで疲れているときは、香りつきのミストをスプレーすることで気分転換になります。髪の毛や首筋、手首の内側などにスプレーするとほのかな香りを楽しむことができます。香り付きのタイプはボディミストとして発売されているものが多いため、使い方や使える場所などをあらかじめ確認しておきましょう。商品によっては香り成分が強く、顔に使うことができないものもあるため、注意が必要です。


また、自宅で乾燥が気になったときも、スプレーするだけで簡単に水分補給ができるため、こまめな手入れが可能です。たとえば、風呂上がりは、水分が蒸発するためすぐにスキンケアを開始することが大切ですが、赤ちゃんや幼い子供がいるときなどは自分の手入れを後回しにしてしまいがちです。こんなときにミスト化粧水をスプレーしておけば、急激な肌の乾燥を和らげることができます。ただし、乳液やクリームなどの油分で蓋をしないと乾燥が加速してしまうため、なるべく早いうちに通常のスキンケアを行いましょう。


間違った使い方はアウト!ミスト化粧水の注意点

ミスト化粧水は便利なアイテムですが、いくつか注意点もあります。たとえば、香り付きのミスト化粧すは、配合している成分によっては服に付くとシミになるものもあります。服に付かないように注意して使うようにしましょう。

また、ミストは必ず30cmほど離して使うことが大切です。スプレーが近すぎると1カ所に集中して付いてしまうため、スプレーの勢いが強すぎてメイクが流れてしまうおそれもあります。肌への刺激も強くなるため、注意が必要です。


さらに、ミストにもいろいろな種類があり、用途に合ったミストを使い分けることが上手に使うポイントとなります。同じミスト化粧水でもミストが細かいタイプと粗いタイプがあり、使用用途は大きく異なります。ミストが大きなタイプのものには保湿成分が配合されているものもあり、乾燥を防ぐ効果も高いため一般的な化粧水としても使用できますが、ミストが細かいタイプでなければメイクの仕上げやメイク直しには使用できません。特に市販されているスプレー式の容器に手持ちの化粧水を入れて作ったミストはミストが粗いため、メイク直しにつかうとよれや崩れの原因となります。ガス缶に入っているタイプのものは圧縮によってより細かいミストを作ることができるため、メイク直しやメイクの仕上げに使えるものが多いようです。


ミスト化粧水は便利なアイテムですが、保湿の持続性はそれほど高くありません。基本的にはプレ化粧水として使うのがおすすめです。


ミスト化粧水は便利に賢く使おう

ミスト化粧水は外出先でも自宅でも気軽に使える便利なアイテムです。保湿能力はそれほど高いものではありませんが、適切な利用方法を理解できれば忙しい人の強い味方になってくれるでしょう。ミスト化粧水を選ぶときは、使用用途を考えて選ぶことが大切です。

おすすめコンテンツ

大人の女性が毎日のスキンケアで欠かしたくないこと5つ

すこやかで美しい肌は毎日のスキンケアで作られていきます。「もっとスキンケアに時間をかけることができたら」と考えるものの、忙しくて十分な時間が取れないのが現状ではないでしょうか。
30代前後はシミやくすみといった肌悩みが起こりやすい時期ですが、適切なスキンケアができれば肌トラブルを和らげることができます。ここでは、大人女性が忙しくても毎日欠かさないようにしたい基本のスキンケアについて紹介します。

続きを見る

若い頃と同じお手入れ?大人の女性が心がけたいスキンケアの注意点

しっかりスキンケアをしているのに肌の乾燥が気になるのは、ケアのやり方が誤っているのかもしれません。特に30代前後は肌の変化を感じやすい時期です。年齢とともに肌も変化していき、今まで気にならなかった肌の悩みが出てくることがあります。
そこで、肌状態に合ったスキンケア製品を選び、適切なやり方でケアすることが大切になります。ここでは、30代前後の女性がスキンケアを行うときの注意点について解説していきます。

続きを見る

大人の肌は乾燥しやすい!メイク落としの使い方

スキンケアのなかでも、メイク落としはとても重要です。それは、肌にメイクが残っているとスキンケアの効果が半減するからです。さらには、くすみやシワ、ニキビといった肌トラブルの原因にもなりえます。
しかし、メイクをしっかりと落とそうとすると肌の乾燥が気になるという人が少なくありません。メイクをしっかり落とそうとすると、肌のうるおいまで奪ってしまうからです。
ここでは、メイクをしっかりと落としつつ肌を乾燥から守るメイク落としの使い方について、解説していきます。

続きを見る