オイルを使って美しい髪へ!ヘアケアオイルの使い方まとめ

髪の毛は、きちんと手入れをすれば健康な状態と保つことができます。美しい髪の毛は女性の魅力をよりアップさせる重要な要素となるため、毎日しっかりヘアケアを行うと効果的です。
ヘアケア用品にはさまざまなものがありますが、オイルを活用する方法もおすすめです。この記事では、健康的な髪の毛を目指したい女性のためにヘアケアオイルの使い方について紹介します。

良いことたくさん!ヘアケアにオイルを使うメリット

ヘアケアにオイルを使うことには、多くのメリットがあります。まずは、静電気の発生を予防できるという点が挙げられます。静電気が発生すると髪の毛が広がってしまい、まとまりがなくなってしまいます。そのうえ、静電気によって髪の毛が傷んでしまうことも少なくありません。冬は特に静電気が起こりやすいため、入念に予防する必要があります。オイルは、そんな静電気の発生を予防してくれるはたらきがあるのです。静電気は乾燥した環境で起こりやすいので、髪の毛をしっかり保湿してうるおいを閉じ込めておくことが大切です。


また、ヘアケアにオイルを使うと髪の毛に艶が出ることもメリットとなります。髪の毛に艶があるかどうかは、意外とパッと見ただけでわかってしまうものです。艶があれば女性らしく魅力たっぷりな髪の毛となりますが、艶がないとそれだけ魅力も少なく見えてしまいがちです。艶があるということは、髪の毛に水分がたっぷりと含まれていてうるおっているということになります。オイルは油性なので、髪の毛の水分が蒸発するのを防ぎしっかりと水分保持することができるのです。


保湿ケアができると、髪の毛のパサつきが減ることにもつながります。パサつきの原因は髪の毛の水分不足となるため、保湿ケアによってまとまりのある髪の毛を手に入れることができるのです。そして、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれるというメリットも挙げられます。ドライヤーはヘアケアに欠かせないアイテムですが、使い方によっては髪の毛に大きなダメージを与えてしまいます。髪の毛に過剰な熱が加わることで、髪の毛が傷んでしまうのです。オイルを使うと、髪の毛がオイルの油分で保護されてドライヤーの熱から守ってくれます。ヘアケアオイルは、髪の毛を健康な状態に保つためのさまざまな役割を担うことができる存在と言えるでしょう。


ヘアケアオイルの基本の使い方とは?

髪の毛に対するメリットが多いヘアケアオイルですが、ただやみくもに使えばいいというものではありません。基本的な使い方を知ることで、メリットを得ることができるのです。ヘアケアにオイルを使うのならば、まずは髪の毛をとかしておく必要があります。髪の毛がほつれたままの状態でオイルを使ってしまうと、切れ毛につながってしまうことがあるからです。そのため、まずはブラシで髪の毛をしっかりとかしてほつれがない状態にしておくことが大切です。


オイルを使う際は、適量を手のひらに取って両手を合わせた状態でオイルを温めることから始めましょう。オイルは油性であることから、冷えると硬くなり伸びが悪くなってしまいます。そこで、体温で温めて伸びをよくすることがポイントとなるのです。ここでは適量を使うことも大切な要素で、適量よりも少ないと十分な効果を得ることができなくなります。逆に、多すぎる量では髪の毛がベタベタしてしまうことになります。オイルそれぞれによって適量は違うので、製品それぞれの使用方法をよく読んでから使用しましょう。適度にオイルが温まったら、毛先からオイルを揉みこんでいきます。毛先は特に痛みやすい箇所として入念なケアが必要なので、先に揉みこんでおくといいのです。毛先にしっかりとオイルを揉みこんだら、髪の毛全体にオイルを馴染ませていきます。途中でオイルが足りなくなったら、また適量を手のひらで温めてから使います。全体にオイルが行き渡ったら、ヘアケアオイルでのお手入れは完了です。


地肌ケアへのオイルの使い方

健康的な髪の毛を目指すのならば、地肌のケアも忘れてはいけません。オイルでの地肌ケアには、毛穴詰まりが取れやすくなるというメリットがあります。毛穴が詰まってしまうと髪の毛が生えてきにくくなってしまうので、これはとてもありがたいメリットと言えるでしょう。さらに、皮脂汚れが浮きやすくなるためシャンプーによって汚れを落としやすくなることもメリットです。こうして地肌の汚れを落としやすくなることで、より健康的な髪の毛を育てられる環境が整うのです。


地肌ケアは、オイルを手に取ったらマッサージをしながら揉みこんでいきます。指の腹を使い、地肌をやさしく刺激しながらオイルを広げましょう。全体的にオイルを広げることができたら、そのまま30分程度放置しておきます。時間を置くことで、地肌の汚れを浮かしたり毛穴詰まりを取りやすくしたりというはたらきが期待できます。30分ほど経過したら、シャンプーをしてオイルも落としたらケアの完了です。


ドライヤーをかける前のオイルの使い方

ドライヤーをかける前にヘアケアオイルを使うのも、とてもおすすめの方法です。お風呂から上がってタオルドライをした髪の毛にオイルを付けることで、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれます。このとき、タオルドライ後の濡れている状態の髪の毛にオイルを付けることがポイントです。全体的にしっかりなじませれば、ドライヤーによるダメージを防ぎやすくなります。

ヘアケアオイルを使う上での注意点

オイルを髪の毛に使う場合には、オイルが地肌に付かないように注意しましょう。特に、スタイリング前の髪の毛にオイルを使う場合はより一層の注意が必要です。地肌にオイルが付いてしまうとべたついてしまい、スタイリングがうまくいかなくなることがあるからです。そのため、髪の毛だけに揉みこむことを意識して使いましょう。また、毛先にオイルを付ける際には表面だけでなく内側から揉みこむイメージで付けることもポイントです。毛先は傷みやすいので、入念にオイルを揉みこむようにしてケアしましょう。

使い方をマスターして美しい髪に

ヘアケアへのオイルの活用は、上手に使えば髪の毛に艶が出たりサラサラの髪の毛になったりとメリットが多くあります。しかし、間違った使い方をしてしまうと、髪の毛や地肌がべたついてしまうことにつながります。べたつきによってスタイリングがうまくいかないようでは、せっかくきれいな髪の毛になっても魅力的には見えにくいものです。使い方をマスターして定期的にケアをし、美髪を維持できるように意識していきましょう。

おすすめコンテンツ

髪に、赤のオイル。インディゴオイルヘアケア

髪に、赤のオイル。インディゴオイルヘアケア

古くから民間療法にも使われてきた"インディゴ"。メルヴィータ独自のインディゴオイルで、クレンズ&チャージ!髪の質感を改善し透明感のあるツヤ髪へ!

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら
ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルとはどんなオイルなのか、ゴールデンホホバオイルとクリアホホバオイルの違い、アルガンオイルとホホバオイルの特長比較など、ホホバオイルの使い方などを紹介します。

詳しくはこちら

おすすめ記事

角栓をクレンジングオイルで落とせる?ケアのポイントや除去方法は?

取り除いてもいつの間にか溜まっている角栓。やけになって角質ケアを繰り返していませんか。
過度の角質ケアや、クレンジングでごしごし何度も顔を洗うことは、角栓を取り除くどころか増やしてしまう原因となります。角栓に対する悩みを根本的に解決するためには、角栓に対する正しい知識を身につけるとともに、適切なケア方法を実践することが大切です。

続きを見る

脂性肌のべたつきをおさえる化粧水の使い方とスキンケアの3つの注意点!

日中おでこのテカリやべたつきが気になる人は脂性肌の可能性があります。化粧崩れが起きやすく、ニキビなどの肌トラブルが起きやすい脂性肌の人は、肌質にあった適切なスキンケアを行うことが肌トラブルを防ぐ大きなポイントとなります。
間違ったスキンケアを行うことで、肌トラブルが悪化したり、脂性肌の症状がひどくなったりすることがあるからです。そこで、脂性肌に適したスキンケア方法や化粧水の選び方について紹介します。

続きを見る

化粧水を使う適切なタイミングは?今さら聞けないスキンケアの基本

肌が乾燥すると、くすみや小じわ、シミなどさまざまな肌トラブルが目立ちやすくなります。みずみずしくすこやかな肌を保つためには、肌に適度なうるおいを与えることが大切です。毎日の保湿ケアに欠かせない化粧水ですが、効果を引き出すためにも適切な使い方をする必要があるでしょう。しかし、誤った使い方をしていると効果を実感しづらくなってしまいます。ここでは、化粧水を使う適切なタイミングや使い方について解説していきます。

続きを見る