若い頃と同じお手入れ?大人の女性が心がけたいスキンケアの注意点

しっかりスキンケアをしているのに肌の乾燥が気になるのは、ケアのやり方が誤っているのかもしれません。特に30代前後は肌の変化を感じやすい時期です。年齢とともに肌も変化していき、今まで気にならなかった肌の悩みが出てくることがあります。
そこで、肌状態に合ったスキンケア製品を選び、適切なやり方でケアすることが大切になります。ここでは、30代前後の女性がスキンケアを行うときの注意点について解説していきます。

30代前後の女性にありがちな肌の悩み

シミやシワの増加、肌の乾燥やたるみは、30代前後の女性にありがちな肌の悩みです。若い年代の肌悩みが部分的であるのに対して、30代以降は肌全体の質感に関する悩みが目立ちます。30代前後に多い肌悩みの原因は、主に加齢と紫外線です。

肌にハリやうるおいを与えてくれるのがコラーゲンやエラスチンですが、その生成量が年齢とともに減少してきます。肌の奥にある基底層では細胞分裂を行い、肌のターンオーバーを整えすこやかな肌を保つ有効成分を作り出しています。ところが、代謝機能が低下してくると細胞分裂が活発に行われなくなり、ターンオーバーも乱れやすくなるのです。その影響で乾燥やシミ、シワといった肌トラブルが起こりやすくなります。

基底層の働きを弱めるのは加齢だけではありません。紫外線や肌の乾燥もまた、基底層にダメージを与える原因となります。肌のターンオーバーが正常に行われなくなると、古い細胞が長く肌にとどまってしまいます。それが、肌トラブルを長引かせることにもつながってしまうのです。

大人の女性のスキンケアは予防と保湿が重要

年齢とともに肌の悩みが増えるのは、誰にでも起こりえることです。しかし、適切なケアを実践することで肌の変化をゆるやかにすることが可能になります。肌悩みを緩和するために重要になってくるのが、毎日のスキンケアです。

大人女性のスキンケアは予防と保湿、つまり紫外線対策とうるおいケアを徹底させることがポイントになります。肌の乾燥と紫外線はあらゆる肌トラブルを引き起こす原因となるため、もとを断つことが大切だからです。


肌の乾燥は肌の水分と油分が減少することで起こります。そこで、スキンケアで肌に十分なうるおいを与える必要があるのです。化粧水で肌に十分な水分を補給しますが、時間が経つにつれて水分が蒸発していきます。化粧水や美容液の後にクリームや乳液で油分の膜を作り、水分を肌にとどめるのです。肌が乾燥すると、角質が硬くなってしまいスキンケアアイテムの浸透を妨げてしまいます。きちんとケアをしていても、スキンケアアイテムの働きを実感しにくくなるでしょう。そのため、保湿ケアは乾燥が気になる前からしっかりと実践しておくのが望ましいのです。


乾燥がひどいときは、化粧水前にブースターオイルを使ってみましょう。硬くなった角質を柔らかくし、スキンケア製品の浸透を助けてくれます。紫外線対策も徹底して行います。家の中にいてもガラス越しに紫外線を浴びますので、朝はスキンケアを行ってから、すぐに日焼け止めを塗ります。また、外出時も日焼け止めと帽子や日傘を併用して、紫外線から肌を守りましょう。


大人のスキンケア ポイント1:年齢に合わせたアイテムを使う

年齢とともに肌状態も変わってきます。長期間同じスキンケアアイテムを使用している場合、それが肌に合わなくなってくることがあります。30代前後の女性が、20代前半から同じアイテムを使っている場合は早急な見直しが必要です。


若い頃は皮脂の分泌量も多く、肌にハリやツヤもあったでしょう。また、皮脂分泌量が多くべたつきやすい肌タイプの人は、さっぱりとした使い心地のアイテムを選びがちです。しかし、年齢とともに皮脂分泌量も減少してくるため保湿不足のおそれが出てきます。そこで、30代前後からは保湿力の高いアイテムを取り入れてみましょう。スキンケアアイテムも保湿成分が多く含まれているものを選ぶことで、肌をうるおす作用のパワーアップが期待できます。


化粧水はさっぱりタイプから保湿系化粧水に、乳液を使っていた人はクリームに変えてみるのも手段のひとつです。クリームは乳液よりも保湿力が高く、べたつきを苦手とする人も少なくありません。クリームによって使用感が変わりますので、軽めのタイプを選べばべたつきを感じることも少ないでしょう。

乾燥対策にブースターオイルを使うやり方もあります。乾燥して肌の角質が硬くなってくると、化粧水やその他のスキンケアアイテムのなじみが悪くなります。洗顔後、ブースターオイルを最初に付けることで、肌を保湿しやわらかくするように働きかけてくれるのです。そのあとに使用する化粧水美容液が肌になじみやすくなります。

大人のスキンケア ポイント2:化粧品は正しく使う

スキンケア製品を変えても、スキンケアのやり方が誤っていては意味がありません。自己流のスキンケアは、肌荒れや肌トラブルの元になります。スキンケアアイテムは正しく使用することで、その働きを十分発揮できるようになります。美しくすこやかな肌に近づくためには、正しいスキンケアを理解することが重要です。スキンケア製品もさまざまなメーカーから販売されていますが、製品によって使用方法が異なる場合があります。必ず使用前に製品のパッケージに書かれてある説明をよく読んで、それに従って使うのが基本です。


また、スキンケアを行うときには摩擦に注意しましょう。クレンジングや洗顔のとき、化粧水をコットンで付けるときなどは、肌を強くこすりがちです。摩擦は肌に強いダメージを与えてしまい、肌を乾燥させる原因になります。洗顔するときは、肌と指が触れないくらいのたっぷりの泡で転がすように洗うのがコツです。

また、化粧水を付けるときも肌をこすらずに、手やコットンを押し当てるようになじませていきます。スキンケアアイテムの浸透力をアップさせるためには、温めることです。化粧水などを肌になじませる前に、手のひらで軽く温めてから付けたほうが浸透しやすくなります。また、スキンケアの仕上げに手のひら全体で顔を覆って10秒くらいハンドプレスしましょう。手の温もりで、美容成分を肌全体に浸透させることができます。


大人のスキンケア ポイント3:清潔な状態で始める

スキンケアを始める前に、必ず手を洗うことも大切です。それは、雑菌による悪影響を防ぐためです。手はさまざまな物に触れることから、目に見えない雑菌がたくさん付いています。手が汚れている状態でスキンケアを行ってしまうと、顔全体に菌を広げることになってしまうでしょう。肌で雑菌が繁殖してしまうと、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因になります。

また、髪の毛にも注意が必要です。髪にもホコリや雑菌がたくさん付着しており、髪が顔に触れることで肌に雑菌や汚れが付いてしまいます。髪を垂らした状態でスキンケアを行うと、髪が顔に触れやすくなるだけではありません。生え際のスキンケアを怠りがちになり、顔全体に余すところなくスキンケアを行うことが難しくなります。そこで、スキンケアをするときは、ヘアバンドやゴムを使って顔に髪が付かないようにすることです。

さらに、スキンケアアイテムの扱いにも注意が必要です。ボトルが汚れていたり、口の部分に直接手で触れたりすると雑菌が繁殖しやすくなります。ボトルに付着しは肌に悪影響となるだけでなく、スキンケアアイテムの劣化を進めます。スキンケアアイテムの質をキープするためにも、使用後はボトルを拭き取るなどして清潔に保つことが大切です。

美しい肌を保つなら大人のスキンケアにシフトして

30代前後から肌の変化を感じやすくなります。また、肌も不安定に傾きやすくなるため、スキンケアの大幅な見直しが必要です。今まで使ってきたスキンケアアイテムが肌に合わない可能性もあるため、保湿力の優れたものに変えていきます。併せて、正しいケアの方法や注意点について理解し、適切にスキンケアアイテムを使うことも大切です。年齢を重ねてもすこやかで美しい肌を保てるように、大人のスキンケアにシフトしていきましょう。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

約30年、アルガンを研究し続けたメルヴィータ。アルガンの力を凝縮にしたパワフルなフェイスクリームでメリハリある理想的な「立体素肌」へ。

詳しくはこちら
締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

数十億個の美容成分を配合した『アルガンピュア コンセントレイト セラム』。スキンケアの最後に1滴。すーと肌に浸透し、驚くほどのハリ感をもたらす、オイル美容液です。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

続きを見る

間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

続きを見る

乾燥が気になる目元!陥りがちなトラブルとスキンケア方法

20代まではどんなケアをしていてもそれほどトラブルを感じなかったのに、30代に差し掛かると「小ジワ」「たるみ」「くすみ」などの悩みを持つ人が増えてきます。特に皮膚の薄い目元は乾燥しやすいため、トラブルが気になるパーツです。 目元のトラブルが起きてしまう原因と対策、そして普段のスキンケアの方法を見ていきましょう。

続きを見る