カサカサ肌に大人女子なら一度は悩む?顔の乾燥を防ぐ5つの方法

どんなに入念なスキンケアをしても、顔の乾燥に悩まされているという人は少なくありません。顔が乾燥していると、化粧が乗りにくかったり崩れやすかったりとさまざまなトラブルが出てきます。
この記事では、そんなカサカサの乾燥肌に悩む女性のために顔の乾燥を防ぐ方法を5つ紹介します。できることから対策を始めて、乾燥とは無縁の肌を目指しましょう。

顔の乾燥を防ぐ方法1:ぬるま湯で洗顔する

顔の乾燥を防ぐのならば、洗顔時にぬるま湯を使うことがポイントです。肌を温めると毛穴が開きやすくなり、汚れをしっかり落とせるといわれていることもありますが、重要なのはお湯の温度です。冷たい水では、毛穴が閉まってしまい汚れを落としにくくなってしまいます。しかし、逆に熱すぎるお湯も肌には刺激となり、肌に必要なうるおいまで除去してしまうのです。特に、皮脂の分泌が多い人は肌がべたつきやすいため、熱いお湯で皮脂をしっかり取りたいと考えがちです。ですが、熱いお湯を使った洗顔は肌の水分を奪ってしまうため、より皮脂の分泌を多くしてしまう可能性もあります。そこで、ぬるま湯を使うことが大切なのです。


人肌より少し冷たい程度が、一般的なぬるま湯です。夏には冷水、冬には熱いお湯を使いたくなるものですが、洗顔時は年間を通してぬるま湯を使うように心がけましょう。ぬるま湯ならば肌に刺激を与えにくいため、効率的に汚れを落とすことも可能です。また、入浴時に洗顔をする場合には熱めのシャワーを使用することも多いかもしれません。しかし、熱めのシャワーを顔に使ってしまうと肌には大きな負担をかけてしまうので、シャワーは直接顔に当てずにぬるま湯を手に取って洗顔しましょう。

顔の乾燥を防ぐ方法2:化粧水をたっぷり使う

顔の乾燥を防ぐためには、肌にしっかりと水分を補給しなければなりません。そのためには、化粧水をたっぷり使って保湿ケアをすることが大切です。スキンケアアイテムにはそれぞれに役割がありますが、化粧水は肌に水分を与えることが役割となります。しかし、適量に満たない少量を肌に塗ったところで、十分な水分補給はできません。乾燥を防ぐのならば、たっぷりの量を使う必要があるのです。


顔が乾燥しているということは、肌の水分量と油分量の両方が不足している状態です。乾燥を解消するためには、水分量も油分量も補給して肌本来のバランスを取り戻す必要があります。そこで、まずは化粧水をたっぷりと使って角質層に十分な水分を届けます。そのうえで、クリームオイルを使って油分を補うのです。クリームやオイルの油分は肌に蓋をする役割もあるため、補給した水分を閉じ込めてくれます。つまり、顔の乾燥を防ぐためにはたっぷりの化粧水と、クリームオイルでのスキンケアが欠かせないのです。


顔の乾燥を防ぐ方法3:パックをする

顔の乾燥対策としてはパックが有効です。パックをすると、集中的にしっかりと保湿ケアをすることができるのです。定期的にパックをして顔の乾燥を悪化させないようにしましょう。おすすめは、化粧水パックとオイルパックの2種類です。肌の乾燥は水分量と油分量の不足によって起こるため、その両方を補うことが大切なのです。


化粧水パックの場合は、洗顔後にまずブースターオイルを顔全体になじませます。ブースターオイルをなじませておくことで、肌が柔らかくなり水分を補給しやすくなるのです。オイルがなじんだら、コットンに化粧水をたっぷり染みこませたコットンパックを行います。これによって、肌はしっかりと水分を補給することができます。オイルパックの場合は、洗顔後にフェイスオイルをたっぷり顔になじませておきましょう。その後、蒸しタオルを顔全体に当てて数分間放置します。蒸しタオルによって肌はオイル成分を吸収しやすくなり、油分もしっかり補給できるようになるのです。この2種類のパックを定期的に行うことで、顔は乾燥しにくくなります。

 

顔の乾燥を防ぐ方法4:マッサージをする

ターンオーバーが乱れてしまうことも、顔が乾燥してしまう原因のひとつです。ターンオーバーを整えるために血行不良を改善すると顔の乾燥を防ぐことにつながります。血行不良が起こると、肌まで栄養が行き渡らなくなりターンオーバーが乱れてしまうのです。血流をよくするためには、マッサージが効果的です。顔のマッサージをすることで、血流を改善してターンオーバーが整いやすい状況を作りましょう。


顔をマッサージする際は、必ずたっぷりのフェイスオイルを使用します。オイルを使わずにマッサージしてしまうと、肌に大きな負担となってしまうためよくありません。肌に負担をかけないためにも、たっぷりのフェイスオイルで滑りをよくした上でやさしくマッサージすることがポイントなのです。手のひらや指の腹を使い、肌を下から上に持ち上げるように意識してマッサージをすると効果的です。強い力を加えず、やさしくなでるイメージで行いましょう。


顔の乾燥を防ぐ方法5:こまめに保湿する

乾燥を防ぐためには、こまめな保湿ケアも大切です。朝晩のスキンケアはもちろん、日中でも肌が乾燥する前に保湿ケアを行いましょう。日中の保湿ケアには、メイクの上から保湿できるミスト化粧水やオイルがおすすめです。乾燥が気になってきたらミスト化粧水オイルを使い、外出先でもこまめに保湿を行います。可能ならば、乾燥が気になる前に保湿ケアをしていけると効果的です。たとえば、休憩時間やトイレに行くタイミングに合わせて保湿ケアを行う習慣をつけておくのもいいでしょう。こうしたこまめな保湿ケアが、顔の乾燥を防ぐカギとなるのです。


ミスト化粧水を使う場合には、まずティッシュを使って余分な皮脂を取っておきます。そのうえで、ミスト化粧水を顔全体にスプレーしてやさしくハンドプレスしてなじませます。乳液やオイルなどがあれば、ミスト化粧水のあとに顔全体になじませておくとり効果的です。そして、肌がカサカサしている場合にはオイルを塗って保湿ケアをしましょう。乾燥の度合いによって使い分けると、より効率的な保湿ケアが可能です。


おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
深く、うるおいの活力。ローズの化粧水

深く、うるおいの活力。ローズの化粧水

独自設計『ローズ・アクティベート・システム』を採用し、うるおいはもちろん、ハリや肌の引き締めまで、美容液級の手応えを叶えます。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら

おすすめ記事

脂性肌は洗いすぎると悪化する!適切な洗顔で皮脂の過剰分泌を抑えよう

脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多く肌のベタつきやテカリが気になるでしょう。そこで、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、一日に何度も洗顔したりするなどして皮脂を抑えようとするのです。
ところが、皮脂を取りすぎるケアを続けてしまうと、逆に皮脂の過剰分泌を促してしまいます。適切な洗顔を学ぶことが、脂性肌を改善する第一歩です。
ここでは、脂性肌向けの適切な洗顔方法について詳しく解説していきます。

続きを見る

顔のかさつきが気になる!乾燥肌の適切な対策を知っておこう

乾燥肌は深刻な肌トラブルのサインです。乾燥の気になる季節に、化粧のノリが悪くなったりハリがなくなったりと、肌の調子に不安を感じている人は多いのではないでしょうか。若いころは季節ごとの肌の悩みとして片づけられがちですが、乾燥肌を放っておくと慢性化してしまいます。手遅れになる前に早めの対処をしておきましょう。
そこで今回は、乾燥肌になってしまう原因や適切なケア方法のポイントについて紹介します。

続きを見る

粉吹き肌の原因や対策は?日ごろのケアでカサカサ防止!

肌は水分量が多ければ健康的に見えますが、水分量が減って乾燥すればするほど肌トラブルが起きやすくなってしまいます。特に肌の乾燥がひどくなると、粉吹き肌になってしまうことがあるのです。粉吹き肌は見栄えがよくなく、何かと悩みの種となるトラブルです。ここでは、そんな粉吹き肌の原因や対策について説明していきます。

続きを見る