ホホバオイルをもっと効果的に!肌の乾燥を防ぐタイミングとは?

美容オイルのなかでも、ホホバオイルは年齢層や肌質に関係なく、幅広い層が利用しやすいオイルです。用途の面でもホホバは顔、ボディ、ヘアケアなどさまざまなところに使えるので人気があります。
特にオイルは肌の乾燥が気になる人におすすめのアイテムですが、どのタイミングで使うのが効果的なのでしょうか。ホホバオイルを使うよいタイミングについてみていきます。

肌質を選ばず使える!ホホバオイルの特徴とメリット

ホホバオイルは乾燥地帯で育つホホバの種から採ることのできるオイルです。粘度が低くさらっとしたつけ心地で、とても伸びがよいので少しの量で広い範囲に使えます。ホホバオイルは人間の皮脂にも含まれているワックスエステルを多く含み、肌なじみがよいのが特徴です。

また、もともと乾燥地帯に生えているホホバには高い水分保持能力があります。オイルになってもこの特徴は備わっていて肌を乾燥から守り、乾燥が原因のシワ、シミ、肌荒れなどのさまざまなトラブルを防ぐのに役立ちます。さらに、酸化しにくいオイルであること、肌質を選ばないことからスキンケアだけでなく傷ややけどの治療など、幅広い分野で利用されているオイルです。

ホホバオイルを使うタイミング1:メイク落としのとき

ホホバオイルを使うタイミングとして最初に紹介するのはメイク落としです。油性の汚れであるメイクは、オイルとの相性がよく汚れをしっかりと落とすことができるうえに、肌を乾燥させる心配がありません。ホホバオイルには汚れを落とす働きだけでなく、殺菌や抗菌の作用もあるといわれています。メイク落としにホホバオイルを使うと吹き出物などで荒れた肌の状態を整えてくれます。不要な角質も落としてくれるので、ターンオーバーが促進され透明感のあるやわらかな肌に近づけるでしょう。


使い方はとても簡単です。メイクを落とすときに、ホホバオイルを適量手に取って、アイメイクやリップなどのポイントメイクになじませます。ウォータープルーフのメイクを使っているとゴシゴシとこすってしまいがちなので、顔全体のメイクを落とす前にオイルを綿棒に含ませてポイントメイクだけをやさしく落としておくとよいでしょう。オイルをなじませるときは、力を入れないように意識してみてください。薬指を使うと力が入りにくいのでよいといわれています。落ちにくいメイクのときは、ホホバオイルのあとに少量のクレンジングオイルをなじませてからぬるま湯で洗い流すのがおすすめです。


ホホバオイルを使うタイミング2:スキンケアの最後

2つ目のタイミングは、スキンケアの最後です。乾燥がひどいときには、ブースターオイル化粧水美容液クリームのあとにホホバオイルで蓋をすると保湿力が高まります。季節の変わり目など肌が不安定で荒れやすいときには、ブースターオイル化粧水のあとにホホバオイルを使うとよいでしょう。肌が敏感な状態になっているときはシンプルなケアで保湿を重視するのがポイントです。

ホホバオイルを使うタイミング3:入浴中

3つ目のタイミングは入浴中です。入浴中はお風呂の蒸気で肌がうるおい、柔らかくなっているためスキンケアをするにはベストなタイミングです。お風呂に入りながらホホバオイルで顔のマッサージをすると、ぷるぷるの肌が手に入ります。顔のマッサージが終わったら、そのまま体のマッサージをしてみましょう。全身のマッサージが億劫な人は、かかとやひざ、ひじなどの角質が固くなっているところをなでてみてください。温まりながらオイルでマッサージすると、普段のお風呂上がりよりも血行がよくなり肌が柔らかくなっているのを感じられます。


オイルのべたつきが気になる人でも、入浴中なら頭皮ケアにも気軽に挑戦できるのではないでしょうか。シャンプーの前にホホバオイルを手に取り、頭皮に揉み込んでいきます。爪を立てずに指の腹を使って、頭皮をほぐすようにマッサージしてみましょう。頭皮は顔の皮膚とつながっています。30代になってから、以前と比べて顔のハリがなくなった気がする人は、オイルでの頭皮マッサージをセルフケアに取り入れるのをおすすめします。年齢とともに疲れが顔に出やすくなった自分を、頭皮マッサージでいたわってあげましょう。できれば、そのままタオルで頭を巻いてしばらく置いてからシャンプーするのがおすすめです。オイルのべたつきが気になる場合は二度洗いをしても問題ありません。ホホバオイルで頭皮マッサージすることにより、頭皮の汚れをすっきり落とるだけでなく、髪にもつやを与えてくれます。

ホホバオイルを使うタイミング4:入浴後

ホホバオイルでのケアをおすすめする最後のタイミングは、お風呂上がりです。入浴後、スキンケアまでに時間が空いてしまうと、どんどん肌から水分が逃げていってしまいます。そのようなときにホホバオイルを使って簡単にケアをしておくと肌の乾燥を防ぐことができます。


使い方のコツは特にありません。水分を拭き取ったばかりの肌にホホバオイルをたっぷりとって、なじませていきます。リンパの流れを意識すると気になる部位のマッサージにもなりますので、オイルでのボディケアを習慣づけるとよいでしょう。ボディケアだけでなくタオルドライした髪の毛先に少量のホホバオイルを塗っておくと、そのあとに使うドライヤーの熱から守れるだけでなく、ツヤ出しにもなります。髪のダメージがひどい人は洗い流さないトリートメントとホホバオイルを混ぜて使うのもよいかもしれません。


ホホバオイルは普段使いもスペシャルケアもできるスグレモノ

ホホバオイルは普段のシンプルなスキンケアにもトラブルが気になったときのスペシャルなケアにも使える優れものです。オイルは全身に使えるので、多少出しすぎてしまったら別の部位の保湿に使えます。天然のオイルは少し高価に感じるかもしれませんが、全身に使えることを考えれば、高コスパなアイテムであると言えるでしょう。ぜひホホバオイルを上手に活用して、しっとりうるおいのある肌を手に入れてください。

おすすめコンテンツ

ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルとはどんなオイルなのか、ゴールデンホホバオイルとクリアホホバオイルの違い、アルガンオイルとホホバオイルの特長比較など、ホホバオイルの使い方などを紹介します。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る