女友達へのプレゼントにおすすめのボディクリーム3選!

女友達に何かをプレゼントをするときに、美容関連のグッズを選ぶ人も多いでしょう。しかし、美容に関係のあるアイテムにもいろいろな種類があるため、相手が喜んでくれるものを選ぶのは簡単ではありません。たとえば、肌が乾燥しやすい季節はボディクリームが喜ばれるだろうと考えることがあります。
ところが、ボディクリームもすべての女性がプレゼントされて喜ぶアイテムとは限らないのです。ここでは、ボディクリームのプレゼントが適している女性の特徴や、プレゼントにおすすめのボディクリームの特徴について解説します。

マッサージ好きな人にぜひプレゼントしたい

ボディクリームを贈って喜んでくれる女友達を見分けるポイントは、マッサージが好きかどうかです。特にセルフマッサージを頻繁に行っている女性は、ボディクリームの消費量も多いと予想できるからです。マッサージをするときにボディクリームを使うと、肌のすべりがよくなり摩擦によるダメージも軽減できます。さらには、ボディクリームに含まれる美容成分の浸透を助け、肌をすこやかに保てるようにもなるのです。

ボディは面積も広いため一度全身マッサージを行うだけでも、たくさんのボディクリームを使います。そのため、セルフマッサージの頻度が高い人ほど、ボディクリームを早く使い切ってしまいます。普段使いに使用できるボディクリームを贈ると喜んでもらえるでしょう。


足のむくみに悩んでいる、ダイエットをがんばっている女友達にもボディクリームのプレゼントはおすすめです。足のむくみが気になると、足のセルフマッサージやツボ押しでむくみケアする人は多いはず。また、気になる部分を引き締めたいときに、マッサージで余分な脂肪をほぐしている人もいるでしょう。むくみやダイエット目的の部分マッサージでも、ボディクリームを使って行うことがほとんどです。そのため、ボディクリームをプレゼントすると喜んでもらえるはずです。


香水がダメな職場でもボディクリームなら付けられる

香りに敏感、もしくは仕事の都合で香水を付けられない女友達にも、ボディクリームのプレゼントが適しています。ボディクリームは女性好みの香りで、キツすぎずほのかに香るタイプが多いからです。たくさんの香水が販売されていますが、香水によって香りの特徴や強さが異なります。香りの好みも千差万別で、なかには自分が好まない香りの香水も少なくありません。また、強すぎる香水の香りは、周りにいる人を不快な気分にさせてしまうことがあります。そのため、職種や職場によっては香水の使用を禁止しているところもあるほどです。


女性は、自分好みの香りを身に付けることで癒しを得ることができます。ボディクリームなら香水ほど強く香ることもなく、適度に好きな香りを感じられるでしょう。強い香りが苦手な人や、職場で香水が禁止されている人にも使ってもらえます。お風呂上がりなどに使用すると香りによるリラックス効果を期待できますし、お出かけ前に使うと優しい香りが続きます。ボディクリームを携帯しておくと、香りが薄れてきたときにさっと使えて便利です。


プレゼントにおすすめのボディクリーム1:ほのかに香るタイプ

ボディクリームを購入するために商品をリサーチしてみると、その商品数の多さに驚きます。ボディクリームごとに配合されている有効成分や効能、香りなども異なるため、期待する効果や好みに合わせて選ぶことが大切です。女友達に贈るボディクリームを選ぶときは、香りの強さで選ぶのもポイントのひとつです。ボディクリームによって香りの強さや持続性が変わってきます。強めの香りを好む人もいますし、逆に控えめな香りを好む人もいるでしょう。また、出かける場所によっては香水を付けて行けないなど、人それぞれ好みや事情は異なります。


ボディクリームは女性好みの香りのものが多いのですが、なかにはそのような香りを好まない人もいます。そこで、ほのかに香るボディクリームを贈ったほうが、抵抗なく使ってもらえる可能性が高いでしょう。また、職場の事情などで香りが強いものを付けられない場合も、香りが控えめなボディクリームのほうが使いやすいです。せっかく女友達にプレゼントするものですから、喜んで使ってもらえるものを選びたいところです。そこで、ボディクリームを贈るときは、相手の好みをリサーチしておきましょう。プレゼントをもらうのは嬉しいものですが、自分好みのものを受け取ると喜びも倍増するはずです。


プレゼントにおすすめのボディクリーム2:ハチミツ配合

ボディクリームを保湿目的で使っている人も多いでしょう。ボディクリームによって使われている保湿成分が異なるため、プレゼント用のボディクリームを選ぶときは保湿成分にも注目したいところです。保湿性や乾燥の緩和、肌への優しさを考慮すると、最適な保湿成分はハチミツです。ハチミツが配合されているスキンケア製品やヘアケア製品もたくさん販売されており、女性に人気があります。


ハチミツにはフルクトースやグルコース、有機酸やビタミンといった栄養が含まれていますが、食用として用いられているハチミツと化粧品用とでは性質が異なるのです。食用にはおいしさを増すために色や香りを加えてあり、化粧品用はアレルギーや濁りの原因となる不純物を除去しています。アレルギーリスクが少ないため、女友達の肌質を選ぶことなく贈りやすいのです。また、ハチミツは肌にうるおいを与える、肌荒れを防ぐ、皮膚をなめらかにするなど肌をすこやかにする作用を期待できます。乾燥肌や肌荒れに悩む女友達には、ハチミツ配合のボディクリームを贈ると喜んでもらえるでしょう。


プレゼントにおすすめのボディクリーム3:アルガンオイル配合

肌の乾燥や肌荒れに悩む女友達には、アルガンオイル配合のボディクリームを選んでみましょう。アルガンオイルは、広葉樹であるアルガンツリーから採取されたオイルのことです。モロッコ南西部は少雨高温で人間や植物にとって厳しい環境です。アルガンツリーは雨が数年降らなくても生き延びることができるほど、強い生命力と保水力を持っています。アルガンツリーの持つパワーが、肌をすこやかに保つのに働いてくれるのです。アルガンオイルは高い保湿力を持つだけでなく、人間の皮脂成分に似ているため浸透力にも優れています。また、不飽和脂肪酸やビタミンEといった栄養をたっぷりと含んでおり、さまざまなコスメにも使われているほどです。


アルガンオイルは肌なじみと保湿を両立できるオイルです。ボディクリームのべたつきが苦手な女友達でも、抵抗なく使うことができるでしょう。また、保湿力や肌にハリを与える作用も期待できるため、乾燥肌や加齢が気になる友達にも適しています。しかも、アルガンオイルは肌なじみがよく、肌質を気にすることなくプレゼントできます。


香りやテクスチャなど相手の好みも考慮に入れて

ボディクリームは肌に直接付けるものだからこそ、プレゼントするときは気を付けて選びたいところです。女性ウケする香りのボディクリームがほとんどですが、必ず気に入ってもらえるとは限りません。事前に相手の好みの香りなどをリサーチして、相手が喜んでくれそうなものを選ぶことが大切です。また、テクスチャなども好き嫌いが分かれるポイントです。友達の気に入らないものを贈ってしまうと相手も使い方に困るため、すぐに使い切れる少量タイプを贈るのが無難でしょう。

おすすめコンテンツ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

ボディスクラブはどうやって使うの?使い方を徹底レクチャー!

ボディスクラブは、細かい粒子を含んだジェルやクリームで体の古くなった角質を除去する便利なアイテムです。しかし、ボディスクラブの存在は知っているけれど、詳しい使い方まではよく知らないという人も多いのではないでしょうか。また、興味はあるけれど使ったことがないという人や、具体的にどんな使い方をするかわからない人もいるかもしれません。そこで今回は、ボディスクラブの効果的な使い方と役割について解説します。

続きを見る

肌が乾燥するとシワができるのはなぜ?自分でできる対策とは?

肌が乾燥しやすくなりシワが気になり出すのは、特に30代前後の女性に多いとされています。加齢と共に肌の状態は変化しますが、大きく変化を感じやすいのが肌の曲がり角とされる30代前後なのです。
この記事では、肌の乾燥によりシワができてしまう原因と対策について解説します。できる対策から始めて、シワの改善を目指しましょう。

続きを見る

メイクが崩れて老けたように見える?乾燥肌の化粧直しのコツ

空調の影響や紫外線などの影響で、肌は常に乾燥にさらされています。そのため、朝しっかり化粧をしても日中に化粧直しが必要となるケースがとても多いものです。
しかし、肌が乾燥していると化粧直しもなかなかうまくいきません。この記事では、そんな化粧直しに悩む30代前後の女性のために、肌が乾燥しているときに化粧直しをするコツを紹介します。

続きを見る