油焼けが心配?朝のスキンケアでアルガンオイルを効果的に使う方法

美容アイテムとして注目されているアルガンオイルですが、オイル焼けが心配でなかなか手が出せないという女性も少なくありません。せっかく美容のために使っているアイテムでも、オイル焼けで肌にダメージを与えてしまっては元も子もないからです。
特に、朝のスキンケアにアルガンオイルを使うことを懸念する女性が多いものです。そこで、この記事ではアルガンオイルを効果的に使う方法について解説します。

アルガンオイルとは?基本情報から押さえよう

まずは、アルガンオイルがどういったものなのかを確認しておきましょう。アルガンオイルは、モロッコに生息するアルガンツリーから取れるオイルです。サハラ砂漠の北西部に位置するモロッコは、決して恵まれた環境というわけではありません。乾燥した環境が当たり前となる砂漠では、植物でも生息していくことは簡単ではないでしょう。そのようななかでも力強く生き抜いているのが、アルガンツリーなのです。

アルガンツリーには、数年間雨が降らない状況でも枯れないとされる驚異の貯水力があります。砂漠で生き抜くためには、生命維持に必要となる水分をいかに確保できるかが重要です。だからこそ、アルガンツリーは砂漠という過酷な環境でも生き抜ける術を身につけた植物なのです。このことから、現地の人はアルガンツリーを「神の恵みの木」と呼び親しんでいます。また、アルガンツリーは素晴らしい貯水力が備わっていると共に豊富な美容成分が詰まっているという特徴があります。これを活かして、現地の人はアルガンオイルを美容剤などとして使用してきました。しかし、アルガンツリーの実の種の核から採取できるアルガンオイルはとても少ないことも特徴です。約30kgもの果肉から採取できるのは、たった1Lのオイルなのです。そのため、アルガンオイルは貴重な存在として扱われているのです。


アルガンオイルに含まれる美容成分としては、リノール酸やオレイン酸が挙げられます。リノール酸やオレイン酸は、肌にハリを与えてくれる成分として知られています。さらに、肌を保護してくれるという働きもあるため肌本来の美しさを目指すにはおすすめのオイルといえるのです。また、アルガンオイルは肌なじみもよく、比較的さらっとした使い勝手であることもあり、美容アイテムとして人気となっています。


油焼けが心配?アルガンオイルは朝使っても平気?

油焼けとは、肌に塗ったオイルが紫外線の影響を受けて酸化してしまうことをいいます。酸化したオイルは肌に大きなダメージとなり、シミやくすみができる原因となってしまうことも少なくありません。アルガンオイルもオイルの1種となるため、紫外線による酸化が気になるところです。せっかく美容のために使っていても、油焼けをしてしまってはシミやくすみが増えてしまうだけです。シミやくすみは見た目年齢にも大きく影響してくるため、油焼けは多くの人が心配する肌トラブルと言えるでしょう。


アルガンオイルは、基本的に油焼けの心配のないオイルです。モロッコの人々は、アルガンオイルを日焼けによるダメージから肌を守るために使います。ただし、アルガンオイルは肌を守るためのものであり、日焼け止めの役割を果たすわけではありません。紫外線による肌への刺激を緩和することはできても、強い紫外線を浴びれば日焼けをしてしまう可能性は十分にあります。そこで、アルガンオイルを塗った場合でも日焼け止めも必ず塗るようにすると安心です。肌を保護し、さらに日焼け止めでなるべく日焼けしないで済む状況を作っておきましょう。

朝のスキンケアならブースターオイルとして使おう

朝のスキンケアでアルガンオイルを使うのならば、ブースターオイルとして使う方法がおすすめです。ブースターオイルとして取り入れると、その後に使う化粧水がより肌に浸透しやすくなるのです。日中は、仕事や家事、育児などで目まぐるしく時間が過ぎていくものです。そのようななかで、肌の水分はどんどんと蒸発してみるみるうちに乾燥してしまいます。日中は肌の乾燥対策をゆっくり行う時間もなかなか取れない人ほど、朝のお手入れで肌にたっぷりと水分補給をしておくと良いでしょう。長時間保湿ケアができなくても、肌が乾燥しすぎないように朝の入念な保湿ケアが大切と言えます。


ブースターオイルとして使う場合には、まず洗顔で皮脂汚れやホコリをしっかりと洗い流すことが大切です。汚れを十分に落としたら水分を拭き取り、アルガンオイルをなじませましょう。このとき、手のひらを使ってやさしくハンドプレスしていくと効果的です。オイルが肌になじんだら化粧水をたっぷり肌になじませ、あとは美容液クリームなどでケアをすれば日中も安心の保湿ケアが可能となります。

時間がないならアルガンオイル配合の美容液を!

アルガンオイルでのケアは、いつものスキンケアに1ステップ加えるだけと難しいものではありません。しかし、忙しい日々が続くとスキンケアの時間を十分に確保できないことも多いものです。少しでもスキンケアの時間を短縮して、アルガンオイルで肌を柔らかくしている時間さえも惜しいと考える人もいるかもしれません。こうした場合には、アルガンオイル配合の美容液を使って肌に栄養を与えておくと安心です。これならば、美容液をいつも通り使用するだけでアルガンオイルのメリットを得ることができます。角質層に栄養が届けば、肌もいい状態を保ちやすくなるのです。


アルガンオイル配合の美容液は、化粧水のあとに使用します。化粧水で肌を十分にうるおしたら、美容液を肌にやさしくハンドプレスしていきましょう。美容液が肌になじんだら、最後にクリームで肌にフタをします。たったこれだけのスキンケアでも、肌に十分な水分と栄養を与えることができるのです。


美しい肌で1日を過ごすためにアルガンオイルを取り入れて

過酷な環境に生息しているアルガンツリーから採取されるアルガンオイルは、保水力に優れたアイテムです。栄養も豊富に含んでいるので、1日をきれいな肌で過ごすための朝のケアにおすすめと言えます。ブースターオイルとして使うと効率的な保湿ケアが可能ですが、忙しい時期にはアルガンオイル配合の美容液を使ったケアも有効です。それぞれの生活スタイルに合った使い方をして、アルガンオイルをより有効に活用していきましょう。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

数十億個の美容成分を配合した『アルガンピュア コンセントレイト セラム』。スキンケアの最後に1滴。すーと肌に浸透し、驚くほどのハリ感をもたらす、オイル美容液です。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら

おすすめ記事

角栓をクレンジングオイルで落とせる?ケアのポイントや除去方法は?

取り除いてもいつの間にか溜まっている角栓。やけになって角質ケアを繰り返していませんか。
過度の角質ケアや、クレンジングでごしごし何度も顔を洗うことは、角栓を取り除くどころか増やしてしまう原因となります。角栓に対する悩みを根本的に解決するためには、角栓に対する正しい知識を身につけるとともに、適切なケア方法を実践することが大切です。

続きを見る

脂性肌のべたつきをおさえる化粧水の使い方とスキンケアの3つの注意点!

日中おでこのテカリやべたつきが気になる人は脂性肌の可能性があります。化粧崩れが起きやすく、ニキビなどの肌トラブルが起きやすい脂性肌の人は、肌質にあった適切なスキンケアを行うことが肌トラブルを防ぐ大きなポイントとなります。
間違ったスキンケアを行うことで、肌トラブルが悪化したり、脂性肌の症状がひどくなったりすることがあるからです。そこで、脂性肌に適したスキンケア方法や化粧水の選び方について紹介します。

続きを見る

化粧水を使う適切なタイミングは?今さら聞けないスキンケアの基本

肌が乾燥すると、くすみや小じわ、シミなどさまざまな肌トラブルが目立ちやすくなります。みずみずしくすこやかな肌を保つためには、肌に適度なうるおいを与えることが大切です。毎日の保湿ケアに欠かせない化粧水ですが、効果を引き出すためにも適切な使い方をする必要があるでしょう。しかし、誤った使い方をしていると効果を実感しづらくなってしまいます。ここでは、化粧水を使う適切なタイミングや使い方について解説していきます。

続きを見る