ぷるぷるの肌を保つために!スキンオイルの効果的な使い方

うるおいのある肌に近づくために、毎日のスキンケアに力を入れている人もいることでしょう。スキンケアアイテムもたくさんの種類があるため、肌悩みや肌質に合ったアイテムを選ぶことが大切です。
肌を保湿してくれるアイテムといえば化粧水ですが、肌のうるおいを保つためには適度な油分も必要です。そこで、試してみたいのがスキンオイルです。
ところが、スキンオイルの使い方がわからないという声が少なくありません。ここでは、スキンケアにオイルを使うタイミングやコツについて詳しく紹介していきます。

スキンケアに美容オイルをプラスするメリットとは?

普段のスキンケアに美容オイルをプラスするメリットは多くあります。まずは、肌にうるおいを与えてくれることです。オイルは保湿力が高いイメージがあるものの、ベタつきが気になるという人もいるでしょう。しかし、肌なじみの良い美容オイルを選び適量を付けることで、ベタつくことなく肌を十分に保湿できます。また、美容オイルはフェイスケアだけでなく、ボディや髪といった全身のケアに使えるのも魅力です。


さらに、美容オイルは普段のお手入れからスペシャルケアまでさまざまなシーンで活用できます。使用するシーンやケアのやり方に合わせてケアアイテムを変える、新たに揃える必要がありません。美容オイルは、普段のスキンケアだけでなくオイルパックなど、肌が疲れたときのスペシャルケアにも使えます。ほかにも、入浴中のフェイスパックやヘアパック、入浴後のボディケアといったようにさまざまなケアにも活用できるのです。美容オイルクリームや乳液と比べて、配合成分がシンプルなものが多いのです。肌に負担となる成分が少ないため、過敏に傾いた肌でも使いやすいでしょう。


スキンオイルの使い方1:ブースターとして

美容オイルを、ブースターオイルとして使用することもできます。ブースターとは「後押しする」という意味を持ち、ブースターオイルはスキンケアを底上げする働きがあるといわれています。洗顔後すぐの肌には、化粧水を付けるのが一般的ですが、化粧水よりも先にブースターオイルをなじませます。これは、スキンケアアイテムの浸透を助けるためです。肌が乾燥していると角質が硬くなってしまい、化粧水やほかのスキンケアアイテムの肌なじみが悪くなってしまいます。そのため、良質のスキンケアアイテムを使っても、期待するほどの働きを得られなくなるおそれがあります。最初にブースターオイルをなじませることで、肌がうるおって柔らかくなります。そのあとに使用する化粧水や美容液などを、浸透しやすい状態に整えてくれます。


美容オイルをブースターとして使用するときは、適したオイルの種類を選ぶことが大切になります。オイルの種類によって肌へのなじみやすさや親水性が変わってくるからです。ブースターオイルとして適しているといわれているのは、肌への浸透力と保湿力に優れたアルガンオイルです。肌を十分うるおすためにも、ブースターオイルの使い方について理解しておきましょう。洗顔後、適量のオイルを手に取って軽く温めてから、ハンドプレスでやさしく肌になじませていくのがコツです。


スキンオイルの使い方2:最後のフタとして

化粧水美容液クリームと、油分の配合量が少ないアイテムから順番に肌になじませていくのが、一般的なスキンケアのステップです。化粧水美容液で水分や美容成分を肌に浸透させますが、水溶性の成分は時間の経過とともに蒸発していきます。しかも、水分が蒸発するときに肌のうるおいまで一緒に奪ってしまうのです。そこで、スキンケアの仕上げに、乳液やクリームで油分の膜を作り水分の蒸発を防ぎます。美容オイルは洗顔後のブースターオイルとしてだけでなく、クリーム後に最後の仕上げとして使うやり方もあります。


スキンケアの仕上げに使用するときは、ホホバオイルがおすすめです。ホホバオイルは人間の肌になじみやすいワックスエステルが含まれており、高い保湿力が期待できるからです。また、肌にやさしく皮脂バランスを整える働きも持ち合わせているため、使う人の肌質を選びません。肌の乾燥が気になる人は、クリームのあとに使うことでうるおいの持続性を期待できるでしょう。適量を手のひらに取って温めてから、ハンドプレスでやさしくなじませるのがコツです。


スキンオイルの使い方3:マッサージオイルとして

美肌作りやむくみ、コリ対策にフェイスやボディマッサージを取り入れている人も多いでしょう。スキンオイルは、マッサージオイルとしても活用できます。顔のマッサージをすることで、くすみやむくみが緩和されて小顔や美肌に近づけるようになります。手の甲や腕は乾燥しやすく、保湿のときにマッサージをプラスすることで保湿成分の浸透力をアップできます。また、足のマッサージはむくみや疲れ対策に働いてくれます。


マッサージをするときは、肌に摩擦がかかり肌を傷めるおそれがあるため、オイルが欠かせません。オイルを使うと肌のすべりがよくなり、肌へのダメージを防げます。さらには、マッサージも行いやすくなるのです。美容オイルには使用するパーツを特定した商品もありますが、顔と体の両方に使えるタイプもあります。マッサージオイルとして使用するなら、アーモンドオイルが適しています。アーモンドオイルはエステサロンなどでもよく用いられており、肌なじみがよくベタつきにくいのが一般的であるため、オイルが苦手な人も使いやすいでしょう。


スキンオイルの使い方4:ヘアケア用として

スキンオイルは、ヘアケアにも活躍してくれます。ヘアケアに活用するときは、目的に合わせてオイルの種類を使い分けるとより効果を期待できます。たとえば、髪の保湿対策に使うときは、ホホバオイルが適しています。ホホバオイルは乾燥して傷んだ髪の毛に浸透してダメージ補修に働き、適度なまとまりとツヤを与えてくれる効果を期待できます。ほかにも、お風呂でインバストリートメントとして、洗い流さないトリートメント代わりにも使えるのが特徴です。ドライヤーの前に髪に付けるとドライヤーの熱から髪を守り、お出かけ前に使うと紫外線によるダメージを受けにくくなります。

美容オイルは、頭皮の地肌マッサージにも使えます。頭皮の毛穴に詰まった皮脂や汚れは、頭皮や髪のトラブルの原因になります。そこで、シャンプー前にオイルで地肌マッサージをしてみましょう。オイルが皮脂汚れを浮き上がらせて、シャンプーの汚れ落ちが良くなるのです。スカルプケアのマッサージを行うときは、アルガンオイルインディゴのオイル等がおすすめです。


スキンオイル1本で使い方は多彩!

スキンオイルは、スキンケアに役立つだけでなくヘアケアやボディケアなど、全身のケアに使えます。スキンケア用にオイルを1本持っているだけで、多様な使い方ができるのが魅力です。スキンオイルは、保湿力の高さや豊富な栄養が特徴で、特に肌や髪の乾燥が気になる人に適したアイテムです。天然由来成分をメインで使用した美容オイルなら、自然素材の力で肌本来の美しさを目指せます。保湿ケアの底上げにスキンオイルを活用してみましょう。

関連製品

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
髪に、赤のオイル。インディゴオイルヘアケア

髪に、赤のオイル。インディゴオイルヘアケア

古くから民間療法にも使われてきた"インディゴ"。メルヴィータ独自のインディゴオイルで、クレンズ&チャージ!髪の質感を改善し透明感のあるツヤ髪へ!

詳しくはこちら

おすすめ記事

脂性肌は洗いすぎると悪化する!適切な洗顔で皮脂の過剰分泌を抑えよう

脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多く肌のベタつきやテカリが気になるでしょう。そこで、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、一日に何度も洗顔したりするなどして皮脂を抑えようとするのです。
ところが、皮脂を取りすぎるケアを続けてしまうと、逆に皮脂の過剰分泌を促してしまいます。適切な洗顔を学ぶことが、脂性肌を改善する第一歩です。
ここでは、脂性肌向けの適切な洗顔方法について詳しく解説していきます。

続きを見る

オイリー肌向けのスキンケアとは?保湿ケアで皮脂のバランスを整えよう

人によって肌質はさまざまです。特に、オイリー肌(脂性肌)に悩まされている人は皮脂が通常よりも多く分泌されるため、ニキビや毛穴の黒ずみ、テカリやいちご鼻などの悩みが尽きません。そんなオイリー肌のスキンケアには、コツが必要です。この記事では、オイリー肌の適切なスキンケアのポイントと、皮脂の過剰分泌を抑える方法を紹介します。

続きを見る

脂性肌のべたつきをおさえる化粧水の使い方とスキンケアの3つの注意点!

日中おでこのテカリやべたつきが気になる人は脂性肌の可能性があります。化粧崩れが起きやすく、ニキビなどの肌トラブルが起きやすい脂性肌の人は、肌質にあった適切なスキンケアを行うことが肌トラブルを防ぐ大きなポイントとなります。
間違ったスキンケアを行うことで、肌トラブルが悪化したり、脂性肌の症状がひどくなったりすることがあるからです。そこで、脂性肌に適したスキンケア方法や化粧水の選び方について紹介します。

続きを見る