肌が乾燥するとシワができるのはなぜ?自分でできる対策とは?

肌が乾燥しやすくなりシワが気になり出すのは、特に30代前後の女性に多いとされています。加齢と共に肌の状態は変化しますが、大きく変化を感じやすいのが肌の曲がり角とされる30代前後なのです。
この記事では、肌の乾燥によりシワができてしまう原因と対策について解説します。できる対策から始めて、シワの改善を目指しましょう。

シワ対策は肌の構造を理解するところから

シワ対策をするのならば、まず肌の構造についての知識を深めておきましょう。皮膚は、上から順に表皮層、真皮層、皮下組織に分けることができます。表皮層が肌表面に位置する層となり、このなかでも1番上になるのが角質層です。角質層には、肌を保護するバリア機能と肌の水分を保持する保湿機能が備わっています。肌の表面で外気に直接触れる角質層だからこそ、健康な肌を維持するための大切な役割を担っているのです。


乾燥肌になると、角質層の保湿機能が弱まってしまうことがわかっています。保湿機能が低下することで肌の水分は蒸発しやすくなり、水分不足となってしまうのです。水分不足になると、肌表面のハリが失われて縮んでしまいます。すると、縮んだ部分が小ジワやちりめんジワとなってしまうのです。一般的な化粧品は角質層まで浸透するものが多いので、小ジワやちりめんジワは普段のスキンケアでの対策が可能です。しっかりとした保湿ケアにより肌のキメを整えてハリを与え、肌表面の縮みを少なくしていきましょう。


保湿ケアをせずに乾燥肌をそのまま放置していると、乾燥はさらに悪化してしまうので注意が必要です。乾燥が悪化すると、小ジワは表皮の下に位置する真皮層にまで届くことがあります。真皮層は肌の奥となるため、ここまで深く刻まれてしまった小ジワはなかなか自分での対処が難しくなってしまうのです。小ジワを見つけたら、できるだけ早めの対策をしていくことが重要です。角質層だけのごく軽い小ジワの状態のときに対策をすれば、改善できる可能性は高いと言えます。


肌の乾燥によるシワ対策1:日焼けをしない

肌の乾燥によるシワ対策として挙げられるのが日焼け対策です。紫外線は、肌に強いダメージを与えてしまいます。肌を乾燥させることはもちろん、真皮にもダメージを与えてシミやたるみの原因となってしまうこともあるのです。さまざまなダメージを受けた肌は、水分を保持する力がさらに弱まってしまいます。すると、乾燥が進んでシワができやすい肌環境となってしまうのです。


これを防ぐためには、紫外線対策が欠かせません。日焼け止めを塗ったり帽子や日傘を使ったりなどの対策をして、なるべく紫外線から肌を守るように心がけましょう。特に、外出する際は必ず日焼け止めを塗るのを習慣にしたいもの。紫外線は、1年を通して降り注いでいます。夏はもちろん、冬でも紫外線によって肌はダメージを受けているのです。季節や天候に関係なく「外出する際は日焼け止めを塗る」ことを意識すると良いでしょう。


肌の乾燥によるシワ対策2:保湿を徹底する

肌に含まれる水分が少なくなることで、肌の乾燥は始まります。そして、肌が乾燥することでシワができやすくなるという流れがあります。つまり、肌に十分な保湿ケアをしていれば、肌の乾燥を防ぎやすいと言えるのです。そのため、保湿を徹底することもシワ対策として効果的と言えます。毎日のスキンケアで肌への水分補給と保湿を徹底すれば、シワもできにくくなるのです。


保湿を徹底するためには、保湿に特化したスキンケアアイテムを使うことが大切です。同時に、保湿しやすい肌環境を整えておくとより効率的な保湿ケアができます。たとえば、ブースターオイルを使うと肌が柔らかくなり化粧水が浸透しやすくなります。洗顔後すぐに使うブースターオイルによって、そのあとに使用するスキンケアアイテムの成分が肌に浸透しやすくなり保湿効果が高まるのです。肌が硬い状態では、どんなに保湿ケアを徹底しても高い効果を望むことはできません。そこで、まずは保湿しやすいように肌を柔らかくすることも大切なのです。また、乾燥が特にひどいときには、コットンを化粧水で濡らしてパックをするのも効果的です。その日の乾燥具合によって、保湿ケアの内容を変えていくこともおすすめです。


肌の乾燥によるシワ対策3:こまめに水分を摂る

肌の乾燥を防ぐためには、肌表面からの保湿ケアに加えて体内の水分量を増やすことも大切です。肌が乾燥しているときは、体内の水分が不足している可能性が高いからです。そこで、こまめに水分補給をして体が乾かないように心がけていきましょう。喉が渇いたと感じたタイミングでは、すでに体内は乾燥している状態です。乾燥した状態が続けば、肌が乾燥してしまうのも無理はありません。水分補給は、喉が渇いたタイミングではなくこまめに少しずつ行っていくと効果的です。


水分補給といっても、水分ならばなんでもいいというわけではありません。カフェインが入っているコーヒーやお茶などの飲み物には利尿作用があり、逆に体内の水分量を減らすことにつながります。つまり、カフェイン入りのドリンクは水分補給にはならないと言えるのです。また、アルコールは体内で分解しなければならない成分です。分解には体内の大量の水を必要とするため、アルコール摂取も体内を乾燥させてしまう原因となります。そのため、お酒を飲む際はアルコールと同量の水を飲むように心がけておくと安心です。


肌の乾燥によるシワ対策4:乾燥肌に良い栄養を摂る

肌の乾燥によるシワ対策としては、乾燥肌に良いとされる栄養素を積極的に摂ることもおすすめです。たとえば、肌の弾力を保つはたらきのあるコラーゲンは乾燥肌対策としてぜひ取り入れたい栄養素です。手羽先やフカヒレに多く含まれるので、意識して食事に取り入れていきましょう。また、ビタミンCも多く摂りたい栄養素のひとつです。ビタミンCは、紫外線によってできた活性酸素から肌を守る働きがあります。アセロラやレモン、ブロッコリーなどさまざまな食材に含まれるので、毎日意識して摂取しましょう。


そして、肌の必須成分となるのがセラミドです。セラミドは加齢とともに減少してしまう成分となるため、毎日積極的に摂取しましょう。こんにゃくや大豆、ヨーグルトなどに多く含まれるので、さまざまなレシピのアレンジを楽しみながら取り入れるのがおすすめです。


シワ対策の基本は乾燥から肌を守ること

肌のシワは、肌が乾燥するのを予防することである程度防ぐことが可能です。肌の乾燥を放っておくと、さらにシワが悪化してしまうことにつながります。だからこそ、日頃からしっかりと乾燥対策をしておくと安心なのです。大切なのは、水分補給、保湿、そして紫外線対策です。3つの対策を毎日実践して、弾力のある肌を維持していきましょう。

おすすめコンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

数十億個の美容成分を配合した『アルガンピュア コンセントレイト セラム』。スキンケアの最後に1滴。すーと肌に浸透し、驚くほどのハリ感をもたらす、オイル美容液です。

詳しくはこちら
深く、うるおいの活力。ローズの化粧水

深く、うるおいの活力。ローズの化粧水

独自設計『ローズ・アクティベート・システム』を採用し、うるおいはもちろん、ハリや肌の引き締めまで、美容液級の手応えを叶えます。

詳しくはこちら

おすすめ記事

ボディクリームを身体に使うメリットは?適切な塗り方についても解説

湿度が低くなってくる時期は、顔だけでなく身体のほかの部位も乾燥しやすくなります。身体の乾燥が進むとかゆみや炎症、黒ずみといった肌のトラブルも出てくるようになるため、乾燥対策として身体の保湿ケアを行っている人も多いでしょう。保湿ケアのアイテムにもいろいろな種類がありますが、そのひとつであるボディクリームは、全身だけでなく肘やかかとといった乾燥しやすい部位の保湿にも使える便利なアイテムです。ここでは、ボディクリームを使用するメリットと適切な使い方について解説していきます。

続きを見る

フェイスオイルの使い方!使う順序や注意点をチェックしよう

フェイスオイルにはさまざまな製品があり、いざ使ってみたいと思っても選び方に困ってしまいがちです。また、どうやってスキンケアに組み込めば良いのかについても悩むものです。
この記事では、フェイスオイルを選ぶためのポイントと使い方を紹介します。フェイスオイルについての知識を深めて、自分に合った使い方をしていきましょう。

続きを見る

アルガンオイルは全身に使える万能オイル!気になる使い方は?

数ある美容オイルの中でも希少性が高く、高い美容効果を持つといわれているのがアルガンオイルです。美容オイルを使うのなら、やはり効果が期待できるものを選びたいですよね。アルガンオイルにはそんな効果を期待できるだけの特徴があります。ここでは、そのアルガンオイルについての使い方や期待できる効果について解説していきます。

続きを見る