乾燥肌におすすめなのは?ボディオイルを使うときのポイント

乾燥肌の悩みを軽減するためには、肌に水分を補い、水分を保つ保湿ケアがが大切です。そんな保湿ケアで活躍するアイテムが、ボディオイルです。
この記事では乾燥肌の悩みを改善するためのボディオイルの使い方について解説します。

ボディケアの前に乾燥肌を理解しよう

乾燥肌とは、肌に含まれる水分と皮脂の量が両方とも不足している状態をいいます。たとえば、肌がつっぱってしまったりカサカサしてしまったりするのは、肌が乾燥しているからです。肌は、十分な水分がないと健康な状態を維持することができません。また、肌の水分は皮脂によって蒸発しないように守られています。皮脂が少なくなってしまうと、水分が蒸発しやすくなり肌が乾燥してしまうのです。ドライスキンとも呼ばれる乾燥肌は、水分だけでなく油分が不足していることも原因であることを覚えておきましょう。


肌の外側に位置する角質層には、肌を保護するバリア機能が備わっています。このバリア機能によって、肌に蓄えられている水分が体外へ蒸発しないようになっているのです。しかし、角質層がなんらかのダメージを受けてバリア機能が低下してしまうと、肌は無防備な状態となり水分はどんどん蒸発してしまいます。角質層が受けるダメージの主な原因としては、ターンオーバーに乱れが挙��られます。ターンオーバーが乱れると、本来排出されるべき老廃物が肌に残ってしまい角質層本来の役割を阻害してしまうのです。


また、空気が乾燥しているケースでは、角質層の水分が外気によって奪われてしまいバリア機能が低下してしまいます。さらに、紫外線も肌に大きなダメージを与える要因のひとつです。こうしたダメージを受けた角質層はバリア機能が低下してしまい、肌の水分を十分に保持できなくなってしまいます。これによって、乾燥肌の症状がどんどん悪化してしまうことになるのです。

乾燥肌にボディオイルを使うときのポイント

乾燥状態を緩和してうるおいのある肌を維持していくための保湿ケアには、水分を与えて油分で閉じ込める必要があることを覚えておきましょう。また、保湿ケアと同時にターンオーバーを正常にすることも欠かせません。ターンオーバーが乱れていては、どんなに保湿ケアをしても効果が持続しにくくなってしまうのです。これでは、いくらこまめにケアをしたとしても肌質そのものの改善を目指すことは難しいでしょう。そこで、ターンオーバーが正常な健康な肌状態を維持していくことを心がける必要があります。


ボディオイルは、保湿ケアにとても有効なアイテムです。しかし、乾燥肌にいきなりボディオイルを使っても十分な保湿ケアはできません。たとえば、最初にローションを塗ってからボディオイルを使うなどすると効果的です。ローションで水分を補給し、これを肌に閉じ込めるためにオイルを塗るという流れになるからです。

また、ローションだけでなくクリームなどの別のアイテムと組み合わせて使うこともおすすめとなります。ボディオイルにはさまざまな使い方がありますが、保湿ケアに特化していうのならば、単体よりも別のアイテムと組み合わせて使うことがポイントなのです。

乾燥肌におすすめのボディオイルの使い方

ボディオイルを使うタイミングで最適なのが入浴後です。肌の表面の水滴を拭き取ったのち、まだ水分が残っている状態でオイルで保湿しましょう。お風呂あがりは水分が蒸発しようとして、肌の乾燥が極度にすすむタイミングです。その前に、オイルで水分の蒸発に蓋をしましょう。また、温まった肌でオイルも伸びやすいので、ボディケアをするのに最適なタイミングです。


また、ボディクリームなどにオイルを少量まぜて使う方法もおすすめです。テクスチャが固めのボディクリームを使っている場合には、ボディオイルを混ぜて使うとクリームが柔らかくなります。クリームが柔らかくなると伸びがよくなり、肌に塗りやすくなります。さらに、肌なじみがよくなり保湿性が高まるというメリットもあるので、特に乾燥が気になるタイミングで実践してみると効果的です。

ボディオイルを使ったマッサージ

乾燥肌を根本から解決したいのならば、血流をよくして肌のターンオーバーを正常にする必要があります。血流が滞っている状態では、どんなに保湿ケアをしても繰り返し乾燥肌の症状が出てきてしまいます。そこで、ボディオイルを使って乾燥が気になる部分をマッサージすると効果的です。マッサージによって血流が促進されて、ターンオーバーが整いやすくなり、さらに保湿効果も期待できるのです。マッサージをする際は、肌に刺激とならないようにやさしい力加減で行うことがポイントです。また、マッサージの前にローションで肌に水分を補給しておくと有効です。これによって、より効率的な保湿ケアが可能となるのです。

ボディオイルを使って乾燥肌を撃退しよう

ボディオイルの使うタイミングや、別の保湿アイテムと合わせて使う方法も紹介してきました。オイルにも種類がたくさんあるので、ご自身にあったオイルを見つけることも重要なポイントです。保湿効果が高く、乾燥肌対策に活躍するボディオイルをぜひ活用してみてください。

おすすめコンテンツ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら

おすすめ記事

脂性肌は洗いすぎると悪化する!適切な洗顔で皮脂の過剰分泌を抑えよう

脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多く肌のベタつきやテカリが気になるでしょう。そこで、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、一日に何度も洗顔したりするなどして皮脂を抑えようとするのです。
ところが、皮脂を取りすぎるケアを続けてしまうと、逆に皮脂の過剰分泌を促してしまいます。適切な洗顔を学ぶことが、脂性肌を改善する第一歩です。
ここでは、脂性肌向けの適切な洗顔方法について詳しく解説していきます。

続きを見る

顔のかさつきが気になる!乾燥肌の適切な対策を知っておこう

乾燥肌は深刻な肌トラブルのサインです。乾燥の気になる季節に、化粧のノリが悪くなったりハリがなくなったりと、肌の調子に不安を感じている人は多いのではないでしょうか。若いころは季節ごとの肌の悩みとして片づけられがちですが、乾燥肌を放っておくと慢性化してしまいます。手遅れになる前に早めの対処をしておきましょう。
そこで今回は、乾燥肌になってしまう原因や適切なケア方法のポイントについて紹介します。

続きを見る

粉吹き肌の原因や対策は?日ごろのケアでカサカサ防止!

肌は水分量が多ければ健康的に見えますが、水分量が減って乾燥すればするほど肌トラブルが起きやすくなってしまいます。特に肌の乾燥がひどくなると、粉吹き肌になってしまうことがあるのです。粉吹き肌は見栄えがよくなく、何かと悩みの種となるトラブルです。ここでは、そんな粉吹き肌の原因や対策について説明していきます。

続きを見る