ベタつくのは使い方に原因が?ボディオイルの効果的な塗り方

お風呂上がりなどにボディの保湿ケアをしている人も多いでしょう。ボディ用の保湿ケアアイテムにもいくつか種類がありますが、高い保湿力を求めるときはボディオイルの使用が適しています。
肌をうるおす働きは欲しいものの、ボディオイルのベタつきが気になるという声も少なくありません。ボディオイルは適切に使用することで、しっかりと肌にうるおいを与えてくれるアイテムです。ここでは、ボディオイルの効果的な塗り方について解説します。

保湿性が高い!ボディオイルの特徴とメリット

ボディを乾燥から守ってくれるアイテムには、ボディローションやボディクリームボディオイルなどがあります。なかでもボディオイルは油分の割合が高く、高い保湿力を持つのが特徴です。ボディオイルは肌の乾燥が気になるとき、空気が乾燥しやすい季節などに使うのが適しています。また、ボディオイルは天然由来のオイルを主成分としているものが多く、配合成分がシンプルです。そのため、敏感肌や乾燥肌の人でも肌への負担が少なく使いやすいでしょう。


ボディオイルは単体で使えるだけでなく、ほかのボディケア製品に混ぜて使うなど併用できることもメリットです。ボディの保湿対策にボディローションやボディクリームを使っている人も多いですが、それだけでは保湿力が足りないことがあります。そこで、普段から使っているボディローションやボディクリームに、数滴のボディオイルを混ぜて使ってみましょう。保湿力の高いボディオイルを混ぜることで、肌にたっぷりとうるおいを与えることができるようになります。


ボディオイルを塗る際に意識したいこと

保湿力が高いとわかっていても、ベタつきが苦手でボディオイルを使っていない人も多いでしょう。それは、使い方に問題があるのかもしれません。ボディオイルで肌がベタつくのは、角質層に浸透していないこと、使用量が多すぎることが主な原因です。ボディオイルを使うときのポイントを心得ておくと、快適に使用することができるでしょう。ボディオイルの伸びと浸透力を良くするためには、オイルを温めることが大切です。適量のボディオイルを手に取ってから両手に広げ、体温で少し温めてください。オイルが適度に温まってきたら肌になじませていきます。


ボディオイルを使うときは適量を守ることが大切です。1回当たりの使用量については、商品の説明に従いましょう。そして、乾燥している部分についてはボディオイルを少しずつ足していきます。一度にたくさんの量を付けるよりも、重ね付けしたほうが肌に浸透しやすくベタつきも起こりにくいです。また、ボディには皮脂の分泌量が多いところと少ないところがあります。ボディ全体をまんべんなく保湿してしまうと、保湿過多の部分ができてしまい肌トラブルにつながるのです。たとえば、胸元や背中は皮脂の分泌量が多いため、ボディオイルでしっかり保湿してしまうと、ニキビができやすくなります。皮脂の分泌量が多い部分はボディオイルを付けないようにする、保湿力の低いアイテムを使うなどして調整するようにしましょう。

ボディオイルの基本の塗り方を押さえておこう

ボディオイルは清潔な肌に塗るのが大切です。皮脂や汗などで汚れていると、オイルの浸透力が落ちてしまうからです。そこで、お風呂上がりにすぐに塗るようにしましょう。お風呂上がりは想像以上に速いスピードで肌の水分が蒸発していきますので、できるだけ早くボディオイルをなじませることが大切です。


ボディオイルを使うときは、適量(商品説明に従う)を手に取り、手のひらで伸ばして温めます。手のひらで温めることで、オイルの伸びと肌なじみが良くなるからです。オイルが温まってから、オイルを肌に優しくなじませていきます。塗り方の決まりは特にありませんが、下から上のパーツに向かって順番に塗っていくといいでしょう。特に乾燥しやすい肘やすね、かかとなどはオイルを塗り込むようにマッサージしてください。保湿が足りない部分に関しては、同じ手順でオイルを重ね付けしていきます。


肌のぷるぷる感が増す!ボディオイルの効果的な塗り方

ボディオイルのうるおい力をさらに高める使い方があります。ボディオイルの浸透と保湿をパワーアップするために、ボディローションと組み合わせてみましょう。健康な肌は適度な水分と油分を保っていますが、乾燥している肌は水分、油分共に不足しています。ボディオイルの主成分は油分ですから、ボディオイルだけでは水分と油分のバランスが崩れやすくなります。ボディローションで水分を補給することで、肌が柔らかくなりボディオイルの浸透を助けてくれるのです。ボディローションと一緒に使うときは、先にボディローションを肌全体になじませてから、ボディオイルを塗りましょう。


お風呂に入りながら使うというやり方もあります。入浴中は肌が濡れていますのでオイルの伸びが良くなりますし、お風呂の湯気でパック効果も期待できるようになります。お風呂上がりに使うのも保湿を高める使い方のひとつです。お風呂上がりは肌も柔らかく、血行も良くなっていますので、ボディオイルが角質層に浸透しやすいのです。ただし、お風呂上がりは急速に肌の水分蒸発が進んでいますので、できるだけ早くボディオイルを付けることが大切です。タオルで軽く水気をふき取って、肌が少し濡れた状態でボディオイルを付けたほうが、肌なじみが良くなります。また、特に乾燥が気になる部分には、ボディオイルを塗ったあとにラップを巻いてパックをしてみましょう。


肌を傷つけないように!ボディオイルを塗るときの注意点

ボディオイルは適切に使用すれば肌を保湿してくれますが、誤った使い方をすると肌を傷つけてしまいます。ボディオイルを塗るときの量は、多すぎても少なすぎてもいけません。多すぎると肌がベタつく原因になりますが、少なすぎると摩擦の原因となってしまうからです。肌を強くこすってしまうとシミの原因にもなりますので、手のひらが滑るくらいの量を目安に使うようにしましょう。

また、ボディオイルは種類によっては酸化しやすいアイテムです。酸化したオイルをそのまま使っていると、肌に悪影響を与えることになるため注意が必要です。そこで、ボディオイルを適切に管理するようにしましょう。まず、使用期限が決まっている製品については期限内に使い終えるように心がけます。また、保管時も直射日光の当たらない涼しい場所に置くことです。オイルのなかには酸化に強いものもありますが、開封後は酸化が進みやすくなるのが一般的です。開封したらなるべく早く使い切ることをおすすめします。


お気に入りのボディオイルでうるおいのある肌を維持しよう

ボディオイルは保湿力が高く、単体でも使えますし、ほかのアイテムと組み合わせて使うこともできる優秀なアイテムです。また、アロマが香るボディオイルや普段使いのボディオイルにアロマオイルをプラスしたりすると、リラックス効果も期待できます。お気に入りのボディオイルを探して保湿ケアに活用してみましょう。

関連製品

おすすめコンテンツ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

続きを見る

間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

続きを見る

乾燥が気になる目元!陥りがちなトラブルとスキンケア方法

20代まではどんなケアをしていてもそれほどトラブルを感じなかったのに、30代に差し掛かると「小ジワ」「たるみ」「くすみ」などの悩みを持つ人が増えてきます。特に皮膚の薄い目元は乾燥しやすいため、トラブルが気になるパーツです。 目元のトラブルが起きてしまう原因と対策、そして普段のスキンケアの方法を見ていきましょう。

続きを見る